偉大な思想家、福沢諭吉のこと-後半

前回のブログに続きまして、「Wedge」で紹介される偉大な思想家、教育者、福沢諭吉についての私のコメントの後半部分を紹介します。福沢諭吉は現在の日本の問題をそのまま指摘しています。という事は、当時から日本人の考え方は「鎖国状態」のままなのではないか、というのが私の考えです。なぜか?これが私から皆さんへの“問いかけ”です。

 この福沢、そして丸山の思想の底流を流れるものに「議論の本質を定る事」、「権力の偏重」、「古習の惑溺」などがある。これが日本の思想、文化の根底にある「官尊民卑」であり、現代の日本の問題にそのまま当てはまる。「故習の惑溺」とは「ひとつの事に溺れて正しい判断に迷う」事であり、その刷り込み現象によってもたらせている権力、官僚組織の病理的側面に具体的に光を当てているのが福井秀夫の「官の詭弁学」である。これは議事録の公開で明らかになった各種政府審議会のまか不思議な答弁集である。「行政訴訟法」、「労災保険」、各種規制改革に関する珍問答集である。個人としては優能なのであろう多くの官僚が詭弁とも言える「できない理由」を繰り返えす。立法と行政の違いも不明瞭、司法の独立さえ危うい民主国家といわれる日本。福沢の指摘は今もそのまま当てはまるのである。日本はどうする、どこへ向かうか。

 「文明論之概略」、そしてその丸山の「読む」でも不可解なのが、福沢の「脱亜論」であろう。しかし、最近この疑問が解けた。平山洋「福沢諭吉の真実」である。福沢の多くの著作、私信、そして「時事新報」をめぐる編集者と全「社説」とその発表された時代背景と意義、また明治版、大正版、昭和版、現行版「福沢全集」の分析と編集責任等を詳細に分析した最高級の福沢研究の成果といえる。これによると、脱亜論の趣旨は福沢の真意ではなく、むしろ意図を持って石河幹明(1988-1922年の「時事新報」社説担当)が創造、いや捏造した福沢諭吉像なのである。しかも、脱亜論は1960年代から出始めたのである。このような展開を、当時の時代背景と福沢の時代背景、また鍵となる福沢研究者が自分自身で原点を充分に検証する事がなかったことなどの理由と解釈も示している。平山は、研究者自身が原点を読み、検証することの大切さを教えてくれる。

 福沢の指摘していたのは、維新時代の日本の課題は、単に制度の改革ではなく精神革命の問題ということだ。しかし、これは正しくいまの日本の問題ではないか?精神状態は今でも鎖国のままなのではないか、そして開国できない理由ばかり言っているのでは、と私には思われるのである。そして福沢諭吉の偉大さに感動する。

「少子化と女性の健康」

昨年11月にも書きましたが、現在、医療や社会公共政策に関するシンクタンクを立ち上げています。その活動の一環として、医療政策の提案と発信をしていきたいと考えていますが、第一弾として「少子化と女性の健康」に関する政策提言を準備中です。また、同テーマのシンポジウムを3月12日に開催する予定となっています。

12月に行なわれた日本とカナダのシンポジウムでも課題となっていた、女性の社会進出はやはり大きな問題です。それと同時に語られることの多い少子化の問題にも、女性の健康問題が大きく関わってきているのです。少子化に関しては、社会・経済的な要因のみが議論されがちですが、医学的な観点からも議論されるべき問題です。

今回のシンポジウムでは、私が研究会をとりまとめ、「少子化と女性の健康」に関する政策提言を内閣特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策)の南野大臣に提出します。概要としては、出産を担う女性を取りまく医療にスポットをあて、高齢出産、不妊治療、若年層の中絶・性感染症に伴う心身への負荷・不妊リスクの増加など、女性の健康という観点から少子化問題を討議する、というものです。私が委員となって1999年に認可された経口避妊薬も、未だ誤解が多くあまり普及していないのが現状ですが、本来であれば性感染症にはコンドーム、避妊には経口避妊薬という意識が諸外国のように日本においても浸透すべきであって、特に将来の日本を背負って立つ若者には、これらを徹底させてもらいたいものです。

シンポジウムには、南野大臣を始め、慶應大学の島田晴雄教授や、自民党の野田聖子さん、民主党の古川元久さん、厚生労働省の母子保健課長などにも来ていただき、議論を進めていきます。詳細はスケジュールでも紹介する予定です。

偉大な思想家、福沢諭吉のこと

明治維新の頃の日本が進む方向性について、明確な指針を与えたのが福沢諭吉でしょう。実に立派な思想家、教育者です。明治8年に書いた「文明論之概略」が彼の思想の中心となる集大成ですが、邦訳本の少ないこの頃に原文を英語で読み、日本語にないいくつもの言葉の意味を正確に理解しているさまはすごいと思います。この福沢の本(岩波文庫 1995年)を読むことはできますが、あわせて昭和の偉大な思想家である丸山真男氏の「「文明論之概略」を読む」は福沢思想のすばらしい解説書ですので是非読むことをお勧めします。

という事で、この本を含めて3冊の本を紹介したのが私の「読書漫遊」です。新幹線JR東海の社内誌「Wedge」の平成17年2月号に掲載されますが、ほぼ最終のゲラの前半をここで紹介したいと思います。是非、読んで、偉大な思想に触れてください。

紹介する本は以下の3冊です。
丸山真男:「「文明論之概略」を読む」」 岩波新書 1986年
福井秀夫:「官の詭弁学」 日本経済新聞社 2004年
平山 洋:「福沢諭吉の真実」 文芸新書 2004年

 回復基調とはいえ不透明な日本経済と増え続ける国の借金、急変する中国とアジア、そしてユーロとロシア動向、中東とアフリカ、米国の国際政策等、不安定要素を多く抱える国際政治の動向、さらに増加する地球人口、環境問題、南北格差拡大等を中心とした地球規模問題等、不安定、不確定要素を数多く抱え、目標の見えにくい2005年が始まった。「政産官の鉄のトライアングル」の「ジャパンアズナンバーワン」の終焉から15年、では次の15年、2020年への日本の航路は、戦略は、何か。ここは歴史観、文明史観が必要だ。そのような「リーダー」はいるのか。明治の新時代日本の最も偉大な思想家、知識人、教育者である福沢諭吉の思想の体系的原論「文明論之概略」(岩波文庫)は明治7年(1875年)の出版、「古典」なのである。「政府と名のる籠の中に閉じ込められた」知識人の枠を破り、自由独立の知識人、福沢の思想は事の本質を深く考察し、いまも説得力がある。邦訳本のすくない時代、多くの原書を読み、西洋文明を理解し、日本の将来を思い、そこから思想と言葉の意味を汲み取る能力は想像しただけでもすごい。身震いがする。「スタチスチク」(統計)、「カラッスインタレスト」(階級の利害)等、読者が英語をほとんど理解しない時代のカタカナは、本質をよく理解しないままの今のカタカナ氾濫の対極だ。

 昭和を代表する思想家、丸山真男が解説した「「文明論之概略」を読む」は現在の日本国の根本的課題を考えるのに最もふさわしい書である。「序」の「古典からどう学ぶ」から、全編にわたって福沢への畏れにも似た尊敬の念と、福沢思想への洞察が伝わってくる。福沢の思想と日本への思いと懸念は現在に通用する普遍性がある。いまだに「人民」と「国家」、「公」と「パブリック」、「外国交際の基本」等の本質を理解せず、むしろ勘違いしている(としか思えない)多くの責任ある立場の人も、将来を担う若い人たちも読むべき本である。福沢の思想は、20世紀の日本を知らないにもかかわらず、なのである。文明史的に本質を見抜き、大局観ある人はここまで違う、すごいの一言である。

後半に続く・・・

2005年 新年あけましておめでとう

→English

あけましておめでとうございます。去年も結構忙しくて、もっと頻繁にとは思いながら、なかなかブログを更新できませんでした。残念です。

さて、日本学術会議は4月1日から内閣府に移り、10月1日から新体制で出発します。今年は、“annis mirabilis”(意味がわからない人はネットで調べてください)という事で、アインシュタインを記念する「国際物理年」として世界中でいろいろな行事が開催されます。

20世紀を大きく変えた物理の年、1901年に始まった第1回ノーベル物理学賞の受賞者はレントゲンでした。このX線はその後の100年に物理や生物学の分野で大きな貢献をしました。日本も物理の分野で世界的に貢献をされた人たちを数多く輩出しました。ノーベル賞だけでも湯川秀樹、朝永振一郎、江崎玲於奈、小柴昌俊さんがいます。明治に日本の物理を立ち上げたのが、第6代東京帝国大学総長の山川健次郎です。田中館愛橘、永岡半太郎という日本の物理研究を築いたのは山川先生の最初の教え子達です。

2004年は山川先生の生誕150周年でした。山川先生は会津の人で、14歳で白虎隊に入隊(病弱だったため正隊員にはなれず)。鶴ヶ城で生き残り、17歳で黒田清輝の口添えもあって留学の機会を得て、アメリカのイェール大学へ。物理を学び、22歳で帰国。東大の前身である開成学校教員を経て、東京大学教授、そして東大総長となります。科学教育に一生をささげた信念の人。1905年、日露戦争後の戸水事件の責任を取って東大総長を辞任、その後、博多の明治専門学校(現在の九州工科大学)の学長、さらに新設された九州帝国大学総長を兼務。その後東京帝国大学総長、京都帝国大学総長等を勤め、さらに武蔵高等学校校長(2代目ですが、事実上の初代)という、教育者として一生をささげた偉大な方、信念の人、反骨の人です。

こんな人こそが今の日本に必要なのです。星亮一さんの「山川健次郎伝」(平凡社)という本が出版されていますのでぜひ読んでみてください。津田梅子らと岩倉使節団で渡航した大山捨松は、この山川先生の妹で、Vassar Collegeを卒業して帰国。大山大将の後妻、鹿鳴館でも活躍し、津田梅子を支援した人物です。山川先生のお兄さんは会津の家老、維新後は多くの苦難を超えて軍人として、また明治19年には時の文部大臣、森有礼に請われて陸軍大佐からいまの筑波大学となる東京高等師範学校長に就任、多くの人材を育てました。

国際物理年の催しの一つとして、山川健次郎先生の事を若い人たち伝える催しなどを考えて欲しいと思います。

ところで、東京麻布のスイス大使館では1月半ば頃まで、アインシュタインが1922年に日本を訪問した時の写真等の展示が行われているようですよ。

2005年1月

平成16年度日本学術会議 九州・沖縄地区会議学術講演
「21世紀の日本と長崎の科学研究 ~最前線の科学者から若者たちへ~」
日程: 2005年1月16日(日)
会場: 長崎大学医学部記念講堂
演題: 「日本のビジョンは?」

MEフォーラム2005 「未来をひらく医用生体工学」
日程: 2005年1月24日(月)
会場: 東京大学本郷キャンパス山上会館大会議室
演題: 「科学技術の振興と日本学術会議の役割」

2004年12月

NPO法人21世紀構想研究会 第50回研究会記念フォーラム
"ほんとにどうする日本改革"
日程: 2004年12月2日(木)
会場: 日本プレスセンター10階ホール
演題: 「改革のリーダーはほんとにいるのか」

平成16年度日本学術会議地域振興九州・沖縄地区フォーラム
医療と地域振興
日程: 2004年12月3日(金)
会場: 九州大学医学部百年講堂
演題: 「21世紀:日本の課題」

エコデザイン2004 ジャパンシンポジウム
日程: 2004年12月6日(月)
会場: 日本科学未来館
演題: 「"エコシステム"新世紀の挑戦 -科学者・技術者・産業人が挑むもの-」

高血圧と糖尿病フォーラム(静岡)
日程: 2004年12月8日(水)
会場: ホテルセンチュリー静岡
演題: 「糖尿病合併高血圧患者の治療が変わる」

東アジア医学生会議
日程: 2004年12月28日(火)
会場: 岸和田市立浪切ホール

日本経済新聞で紹介されました。

日本経済新聞(2004年10月18日、25日、11月1日)の「時間術」で紹介されました。

2004年10月18日(月)朝刊 「時間術」(上)

-資金の裏付けで配分に知恵-

四月から“パートタイマー”になりました。東海大学医学部は非常勤になり、東大先端科学技術研究センターも客員教授です。昨年七月に就いた日本学術会議会長が本業となりますが、これも任期があり、パーマネントの職業とは言えません。

思えば随分細切れの人生を歩んできました。医学者として日本と米国で研究・診療をしてきましたが、米国では帰国の時期を失し、はっと気がつくと十四年が過ぎていました。 米国では時間配分でハードな経験をしました。大学では研究・教育・診療の各面で責任をもちますが、どこに多くの時間を割くかは重要な問題でした。

というのも教育には十分な報酬がでますが、研究にはそれほど配慮してくれません。重点の置き方によっては、資金の手当てや、給料の大半を自分でまかなう必要があるからです。どう配分するか-別の意味で“時間との闘い”でした。

2004年10月25日(月)朝刊 「時間術」(中)

-学者も積極的な行動求められる-

「学者さんはいいですね。じっくり考える時間がたっぷりあって」と言われます。
「自分たちはこんなに忙しいのに」との思いも込められているのでしょう。

ちょっと待ってほしいというのが、正直な気持ちです。私自身、以前にも増して忙しくなっています。公職にあるせいか、優先しなければならない飛び込みの仕事が増え、スケジュール調整に四苦八苦しています。必要な時間をどうねん出するかが重要な仕事になっています。

学者が忙しくなったのには理由があります。これまでの日本は政・産・官のトライアングルが社会を動かしてきました。学者の存在はこれらの外にあるとの考えが主流でした。

これからは違います。何事にも透明性、自律性、そして社会の要請にこたえる時代では、そのためのデータや知恵が必要で、それらの情報を提供できる学者、専門家の重みが増します。学者は文字通り社会の一員になり、積極的に行動し、提言することが求められるのです。

その意味でも、私たちは“のんびり”していられませんし、忙しくなるのはよいことだと思っています。でも、忙しいだけではだめ。思案の時間も必要なのです。

2004年11月1日(月)朝刊 「時間術」(下)

-電子メール、即断の習慣を評価-

私は夜中に仕事をすることが多いのです。昼間は外向きの仕事にあて、物を書いたり、じっくり考えたりといったことは夜にします。電子メールを送ったり、返事を書いたりするのも夜中です。

電子メールは時と所をかまわず届くので迷惑だという人もいますが、世界中との“つながり”のスピードが速いといった点で評価します。

返事を出すとき、どんな内容にするかなどの判断を即座にしなければなりません。後回しにするとメール画面の上か下にいってしまい、忘れがちです。返信も含めて人任せではなく、自分でしなければならないことも電子メールがもたらした生活の変化です。

時間をもっと有効に使える仕組みを取り入れることも大切だと思っています。例えば、一週間に四十時間働くとすると、そのうちの三十時間を大学の、十時間を大学外の仕事に使うのです。大学からの報酬は三十時間分。

従来の「この道一筋……」もいいのですが、今までの社会制度で国際競争に勝てるかという不安があります。

(聞き手は編集委員 中村雅美)

この記事は、日本経済新聞社の許諾を得て、掲載しています。
著作権について http://www.nikkei.co.jp/hensei/shakoku_chosakuken.html

女性の活躍、そして世界の一流大学 学長人事

先日ご案内したように11月29・30日、12月1日の3日間にわたり、東京・青山のカナダ大使館にて、新世紀の日本・カナダの課題として「女性と科学、貿易、ビジネス」をテーマにした講演会が行われました。私は「なぜ女性?なぜカナダ?」というタイトルの基調講演をしました。先日のブログにも書きましたが、国連の統計によると、女性能力開発(Gender Development Index;参政権、教育機会等)ではカナダが1位、日本は8位と国際的に上位なのですが、女性の社会活動(Gender Empowerment Index)では北欧諸国が上位を占め、カナダ8位、日本は41位という事実から話を始めました。少子高齢社会、人口減少を迎える日本では、特に女性の社会活動の推進が大事です。パネル・セッションでは、カナダ・日本から女性2名ずつの演者が各テーマについて話し合い、衆議院議員の野田聖子さんも大変良い話をしていました。女性パワーが感じられた大変活気のある3日間でした。ところで、カナダの演者が、日本の女性の社会進出が遅々として進まないのならば、カナダは移民国家ですし、日本女性をカナダの大学等に積極的に誘致すると言っていました。カナダには素晴らしい大学が多いですから、本当にこんな事にならないようにして欲しいものです。

夜に行われたレセプション、晩餐にはカナダに縁の深い高円宮妃殿下、緒方貞子さん、遠山敦子元文部科学大臣らが参加してくださいました。来年初めには、野田聖子さんの招きで、女性と社会についての話を自由民主党にて行う予定です。

また、講演では女性の活躍が目立つ大学についても話しをしました。最近のことですが、MIT学長に49歳のYale大学学長の女性が招かれました。びっくりです。Cambridge大学学長(Cambridge大学卒、この人も Yale大学の学長でした)とPrinceton大学の学長(CanadaのQueen大学卒)も女性であることを紹介しました。また、これは男性なのですが、Rockefeller大学の学長もイギリスからNobel賞受賞者のDr. Paul Nurseを、California大学Berkeley校の学長はToronto大学の学長を招聘するなど、活発な人事が行われています。また、韓国の先端科学技術大学(KAIST、1971年設立;超一流の人材を輩出している)はNobel物理学賞受賞者のStanford大学教授 Robert Laughlinを学長に招聘しました。日本で一流といわれる大学では考えもつかないことでしょう。困ったものです。

「学」の中心たるべき大学からして、日本は鎖国マインド状態です。ほかは推して知るべしでしょう。

男女共同参画社会: 日本とカナダ

24日、そして来週の月曜、火曜と「男女共同参画社会」をテーマにした講演に参加します。24日は日本学術会議が主催するシンポジウムで、遠山前文部科学大臣等の参加を得て大変な盛会でした。少子化と騒がれていますが、女性の社会進出に関して言えば国連調査で日本は41位です。これがこれからの日本社会の大きなテーマになるでしょう。日本に比べてカナダは女性の能力開発、社会進出、どれもトップだそうです。

講演ではCurie夫人や、このブログでも何度かご紹介している、津田梅子氏の話もしました。

来週(11月29日・30日、12月1日)は、日本とカナダの国交75周年記念行事の一環としてカナダ大使館で開催されるシンポジウムで講演を行います。わたしとカナダのRoyal Academy会長Howard Alper氏とが相談して、基本的な計画を立てましたが、コンセプトは「女性と科学技術、ビジネス」としました。私は「なぜ女性?なぜカナダ?」という題で基調講演をします。最後の講演はAlper氏が行いますが、2日間にわたって行われる講演の演者はすべて女性です。各セッションにおいてカナダと日本からそれぞれ2名という構成です。このシンポジウムは無料ですので是非参加してください。