2013年1月

地球システムガバナンス東京会議: 複雑な制度設計と多様な主体
Plenary ー Nuclear Governance
日時: 2013年1月31日(木)9:00-10:30 
     *うち、基調講演30分(質疑応答含む)とパネルディスカッション(使用言語:英語)
場所: 国連大学 5階 エリザベス・ローズ国際会議場
        東京都渋谷区神宮前5-53-70
連絡先: e-mailのみ  TokyoESG2013@ias.unu.edu 
お申し込みはこちら
 

第5回アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)パートナー事業
アフリカ経済成長の鍵 グローバルヘルス
第1回 「アフリカにおける健康への投資と新市場開拓」
日時: 2013年1月29日(火)19:00-21:00
場所: 日本創生ビレッジ
     東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F 
お問い合わせ先:
   (特活)日本医療政策機構 Tel: 03-5511-8521
   (公財)日本国際交流センター Tel: 03-3446-7781
参加のお申し込みはこちらから

 

持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議 
    -災害復興とリスク対応のための知-
日時: 2013年1月17日(木)10:20-11:10(基調講演)
場所: 日本学術会議 講堂
      東京都港区六本木7-22-34
お問い合わせ先:
「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2012」事務局
       (エクスカリバー㈱内)
  TEL: 03-6215-8506   FAX: 03-6215-8700
  E-mail: support@exjp.co.jpr

 

アゴス・ジャパン
【新春特別セミナー】世界級キャリアへのスタート~国際は人材へのススメ~
日時: 2013年1月14日(月)14:30-16:30
場所: アゴス・ジャパン
       東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル
*35分ほどの基調講演と横山アゴス・ジャパン代表取締役とのパネルセッションを予定
お申し込みはこちらから

 

第2回トポス会議
ソーシャル・イノベーションと21世紀の資本主義
~コミュニティ・デザインが企業と社会の未来を拓く~
日時: 2013年1月28日(月)13:00-19:00(その後、懇親会あり(~20:30))
場所: 六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ内タワーホール
      東京都港区六本木6-10-1 TEL:03-6406-6649
参加セッション: ダイアローグ・セッション3
        「ソーシャル・イノベーションの「イネブラー」としてのテクノロジー」にパネリストとして出席
お問い合わせ先: 
   【トポス会議全般に関するお問い合わせ】
      w3i設立準備委員会事務局 (株)富士通総研 経済研究所
         E-mail:fri-w3i@cs.jp.fujitsu.com
   【参加登録に関するお問い合わせ】
      w3i主催 トポス会議事務局
          電話: 070-5438-4820/070-5658-9834
                  (ご利用時間:平日10時~17時)
         E-mail:w3i_topos@officepolaris.co.jp
お申し込みはこちらから

 

MIT Media Lab @Tokyo 2013    → 急遽、Panel Discussionに不参加となりました。
日時: 2013年1月18日(土)*会合は1/18,19と2日間開催
     18:00-18:30 Panel Discussionに出席
場所: デジタルガレージ
      東京都渋谷区恵比寿南3-5-7代官山DGビル(デジタルゲートビル)
お問い合わせ: e-mailにてお願いします。
        team-mljapan@media.mit.edu (一般)
        press-mljapan@media.mit.edu (プレス関係)
申し込みはこちらから

 

International Symposium on Sustainability Science:
Towards a Mature & Sustainable Society
日時: 2013年1月7日(月)14:45-15:15 (講演)
                   17:00-17:45 (パネルディスカッション)
        *会議は13:00-17:45
場所: ウ・タント国際会議場(国際連合大学内)
             東京都渋谷区神宮前5-53-70
演題名: "Uncertain Times: Changing Principals"
お問い合わせ先: (株)プライムインターナショナル 
          TEL:03-6277-0117、FAX:03-6277-0118
          E-mail:international_symposium2013_107@prime-pco.com
お申し込みはこちらから

2012年12月

長崎大学リレー講座2012「長崎からグローバルを考える」
日時: 2012年12月5日(水)19:00-20:30
場所: 長崎大学 中部講堂
      (長崎市文京区1-14)
演題名: 「福島原発事故で明らかになった日本的システムの限界と今後」
お問い合わせ:長崎大学広報戦略本部
          TEL:095-819-2007
          e-mail:kouhou@ml.nagasaki-u.ac.jp 
お申し込みはこちらから

2012年10月

Yoko Makino Policy Series
"NAIIC Report on Fukushima: Lessons Learned & Next Steps Forward"
Date & Time:   Wednesday, October 17, 6 PM
Place:  Japan Society
333 East 47th Street  New York, NY 10017
Register online or send email to register@japansociety.org.

For information only, please contact the Corporate Program at +1-212-715-1208.

 

Fukushima Nuclear Accident Independent Commission
Date & Time:   Tuesday, October 16, 3:00pm – 4:30pm 
Venue: CSIS 1800 K St. NW
           Washington, D.C. 20006
           4th Floor Conference Room
Register online
当日の様子 NHKのニュース記事はこちら
 

第42回日本腎臓学会東部学術大会
日時: 10月14日(日)11:00-11:40(基調講演)
場所: 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
          新潟県新潟市中央区万代島6番1号
演題名: 「新生日本の課題」
問合せ先: 
  <大会事務局>
    新潟大学大学院腎泌尿器病態学分野
       電話 025-227-2291 FAX 025-227-0784 
  <学会運営事務局>
    株式会社新潟コンベンションサービス
       電話 025-240-5400 FAX 025-240-5432
       E-mail office@niicon.jp

 

アジア・イノベーション・フォーラム(AIF)2012
カオスから産まれるイノベーションーアジアの挑戦 日本の活路ー

日時: 2012年10月13日(土)10:00-10:25 主催者講演
              10:30-12:00 パネルディスカッション
                「福島の1年半を振り返って:復興を超えた新都市OSの構築」
場所: 政策研究大学院大学 1階 想海楼ホール
        東京都港区六本木7-22-1 
連絡先: アジア・イノベーション・フォーラム(AIF)2012 参加登録事務局
          Tel: 03-5159-2114 FAX:03-5159-2113
          E-mail: registration@aif21c.com 
           (土日、祝日を除く 10:00-18:00)
お申し込みはこちらから

 

シンポジウム「グローバルヘルスと企業戦略:多様かつ革新的なパートナーシップ・モデル」
日時: 10月11日(木)15:00-18:00
場所: 富士フィルム株式会社 東京ミッドタウン本社2階 カンファレンス・ルーム
問合せ先:「グローバルヘルスと企業戦略」シンポジウム日本事務局
       特定非営利活動法人 日本医療政策機構内 担当:杉山・山口
         TEL: 03-5511-8521(代) FAX: 03-5511-8523
                  e-mail: symposium1011@hgpi.org
お申し込みはこちらから *10/9まで
 

 

原子力発電所事故の影響に関する国際会議
ー原子力発電所事故の教訓・過酷事故発生時の世界の科学アカデミーの役割ー

日時: 2012年10月10日(水)13:30-18:00
         *13:40-15:20のSpeechi Sessionに参加
場所: 日本学術会議 講堂
       東京都港区六本木7-22-1
問い合わせ先: 「原子力発電所事故の影響に関する国際会議」事務局
            TEL: 03-6215-8506

 

~日EU科学政策フォーラム~
 「日本の新しいエネルギーミックス―信頼できる政策構築に向けて」
日時:    2012年10月6日(土)13:00-17:15 
         *13:50-14:30 パネル1「過去の教訓からー福島原発事故調委員会」に出席 
場所:    グランドプリンスホテル京都
             京都府京都市左京区宝ヶ池
言語: 日英同時通訳付き
参加費:無料
申し込み・問い合わせ先: 駐日欧州連合代表部科学技術部 
               delegation-japan-st@eeas.europa.eu
             *氏名、所属、肩書き、メールアドレスを記載の上
              「10/6セミナー参加希望」というタイトルで
              10/3(水)18:00までにメールをお送り下さい。

2012年7月

GRIPSフォーラム
「福島原発事故:学ぶこと」

日時: 7月9日(月)16:40-18:10 *質疑応答含む
場所: 政策研究大学院大学 1階 想海楼ホール
        東京都港区六本木7-22-1 
連絡先:政策研究大学院大学
     Tel: 03-6439-6036 Eメール: gripsforum@grips.ac.jp

お申し込みはこちらから
      *講演は英語で行われます。同時通訳あり。
      *当日は個別の取材はご遠慮ください。

2012年6月

第55回日本腎臓学会学術総会
委員会企画1: 男女共同参画委員会企画プログラム
対談 「男女共同参画に関する腎臓学会への提言」
~現在の必然を過去から理解し日本のglobalizationを考える~

日時: 6月2日(土)14:25-15:25
場所: パシフィコ横浜 会議センター1階 第一会場
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

*桃井眞里子先生(自治医科大学)との対談。
内田啓子先生 (司会)
運営事務局: 第55回日本腎臓学会学術総会運営事務局
TEL: 03-5842-4131    FAX: 03-5802-5570
                 E-mail: jsn55@umin.ac.jp

*参加にあたり、事前登録は行いません。

参加希望の方はこちらをご覧下さい。

2012年2月

アイハウス・パブリック・プログラム
「日本英語の勧め」 *パネリストとして出席

日時: 2012年2月8日(木)19:00-
場所: 財団法人国際文化会館 講堂
        東京都港区六本木5-11-16
*ご予約が必要です。お申し込みは こちら
連絡先: 国際文化会館 企画部
      TEL:03-3470-3211(土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
      FAX:03-3470-3170

 

福島大学大学院東京サテライト開設記念フォーラム
日時: 2012年2月6日(月)9:50-13:00
          *うち、パネルディスカッションに参加
場所: 政策研究大学院大学 想海楼ホール
           東京都港区六本木7-22-1
*詳細はこちらから

2012年1月

MIT Media Lab @Tokyo 2012
「The Power of Open, Scaling the Eco System」

日時: 2012年1月17日(火)10:00-18:30(その後レセプション等あり)
      *うち、11:15-12:45 Panel Discussion: "Japan on the Global Stage"にパネリストとして出席
      *プログラムは「タイムテーブル」をクリック
場所: 電通ホール
     東京都港区東新橋1-8-1
       *地図は「アクセス」をクリック
チケット購入はこちら
連絡先: info@media-lab-tokyo.jp

2011年12月

”大学院”改革なくして大学改革なし
   大学院学位プログラムの再構築と展開

日時: 2011年12月13日(火)13:30-15:00(質疑応答含む)
場所: 剛堂会館(明治薬科大学)会議室
       東京都千代田区紀尾井町3-27 
演題名: 「大学院教育の新パラダイム~21世紀の”知”への挑戦~」
連絡先: 地域科学研究会 高等教育情報センター
         TEL:               03-3234-1231          FAX:               03-3234-4993        
         E-mail: kkj@chiikikagaku-k.co.jp

 

Economist Conferences ジャパン・サミット2011 
"現状維持"の代償

日時: 2011年12月12日(月)8:30-18:00
場所: ホテルオークラ東京
      東京都港区虎ノ門2-10-4
参加セッション: 15:50-16:50
      「グローバリゼーション:日本におけるヒューマン・キャピタル戦略」
             *パネリストとして参加
             *プログラム詳細は画面中央の「PROGRAMME」をクリックしてください
連絡先: お申し込みはこちらから *画面中央の「REGISTRATION」をクリックしてください。

 

Dialogue for Global Innovation ~基礎研究の経済的・社会的インパクトに関する検討~

日時: 2011年12月1日(木)10:00~17:50
               *基調講演は10:05~10:45
場所: 政策研究大学院大学 想海楼ホール
         東京都港区六本木7-22-1
演題名: 「イノベーションのための政策」
連絡先: お申し込みはこちらから 
         

2011年11月

緊急フォーラム「グローバルに考える被災地の今
~健康・医療分野における日米協力オープン・ダイアローグ~」

日時: 2011年11月11日(金)13:00-16:00
場所: コラッセふくしま 多目的ホール
        福島県福島市三河南町1-20
連絡先: お申し込みはこちらから

 

Hayman Islandへ再び

English

沖縄から帰り、高校生対象のLiberal Artsの最後の前日の夕方からTalent Show、素晴らしいピアノ(セミプロ級、、)をはじめ、いろいろなPerformanceを皆さんと楽しみました。夜は旅館へ戻って皆さんのReflectionに参加、あと1日でこの画期的な試みは終わります。

翌日25日から、去年大いに楽しんだADC Forum参加へ、Great Barrier ReefにあるHayman Islandへ向けて出発。Sydneyからチャーター便でHamiltonへ、そこから高速船を乗り継いでHayman Islandに到着。荷物がつかない。でも、一休みして、セッションへ。

翌日はBBCのNik Gowingの「Acute vulnerability for business, governments and systems in the new public information space」というタイトルの迫力ある話に始まりました。最近の中東、ロンドンまで広がるデモ、Norwayの乱射事件、米国の政治状況など。日本の津波、原発も入っています。

この日、私は「Green Growth approaches ? any easier now?」、「The reconstruction of Japan」のパネル。 このパネルの一人IMDのProf Jean-Pierre LehmanはDavosの常連ですが、若いとき日本で勉強、丸山真男先生にも学んだそうで、ちょっとその話をうかがいました。また、「Lenses on science ? frontiers in the information revolution」の司会、Drs Robert Bishop , John Mattick , Aaron O’Connel  が、それぞれ、Virtual human brain、non-coding ‘junk DNA’の意義について、またQuantum mechanicsについてのコメントです。私は、Ray Kurzweilの「The Singularity is Near」に触れながら司会を始めましたが、皆さんのプレゼンはなかなか難しく、チャレンジだったと思います。

特にQuantum mechanicsをスライドなして話すのは難しいでしょうね。Dr O’Connerは今年のTED2011資料1)でもこれについて話していますが、皆さん、いかがでしょうか?ここでは、彼のプレゼンとウェブ上での議論も見ることができます。

翌日は最後のClosing panel(写真)に参加、閉会後30分に船が出るのでカジュアルでパネルへ。いい議論が進みました。

素晴らしい場所で、素晴らしい方たちに会え、友人に再会し、しかし、忙しくて部屋のすぐ外のプールへ(写真)、という時間もありませんでした。

HamiltonからSydneyへ向かいます。