日本経済新聞で紹介されました。

日本経済新聞(2004年10月18日、25日、11月1日)の「時間術」で紹介されました。

2004年10月18日(月)朝刊 「時間術」(上)

-資金の裏付けで配分に知恵-

四月から“パートタイマー”になりました。東海大学医学部は非常勤になり、東大先端科学技術研究センターも客員教授です。昨年七月に就いた日本学術会議会長が本業となりますが、これも任期があり、パーマネントの職業とは言えません。

思えば随分細切れの人生を歩んできました。医学者として日本と米国で研究・診療をしてきましたが、米国では帰国の時期を失し、はっと気がつくと十四年が過ぎていました。 米国では時間配分でハードな経験をしました。大学では研究・教育・診療の各面で責任をもちますが、どこに多くの時間を割くかは重要な問題でした。

というのも教育には十分な報酬がでますが、研究にはそれほど配慮してくれません。重点の置き方によっては、資金の手当てや、給料の大半を自分でまかなう必要があるからです。どう配分するか-別の意味で“時間との闘い”でした。

2004年10月25日(月)朝刊 「時間術」(中)

-学者も積極的な行動求められる-

「学者さんはいいですね。じっくり考える時間がたっぷりあって」と言われます。
「自分たちはこんなに忙しいのに」との思いも込められているのでしょう。

ちょっと待ってほしいというのが、正直な気持ちです。私自身、以前にも増して忙しくなっています。公職にあるせいか、優先しなければならない飛び込みの仕事が増え、スケジュール調整に四苦八苦しています。必要な時間をどうねん出するかが重要な仕事になっています。

学者が忙しくなったのには理由があります。これまでの日本は政・産・官のトライアングルが社会を動かしてきました。学者の存在はこれらの外にあるとの考えが主流でした。

これからは違います。何事にも透明性、自律性、そして社会の要請にこたえる時代では、そのためのデータや知恵が必要で、それらの情報を提供できる学者、専門家の重みが増します。学者は文字通り社会の一員になり、積極的に行動し、提言することが求められるのです。

その意味でも、私たちは“のんびり”していられませんし、忙しくなるのはよいことだと思っています。でも、忙しいだけではだめ。思案の時間も必要なのです。

2004年11月1日(月)朝刊 「時間術」(下)

-電子メール、即断の習慣を評価-

私は夜中に仕事をすることが多いのです。昼間は外向きの仕事にあて、物を書いたり、じっくり考えたりといったことは夜にします。電子メールを送ったり、返事を書いたりするのも夜中です。

電子メールは時と所をかまわず届くので迷惑だという人もいますが、世界中との“つながり”のスピードが速いといった点で評価します。

返事を出すとき、どんな内容にするかなどの判断を即座にしなければなりません。後回しにするとメール画面の上か下にいってしまい、忘れがちです。返信も含めて人任せではなく、自分でしなければならないことも電子メールがもたらした生活の変化です。

時間をもっと有効に使える仕組みを取り入れることも大切だと思っています。例えば、一週間に四十時間働くとすると、そのうちの三十時間を大学の、十時間を大学外の仕事に使うのです。大学からの報酬は三十時間分。

従来の「この道一筋……」もいいのですが、今までの社会制度で国際競争に勝てるかという不安があります。

(聞き手は編集委員 中村雅美)

この記事は、日本経済新聞社の許諾を得て、掲載しています。
著作権について http://www.nikkei.co.jp/hensei/shakoku_chosakuken.html

女性の活躍、そして世界の一流大学 学長人事

先日ご案内したように11月29・30日、12月1日の3日間にわたり、東京・青山のカナダ大使館にて、新世紀の日本・カナダの課題として「女性と科学、貿易、ビジネス」をテーマにした講演会が行われました。私は「なぜ女性?なぜカナダ?」というタイトルの基調講演をしました。先日のブログにも書きましたが、国連の統計によると、女性能力開発(Gender Development Index;参政権、教育機会等)ではカナダが1位、日本は8位と国際的に上位なのですが、女性の社会活動(Gender Empowerment Index)では北欧諸国が上位を占め、カナダ8位、日本は41位という事実から話を始めました。少子高齢社会、人口減少を迎える日本では、特に女性の社会活動の推進が大事です。パネル・セッションでは、カナダ・日本から女性2名ずつの演者が各テーマについて話し合い、衆議院議員の野田聖子さんも大変良い話をしていました。女性パワーが感じられた大変活気のある3日間でした。ところで、カナダの演者が、日本の女性の社会進出が遅々として進まないのならば、カナダは移民国家ですし、日本女性をカナダの大学等に積極的に誘致すると言っていました。カナダには素晴らしい大学が多いですから、本当にこんな事にならないようにして欲しいものです。

夜に行われたレセプション、晩餐にはカナダに縁の深い高円宮妃殿下、緒方貞子さん、遠山敦子元文部科学大臣らが参加してくださいました。来年初めには、野田聖子さんの招きで、女性と社会についての話を自由民主党にて行う予定です。

また、講演では女性の活躍が目立つ大学についても話しをしました。最近のことですが、MIT学長に49歳のYale大学学長の女性が招かれました。びっくりです。Cambridge大学学長(Cambridge大学卒、この人も Yale大学の学長でした)とPrinceton大学の学長(CanadaのQueen大学卒)も女性であることを紹介しました。また、これは男性なのですが、Rockefeller大学の学長もイギリスからNobel賞受賞者のDr. Paul Nurseを、California大学Berkeley校の学長はToronto大学の学長を招聘するなど、活発な人事が行われています。また、韓国の先端科学技術大学(KAIST、1971年設立;超一流の人材を輩出している)はNobel物理学賞受賞者のStanford大学教授 Robert Laughlinを学長に招聘しました。日本で一流といわれる大学では考えもつかないことでしょう。困ったものです。

「学」の中心たるべき大学からして、日本は鎖国マインド状態です。ほかは推して知るべしでしょう。

男女共同参画社会: 日本とカナダ

24日、そして来週の月曜、火曜と「男女共同参画社会」をテーマにした講演に参加します。24日は日本学術会議が主催するシンポジウムで、遠山前文部科学大臣等の参加を得て大変な盛会でした。少子化と騒がれていますが、女性の社会進出に関して言えば国連調査で日本は41位です。これがこれからの日本社会の大きなテーマになるでしょう。日本に比べてカナダは女性の能力開発、社会進出、どれもトップだそうです。

講演ではCurie夫人や、このブログでも何度かご紹介している、津田梅子氏の話もしました。

来週(11月29日・30日、12月1日)は、日本とカナダの国交75周年記念行事の一環としてカナダ大使館で開催されるシンポジウムで講演を行います。わたしとカナダのRoyal Academy会長Howard Alper氏とが相談して、基本的な計画を立てましたが、コンセプトは「女性と科学技術、ビジネス」としました。私は「なぜ女性?なぜカナダ?」という題で基調講演をします。最後の講演はAlper氏が行いますが、2日間にわたって行われる講演の演者はすべて女性です。各セッションにおいてカナダと日本からそれぞれ2名という構成です。このシンポジウムは無料ですので是非参加してください。

科学技術の「ダボス」会議:世界のリーダーとの対話

14~16日にわたり京都で“Science and Technology in Society Forum (STS Forum)が開催されました。

「科学技術のダボス会議」と通称されているものです。50カ国、500名が参加し、ノーベル賞受賞者が10名ほど、各国科学技術関係担当大臣が20名ほど、米英その他の科学アカデミー代表、産業界の代表等の多彩な方たち、つまり、世界の政産学のリーダーたちが集結しました。前科学技術担当大臣の尾身幸次議員の発案によるもので、これからの地球規模の課題へのフリーな対話を、基本的に個人のレベルで自由に交わそうという会合です。

従来は、「学」は「学」で、「産」は「産」で、「政」は「政」で、という会合ばかりでした。しかし、CO2京都議定書に見られるように、20世紀の科学技術の急速な進歩によってもたらされた現代社会における問題は、従来の政治・産業・経済・学問等のそれぞれの世界だけで解決に結び付けようとするには余りにも問題が大きくなっているのです。地球人口はこの100年で16億から64億になり、それに伴って生じるエネルギー、食料、水、森林等の環境問題は地球温暖化等の地球規模の大問題をもたらしています。さらに、情報と交通手段の急速な発達でもたらされる南北格差の拡大は、地球人口の80%が低開発、開発途上国にあることを考えれば、これからの人類社会の大きな課題である事は自明でしょう。つまり、人類はこの地球上で「持続可能」なのかという大命題です。さあどうなるのでしょう。「Science and Technology in Society Forum」はこのような趣旨で開催された初めての会合なのです。これらの命題については、このサイトでも繰り返し書いていますので読んでみてください。

小泉首相も開幕に参加し、「科学技術によって環境と経済は両立しうる」と、実例を挙げながら10分ほど良いお話をされていました。また、先進国における科学技術投資や途上国援助の一定比率を、途上国の科学技術とその人材育成に当てる政策を強制するべきだ(カナダが始めました)等の建設的な意見も出され、大変有意義な会でした。来年9月にまた京都で開催する事になりました。

この会をどのようにして「持続可能」な場にしていくのかが、これからの大きな課題です。このテーマは今を生きている世代の、将来の世代へ対する最大の責任であり、最大の課題でしょう。

医療政策シンクタンクの活動

10月28日(木)の午後に都心を出発して成田へ。同日の昼にSan Franciscoに到着し、そのままStanford大学を訪問しました。Stanford Institute of International Studyで、私たちが立ち上げている東京大学先端科学技術研究センター(RCAST)を中心とした、医療や社会公共政策の「シンクタンク」関係の相談と講演を行いました。ちょうど青木昌彦教授、そして野口悠紀雄氏(前RCAST教授)も来てくださり、楽しい講演となりました。夕食後空港へ戻り、深夜の“Red Eyes Express”でWashington DCへ。朝に到着し、少し休んでからシンクタンクの運営や連携の可能性を探るためにAcademy Healthを訪問しました。翌日、帰郷の途につき日曜日に帰国しました。きつい行程でしたが得る事は多かったです。

これらの「医療政策シンクタンク」の活動はよく知られており、彼らとの連携は、日本でも大きな課題である医療政策の提案と発信を行っていく私たちのシンクタンクの重要な戦略のひとつと考えています。医療政策人材育成のコースも開催していますが、アジアや世界との医療政策での連携も、アジアの先進国としては重要な課題と考えています。

2004年11月

がん先端医療を速やかに患者に届けるには
~さまざまな障壁の認識とその克服に向けて~
日程: 2004年11月6日(土)
会場: 東京大学鉄門記念講堂(医学部教育研究棟14階)
演題: 「産業構造の転換と医療政策」

高速鉄道国際会議 2004~東海道新幹線開業40周年記念~
日程: 2004年11月9日(火)
会場: 帝国ホテル東京
演題: 「科学技術は地球文明を救えるか」(Closed Session)

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議 2004
アジアの巨大都市と地球の持続可能性
日程: 2004年11月10日-12日
会場: 日本学術会議講堂

第10回 くれじんの集い 記念講演会
日程: 2004年11月13日(土)
会場: 呉阪急ホテル
演題: 「我が国におけるこれからの若手医師の育成について」

「科学技術と社会」を考える講演会
主催: 金沢工業大学、科学技術社会論学会
日程: 2004年11月14日(日)
会場: 金沢工業大学
演題: 「21世紀、我が国の課題」

「科学技術と産業」国際シンポジウム
日程: 2004年11月17日(水)
会場: 東京全日空ホテル
演題: 「科学技術の発展に伴って顕在化する問題への対処」

高血圧と糖尿病フォーラム(愛媛)
日程: 2004年11月19日(金)
会場: 松山全日空ホテル
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

高血圧と糖尿病フォーラム(福岡)
日程: 2004年11月20日(金)
会場: シーホーク ホテル&リゾート
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

どこまで進んだ男女共同参画
日程: 2004年11月24日(水)
会場: 日本学術会議
演題: 「女性科学者の挑戦」

第8回愛知AII 拮抗薬研究会
日程: 2004年11月25日(木)
会場: 名古屋マリオットアソシアホテル
演題: 「日本におけるAII 拮抗薬のEBM~RENAAL study から学ぶこと~」

高血圧と糖尿病フォーラム(東京)
日程: 2004年11月27日(土)
会場: 赤坂プリンスホテル
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

デンタルヘルスアソシエート同窓会
日程: 2004年11月28日(日)
会場: 東京アメリカンクラブ
演題: 「21世紀の「プロ」育成への課題」

日加外交関係樹立75周年・日加通商関係樹立100周年記念カンファレンス
科学技術とビジネスにおける女性-"Women in Science, Trade and Technology"
日程: 2004年11月29日(月)
会場: カナダ大使館
演題: 「なぜ女性?なぜカナダ?」

嬉しいメール

19日、台風を迎えつつある広島に国連機関のUnited Nations Institute for Training and Research(UNITAR)の講演に行ってきました。所長のイラン人でスイス育ちのAzimiさんは、大変に教養のある素敵な女性です。彼女からこんな嬉しいメールをいただきました。皆さんにご紹介します。

※UNITAR Roundtablesで行った講演の内容はこちらです。

Dear Professor Kurokawa

Your expose of yesterday was like lightening — and it clearly touched the minds and hearts of many: since this morning I have been receiving numerous impressed, thoughtful and, clearly, moved testimonies from some of yesterday’s participants. I think part of UNITAR’s duty is to contribute to elevating the thinking and the conversation wherever we are, and I think I speak if not on behalf of everyone at least on behalf of my own colleagues at UNITAR — you most definitely succeeded in doing so. Thank you for your presence and also for your generosity in sharing with us what must have taken you decades to learn, think through and understand.

We normally do not do a summary of the roundtables after the event — however in light of the importance of yesterday’s topic we intend to produce a brief summary and post it on our website. I will send this to you for your review, as well as an official letter requesting that our website be linked to the Science Council’s site.

I hope you were able to make your way back peacefully and safely to Tokyo and that the typhoon did not cause any concern?

with my warm personal regards.

では、また。

津田梅子の“Peeress’ School”

久しぶりです。このところ、出張でやたらと忙しいのです。何故かと考えてしまう程です。

8月17日のブログに書いた「津田梅子とTH Morganの1894年の論文を読む」で、津田梅子の所属の“Teacher in the Peeress’ School, Tokio, Japan”について何か教えてくださいとお願いしたところ、ありがたい事にちゃんと調べてくれた方がおられるのです。

それによりますと;

『“Peeress”は、「1.貴族婦人、2.(自らが爵位を持つ)有爵婦人」と訳され、Peer(貴族、華族)+essということでしょうか。津田塾大学ホームページ日本語版では、「塾創立まで」の中で、「1886年(明治19) 梅子、華族女学校教授となる」とあり、同英語版では、津田梅子が帰国後、“She accepted the position of lecturer at the Peeresses’ School”とあります。最後の“es”の有無でスペルは若干違いますが、以上から、黒川先生のサイトホームページにある“Peeress’ School”は、「華族女学校」のことだと考えられます。

津田梅子は最初の帰国後もこの学校で教えていましたので、その当時の事でしょうか。

さらに、「華族女学校」についてですが、学習院大学のホームページ日本語版には、明治18年9月(1885)に「華族女学校を創設する(四谷区尾張町)」、明治39年4月(1906)「華族女学校と学習院を併合し、華族女学校を学習院女子部と改称する」等の沿革が記されています。学習院女子大学のホームページ英語版では、“September 1885, The Peeress’ School (Predecessor of the Girl’s Division of Gakushuin)was founded.”とあります。その後、学習院女子部は女子学習院となり、戦後、学習院と女子学習院が統合され、さらに創設された短期大学が学習院女子大学に変わっていったということのようなので、華族女学校がそのまま現在の学習院女子大学につながったわけではないようです。』

ありがとうございました。

2004年10月

第34回日腎西部学術大会ランチョンセミナー
日程: 2004年10月1日(金)
会場: 岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
演題: 「糖尿病性腎症の治療最前線」

"Focus on the new European Clinical Trials Directive-the German Way"
「新欧州臨床試験指令ードイツ・フォークスの対応」
会場: JETRO ビジネスサポートセンター(赤坂ツインタワー)
演題: "Drug development and human healthcare, prospective of the next 10 years"
日程: 2004年10月12日(火)

成蹊大学講演会
日程: 2004年10月13日(水)
会場: 成蹊大学本館講堂
演題: 「日本の課題、世界の課題」

高血圧と糖尿病フォーラム(仙台)
日程: 2004年10月16日(土)
会場: 仙台サンプラザ3階クリスタルルーム
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

高血圧と糖尿病フォーラム(岡山)
日程: 2004年10月19日(火)
会場: ホテルグランビア岡山4階フェニックス
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

UNITAR Roundtables (ユニタール・ラウンドテーブル)
日程: 2004年10月19日(火)
会場: 広島商工会議所
演題: Scientists in the 21st Century:What new role in society?

(株)三菱総合研究所
「社会保障クライシスへの対応戦略~持続可能な社会保障制度の構築に向けて~」
日程: 2004年10月20日(水)
会場: 虎ノ門パストラル
演題: 「これからの医療・福祉のあり方」

福山市医師会循環器病研究会
会場: 福山ニューキャッスルホテル
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」
日程: 2004年10月21日(木)

高血圧と糖尿病フォーラム(滋賀)
日程: 2004年10月23日(土)
会場: 大津プリンスホテル
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

第5回 北里ハーバードシンポジウム
(The 5th Kitasato University – Harvard School of Public Health Symposium)
日程: 2004年10月25日(月)
会場: 東京全日空ホテル
演題: 「Emerging Science and the Challenges of the New Century」