ダボス会議、私のメッセージ

→English

例年のダボス会議がいよいよ明日から始まります。私は今年も参加しないのですが、Japan Timesで応援のメッセージPDF)を送りました。

その他の方の記事はこちら

今年もジャパンナイトは賑わうことでしょうが、明日にはどこで何が起こるかわからない、極めて脆弱な世界のありようが、大きなテーマになるでしょう。


KPMGでの基調講演、茅野みつるさんと

→English

去年の11月27日の私のtwitterです。

「きょうの午前は、六本木ミッドタウンでKPMGのカンファ。第一日開幕は、まず私、続いて伊藤忠の茅野みつるさんの講演、そのあと二人で対談。とても楽しかったです。ところで、来ていただいた皆さんの感想はどうだったのでしょうね?ちょっと、気になります。教えてほしい。」

私の基調講演、続いて何年ものお友達の茅野みつるさんの講演、そのあと二人で対談。こんなすてきなプログラムで始まったKPGMの二日間のカンファレンス。

このような企画にお招きを受けてうれしかったです。まったく違った分野のお客さまたちですから。私は「急変する世界、日本の進路、あなたの選択」という題でお話をしました。

茅野さんの話、「自分の価値創造を考える」もとてもよかった。

これらを短くまとめた記録が、Webに出たのでご紹介します。
http://www.kpmg.com/jp/ja/knowledge/article/documents/near-future-japan-20150115.pdf

私も茅野さんも、家族と一緒に同じ時代にLos Angelesに住んでいた(もちろん茅野さんは小さかったですが)という共通点もあるし、ダボス会議でも何度かご一緒しました。

この二日間のKPMGカンファの内容はこちらで見ることができます。ちょっと長いですが。 http://www.kpmg.com/jp/ja/knowledge/article/kpmg-insight/documents/kpi_10.pdf

とても楽しめた講演会でした。KPMGと茅野さんありがとう。


お正月から出かける

あけましておめでとうございます。

皆さんも、素敵なお正月をお迎えのことでしょう。
全国的には、かなり寒そうでしたが、東京あたりは快晴に恵まれたお正月でした。

このblogもすっかりご無沙汰していて申し訳ありません。まあいろいろあって、結構忙しくしております。

新春は、特に何かをしたわけでもないのですが、6日の午前は、去年にならってHarvard大学ビジネススクールの竹内弘高教授率いる40人ほどの大学院生に講演をしてきました。今年もなかなか楽しいセミナーになりました。

その後一度帰宅し、羽田からトロントへ向かいました。夕方、トロントに着いてディナー。外は寒い、風も結構ある。体感温度は-20℃ほどとか。

翌日は、朝からカナダの原子力規制関係者、電力会社関係者、また東大からMcMastser大学へ移ったShinya Nagasaki教授との面談。その後、この方たちを含めて20名ほどで12時からランチとRound Table Discussion。こういう形式は、なかなかよろしいです。

皆さんとてもフランクですし、議論を聞いていても、政産官の立場を超えて、みなさん真面目にエネルギー政策、原子力の役割とそのプロセス、国民の信頼と透明性の重要性、使用済み燃料処理等々を、オープンに議論されます。前向きに、しっかり考えている様子がわかります。カナダの原子力発電所は、TorontoのあるOntario州に集中しています。政治的にも州と国家との立場の違いなどもありますが、カナダの良い所を見たように感じました。

午後後半はTorontoの街中にある名門女子学校Havergal Collegeを訪問しました。120年前に、今でも先見性のある女子教育の高い目標を掲げたFrancis Ridley Havergalによって設立された学校です。

翌日はGairdner財団の委員会です。約6時間弱の委員会では、皆さんの発言はそれぞれけっこう意見が違い、またはっきりした物言いをする方も多いのですが、議論をしているうちになんとなく英知が生まれてくる。建設的なところがこのような会議の良いところです。意見、見解が違うところから、お互いに学ぶところが多くなることも 良い勉強になります。座長は大変ですが…。

夜は中山総領事の公邸でのディナーでした。ありがとうございました。

翌日は東京へ向かいました。多くの方たちにお会いでき、またお世話になりました。

なんだか、去年と似たような年初めとなりました。


会合のお知らせ

→English

2月9日(月)~10日(火)にロンドンで開催されるChatham Houseの”Aging and Health: Policy and Economics in an Era of Longevity”で、初日のパネルディスカッションに参加します。

詳細はこちら→ http://www.chathamhouse.org/conferences/ageing


会合のお知らせ

→English

「第2回日経アジア感染症会議」が2015年1月16日(金)~17日(土)に沖縄で開催されます。
2日目の総評(14:20~14:30)でお話をさせていただきます。

日時: 2015年1月16日(金)~17日(土)
場所: 沖縄 万国津梁館

お申込みはこちら → http://ac.nikkeibp.co.jp/bio/okinawa2015/


会合のお知らせ

経産省・Connect!主催、「新事業創造カンファレンス & Connect!」・「日本ベンチャー大賞表彰式」が1月22日(木)に開催されます。
第2部(13:00~15:20)の冒頭に私が挨拶致します。

経産省・Connect!主催
「新事業創造カンファレンス & Connect!」・「日本ベンチャー大賞表彰式」
日時: 2015年1月22日(木)10:00~18:40 ※その後懇親会あり
会場: ホテルニューオータニ 鶴の間

お申込みはこちら → http://everevo.com/event/18548


→English

私がその活動にいつも注目している方の一人に石倉洋子さんがいます。

このBlogを見ていただいている方はよくご存じだと思いますが、以前、彼女と一緒に「世界級キャリアの作り方」という本を著させてもらいました。

World Economic Forum の仲間でもありますし、石倉さんの主宰している「Global Agenda Seminar」にも何度か参加させていただき12)、多くを学ばせてもらっています。

石倉さんの活動や発言は、彼女のBlogやtwitter<@yokoishikura>でご存じの方も多いでしょう。

最近のことですが、石倉さんがこの記事のタイトルにある「「友人のポートフォリオ」をつくろう-人生も分散投資でリスクを減らす」というコラムを書いています。

そこにはなんと私のことにも触れてくれています。他の方たちはすごい方たちばかりなのでちょっと気恥ずかしいのですが、皆さんにご紹介して、石倉さんの思想と思いに触れていただければと思って、ご紹介します。

石倉さんのメッセージは、この「不確実」な世界の変化の時代に、皆さんの思考の枠組み作りにも参考になると思います。


お知らせ

10月27日、福島市で開催された第3回原子力災害対策関係国赤十字社会議の様子が、赤十字原子力災害情報センター デジタルアーカイブに掲載されましたのでご紹介いたします。

私の基調講演の抄録(PDF)プレゼン資料(PDF)も公開されていますので、アクセスしてみてください。

 

第3回 原子力災害対策関係国赤十字会議 アーカイブ
http://ndrc.jrc.or.jp/3rgm/

基調講演ページ
http://ndrc.jrc.or.jp/special/3rgm-keynote/


10月と11月、英国との交流が続く -2

→English


more photos→ (1)(2

ロンドンから帰り、福島での日赤の国際会議で講演、Peter Piotさんをお迎えして、いくつかの講演会などに参加して11月になりました。

11月5、6日にはWorld Dementia Councilによる「Legacy Event Japan」があり、私もフルに参加。7日にはOECD-HGPIによる、企業・NGOの活動を中心にしたイべントを開催しました。

ここまでは、それぞれ既に報告したところです。

11月10日は再びロンドンへ。今度はGHIT fundの理事会の開催です。今回はPeter Piotさんが学院長をしているLondon School of Hygiene and Tropical Medicineでの開催となりました。伝統ある名門ですね。PiotさんはBelgiumの方ですが、トップや他の要職でも、あまり国籍を気にしないところが英国流、英国の強さです。

最近でも、Bank of Englandの頭取にCanadianのMark Carney氏を招聘したほどです。これは世界も注目しますし、信用も世界に広がることになるでしょう。

到着した日のディナーはBocca Di Lupoで。Royal SocietyのVice Presidentを務めている友人Anthony Cheethamさんも参加してくれました。

翌日の理事会を無事に終えて夕方から、日本大使館でPublic Eventとレセプション、その後は大使公邸で理事の方々のディナーのおもてなしを受けました。林大使ご夫妻をはじめとする大使館の方たちに感謝です。

このPublic Eventの終わりは私が挨拶。これは結構気を使いますね。初めの挨拶と違って、みなさんの話やパネルを聞いた上で、ご来場、ホストの皆さんに、イベントの意味や、メッセージを上手くまとめて伝えないといけないのですから・・・。

日本の政府の唯一の賞であるHideyo Noguchi Africa Prize賞の第1回の受賞者であるBrian Greenwoodさん(1)が基調講演、第2回の受賞者であるPeter Piotさんが司会でしたので、このことを皆さんにご紹介しました。その後、お二方の奥さまも参加され、私にとってはMrs Greenwoodとは6年ぶりの再会となりました。

Tower of LondonでのPoppy Day Installationが話題になっていましたが、見に行くのを逃しました。残念。


10月と11月、英国との交流が続く -1

→English

この2ヵ月は、なぜか英国との交流に繰り返し参加することになりました。

10月はじめ、東京で開催された、Chatham Houseと日本財団のカンファレンスのパネルに参加しました。

Chatham Houseは国際的によく知られた英国のシンクタンクです。これまでに何度か訪れたこともありますし、一緒に仕事をしたこともあります。

去年から、日本財団の協力で日本でもChathamカンファレンスを年に1回、5年間にわたって開催することになりました。その第2回の会議が「The Role of the Nation State in Addressing Global Challenges: Japan-UK Perspectives」というタイトルで開催されました。私も2日目の「FUKUSHIMA」のパネルにお招きを受けました。司会は、「3.11」の時に駐日大使であったDavid Warrenさんです。原稿も依頼されましたが、それが発表されたところに、ここでご紹介します。

10月中旬には4月以来、再びロンドンへ。第3回のWorld Dementia Council(WDC)です。第1回と同じく、英国外務省の中で開催されました。私は11月に開催されるWDC Legacy Event Japanについて日本政府からの資料にも簡単に触れましたが、私は日本政府の代表ではないので、委員としての議論、発言に集中しました。

ロンドンでは、私と一緒に仕事をした事のある何人かの若い方たちと会食の機会も持てました。

帰国後には、IBA 東京大会に参加されたBLPのsenior partner Paisnerさんと、2回ほど会食の機会を持ちました。GRIPS Forumにお呼びしておいたところ、200人近い学生と教員が参加し、好評のようでした。

そうこうしているうちに、10月末にはLondon School of Hygiene and Tropical Medicineの院長(これは大学院だけなのです)のPeter Piotさんを迎えて、GHITの講演会を開催しました。

彼は38年前にCongoで発生したEbolaの発見者で、去年のHideyo Noguchi Africa Prizeの受賞者(日本でただ一つの政府の公式の賞で、私が選考委員長です)で、記者会見にも70社以上が出席、Ebolaについての質疑応答等々、他でも講演会など、大変忙しい時間を過ごしました。

その間にもロンドンと東京で、英国企業の方たちと数回お会いする機会を持ちました。