Inter Academy Council(IAC)会議 in Amsterdam

31日からアムステルダムに移動しました。空港で日本学術会議の西ヶ廣局長と合流し、小町大使公邸にこの一年のご支援に感謝を申し上げに行きました。

私も参加しているIAC(Inter Academy Council)については、ブログでも何回か触れていますが、今回3つ目の報告書「Gender in Science」がほぼ出来上がり、更に、エネルギーStudy Groupを立ち上げたりと、気候変動等の分析、政策提言へ向けて活動しています。日本からは東京大学の山地賢治教授が参加しており、後1年余で完成するとの報告です。座長の一人は、1997年Nobel物理賞を受賞したSteven Chu教授で、彼はCO2の出ないエネルギーの研究を始めようと、2年前にStanford大学からLawrence Berkeley Research Laboratoryの所長へと移りました。このNobelのサイトで彼が書いている自伝(autobiography)から、何か感じ取ることがあると思います。素晴らしい人物で、かつ大変頭の切れるすごい方です。生物学対象の遺伝子情報の読み取り転写等の研究を進めていますが、エネルギー問題に関するお話を聞いていると、その造詣の深さに驚かされます。Chu氏は私も関わっている沖縄の大学院計画の運営委員でもあります。

一方で、このような科学者からの地球規模の問題についての提言は大変期待されてはいるものの、ここでも資金が問題となっています。これまでに2つのIAC報告が2004年に国連のAnnan事務総長に提出され、昨年のMillennium Summit報告にも掲載されましたが、これらは資金があって初めて出来ることです。事実、第1報はSloan財団からの支援、第2報は国連からの支援で実現されたのです。

去年12月に就任した英国のRoyal Societyの新会長、天文学者のMartin Rees氏にお会いしました。Cambridge大学のTrinity CollegeのMasterでもありますが、本当に素晴らしい方です。今年のG8についても少し議論しました。

「地球環境 危機からの脱出―科学技術が人類を救う」 (ウェッジ選書)

2004年の11月に帝国ホテル(東京)で行われたJR東海の「高速鉄道国際会議2004 ~東海道新幹線開業40周年記念~『地球の未来のために』-高速鉄道 は何ができるのか-」での会議内容が、ウェッジ選書より出版されました。私は第2部の「閾値を超える日が来る前に」にパネリストとして参加しています。環境問題を身近な問題として捉え、現時点での取り組みと問題点をわかりやすく討論しています。日本からの参加だけではなく、英国上院議員のデヴィッド ・ハウエル卿やアースポリシー研究所長のレスター・ブラウン氏も参加されました。

科学技術の急速な進歩によって引き起こされた現代社会の問題は、従来の政治・産業・経済・学問等、それぞれの世界だけで解決するにはあまりにも問題が大きいのです。今、環境問題は科学者や有識者だけでなく、皆さんも真剣に取 り組まなければならない問題です。「持続可能な社会をいかに作るか」、是非 この本を手にとっていただき、身近なところから環境問題を考えてみませんか。

「地球環境 危機からの脱出―科学技術が人類を救う」
レスター・ブラウン (著), 黒川 清 (著), 十市 勉 (著), デヴィッド ハウエル (著), 薬師寺 泰蔵 (著), Lester Brown (原著), David Arthur Russell Howell (原著)

2006年2月

言論NPOメンバーフォーラム朝食会
日程: 2006年2月7日(火)
会場: パレスホテル

成蹊医会
日程: 2006年2月11日(土)
会場: ニュートーキョービル9階 「ラ・ステラ」
演題: 「医療政策のゆくえ」

特定非営利活動法人 日本医療政策機構 第2回シンポジウム
「日本の決断-国民が真に求める医療政策とは」

日程: 2006年2月18日(土)
会場: 国連大学ウ・タント国際会議場
演題: 「日本の選択肢」(パネルディスカッション)

「フォーラム "社会の中の科学技術"」勉強会 (closed meeting)
日程: 2006年2月21日(火)
会場: 日本工業倶楽部
演題: 「これからの日本学術会議の役割」

BTJジャーナル創刊記念セミナー
「科学者の論文捏造事件の背景とその防止策」

日程: 2006年2月24日(金)
会場: 青山TEPIA
演題: 「論文捏造事件と科学の危機」

Millennium Development Goals (MDG) in Stockholm

Jeffrey Sachs氏というColumbia大学の教授を知っていますか?2000年から2005年まで、5年の歳月をかけて国連の「Millennium Development Goals(MDG)」という報告書(世界の国が2015年までに諸問題に対しどこまで達成するかをプッシュしようという極めて大きなビジョンを持ち、しかも具体的な提言。日本学術会議の「日本の科学技術政策の要諦」でも、「MDG」について述べてあります。)を作成し、昨年の1月に発表されました。「The End of Poverty」という本でも出版されています。途上国開発の顧問等として、いつも忙しくされています。とても立派な方ですが、少しも威張らない、ニコニコした素晴らしい方です。

29日の夜にDavosからStockholmに入り、このSachs氏たちがKarolinska InstituteのNobel Forumで開催した、「Malaria and Forgotten Infectious Diseases」という会議に参加してきました。MDGのゴールに向け一歩でも前進させるための具体的な知恵、戦略について議論するものでした。(この会議については、http://www.unmillenniumproject.org/stockholm/index.htmで見ることができます。)

Sachs氏の企画にMillennium Villege(MV)というプログラムがあり、AfricaのKenyaとEthiopiaで1箇所ずつ活動が始まっています。子どもの教育、栄養、食料、病気と健康等について、約5,000人の村の地元の人たちを主体としてアフリカの生活を少しずつ向上させようというものです。MVについてはNY Academy of SciencesのPresident Ellis Rubinstein氏のコラムにわかりやすく書かれています。

去年9月の国連Millennium Summitで日本がこの8つのMVを支援すると宣言し、国連関係者の中では高く評価されました。この運動をもっと広めて行きたいのですが、日本ではほとんど報道がされておらず、知られていないのが現状です。そこに役所主導の政策の弱点があるのです。私企業では考えられないことですね。日本のODAも、もっともっとよく考えないといけません。

会議は100人程度の規模でしたが、勿論Africaからの参加者が多く、パネルでは「ODAなどの支援は、MV のような地元密着型、住民参加型でなければ上手くいかない」ということと、日本のMV支援について紹介しました。実際の成果を、Kenyaの厚生大臣Ngilu女史(私と共にWHOのCommissinerをしています)に聞いてみたところ、彼女もMVモデルを高く評価しており、もっと増やして行きたいといっていました。子供たちは勉強し、健康になり、畑や水も、日常生活が明るくなっているということです。やはり、ODAは地元にあったプログラムでないといけませんね。教育、健康、栄養、農業等々、地元優先が基本です。そして一人一人にプライドを与えなければいけません。Sachs氏も一歩でも前進する具体的な提案が必要だと繰り返し言っていました。ここでは先進国の大学生などの参加も大変期待されています。

ご存知の通り、このKarolinska InstituteはNobel医学生理学賞の選考・発表が行われるところです。Karolinskaには、5年前から日本の学術振興会の事務所が置かれており、パネルには、現在所長をしておられる遺伝学で有名な岡崎恒子先生も参加してくれました。

滞在中にはKarolinska所長のHarriet Wallberg-Henriksson氏、在Sweden大使、また、Nobel MuseumのLindqvist所長、Royal Society(Nobel物理、化学受賞者の発表のあるところ)の事務局長OEquist博士等に会食等にお招きいただきました。来年はこのRoyal Societyを創設したLinne生誕300年です。そういえば今年はMozart生誕250年ですね。

ダボスから(3)-一流大学人の価値観、情熱、社会的ミッション

朝早くから、Cambridge大学のVice Chancellor Allison Richard氏(Vice Chancellorですが事実上のトップで学長です。以前に何度か紹介していますが、2年前にYale大学のProvostからスカウトされた女性です。)を囲んで朝食をとり、10人ほどで1時間少々彼女のビジョンを聞きました。特に私が感心するのは、Harvard大学学長のLawrence Summers氏、Yale大学学長のRichard Levin氏、Columbia大学学長のBollinger氏もそうですが、彼らは、大学はまず「教育の場である」という認識がはっきりとしているところです。国内ばかりでなく世界中から優れた学生(大学院ではありません)にいかにして来てもらうか、そして、入学した若者達をいかにして育て、世界に送り出すかを一番大事なことと考えています。大学は学部教育が一番大事、世界から素晴らしい若者に来てもらう、教育をどうするか、ということを繰り返し、異口同音に言います。例えばColumbia大学は、学部学生の15~20%が、大学院では50%が外国人だそうです。

アメリカでは9.11以後、ビザの取得が厳しくなり、海外からの学生が減ってきていることに皆が懸念を示しているのに、経済大国の日本の大学は何を考えているのでしょうか?と言うのが、いつも私が行っている主張、発言の趣旨なのです。世界で一流と考えられている大学のリーダー達からは、もっとよい世界を構築するのに貢献したい、そのような若者を国の内外から一人でも多く社会に送り出したい、という意気込みが感じられます。これこそが教育者の第一義的な社会的責任ではないでしょうか。私も本当にその価値観に共感します。

ところで、1/26のブログでも紹介したMIT初の女性学長のSusan Hockfield氏は、このAllison Richard氏の後任としてYale大学のProvostになった方です。それがわずか1年でMITのトップに招聘されたのです。日本でもたまにはこんなことが起こると、世界が驚くでしょうね。日本も変わるのかな?とね。立命館大学の大分キャンパス、Asia Pacific Universityは学部学生の40%強が外国からの留学生で、学長もMonte Cassimさんというスリランカの方です。去年の12月に講義に行きましたが、200人程の教室で70%程度が留学生でした。日本の若者にもよい影響を与えているようです。こんな大学、クラスがもっと増えると良いですね。どう思います?いやですか?

ダボスから(4)-小泉改革の話題

28日の午前は日本の話題があがりました。「Quiet Revolution of Junichiro Koizumi」というもので、タイトルはすごいですね。中川秀直議員、竹中平蔵大臣も登場し、Kimmit米国財務次官、AIGのNo.2だったKanaks氏(私の友人です。今度AIGを辞めますが、、、)なども参加していました。司会はNHKアメリカ総局長の藤沢氏で、なかなか面白かったです。しかし、聴衆の数はというとあまり多くはなかったですね。皆さん、ご苦労様でした。

イラクのセッションでは、イラクのハムデイ憲法委員会長、イランのサルミ開発大臣、ムーサアラブ連合事務局長等のアラブのリーダー、米国はゼーリック国務省次官、英国ストロー外務大臣等々が参加したパネルで、すばらしい討論が展開されていました。対立はしていますが、まずはレトリックが上手です。感心します。ちょうどパレスチナの選挙では、驚くことに「ハマス」が多数を獲得し、今日の中東問題、パレスチナ、イスラエル問題のセッションは、なんともいえない微妙なタイミングでした。

その後すぐにClinton元大統領とダボス会議議長Schwab教授の1時間ほどの対談がありました。まず、一番の心配事は、と聞かれて「気候変動だ」と。2番目は「政治経済が世界の大部分の人たちの幸せにつながっていないことだ」、「世界の人はもっと弱者、貧困への配慮が必要だ」と。3番目は「宗教的、文明の違いを超えたHumanityのグローバル社会を」と。しかし、マキアヴェリ、ウェバー、チャーチルを引用したり、即興でウィットのあるコメントしたり、Clinton氏は話で人の心を掴むのが本当に上手です。たいしたものです。国際的にも支援者は多いですね。

午後は、中川農林水産大臣が参加した「A Trade Compromise, for Now?」があり、これもなかなかよかったです。

ダボス会議の歴史や運営等に意見や見解の相違はあるでしょうが、それなりの実績のある国際的舞台になっているのは事実です。今回日本から3人の現職大臣を含めて中川政調会長、町村、川口両大臣経験者、また例年のことですが古川元久氏等の政治家の参加数が増えたのはよかったことだと思います。日本は何はともあれ経済は世界第2位の規模なのですから、それを反映させるように積極的に参加する企業リーダーがもう少し増えてもいいと思います。IBMの北城氏、ソニーの出井氏、野村ホールディングスの氏家氏、日本郵船の根本氏、日本碍子の柴田氏、キッコーマン、帝人、NHK、朝日、日経等も常連ですが、もっと多くてもいいように感じます。2,600人程の参加だそうですが、名簿で見る限り忙しい人達ばかりですし、特に政治家は当然ですが予測できませんから、最終的な参加者数とは異なるでしょう。大雑把に見て日本の参加者は全体の1.5%ぐらいですね、お付きの人は別として。

明日から、Stockholmへ移動し、Karolinska研究所(ノーベル医学生理学賞を選考するところです)で、Millennium Development Goalsの一部ですが、委員長をしているJeffrey Sachs氏たちと「Malaria」について会議です。

ダボスから(2)

今日は皆さんもよくご存知のHarvard大学のMichael Porter氏らと「The Future of Healthcare」というパネルに出ました。いやいや、これは本当に難しい問題ですね。医師は私だけで他は企業人、経営者でした。Porter氏はアメリカの医療についての本を執筆されたそうで、これは4月に出版されるそうです。そこで、日米医療の比較等から議論を始めないか、という話になりました。一橋大学大学院の竹内弘高教授、石倉洋子教授(今度の学術会議の副会長の一人)らがPorter氏の友人ですし、これは面白いかもしれません。日本でもどこでも、医療制度は大きな課題なのに中々先が見えません。

午後はBBCの雇用問題のセッションにも参加しました。米国の労働長官Elaine L Chao氏にもお会いしました(彼女のすぐ後ろに座っていたのでBBC放送で私を見かける人もいるかもしれません)。米国で初めてのアジア人女性の政府高官です。すごい経歴(Mt Holyoke College, MBA at Harvard, studied at Dartmouth, MIT, Columbia)ですが、まだ50歳になったばかりです。アメリカのエネルギー、ダイナミズムを感じます。しかし、人口が増え、中国、インド、イスラム、ラテンアメリカ等の経済成長と共に、雇用はどうなるのでしょうか?労働力が増えたらそれに伴って世界経済も成長するでしょうか?これは重要な問題ですね。経済と雇用は密接につながっていますからね。どんな経済が成長するのでしょうか。雇用が生まれなければ、失業者は増加し、不満はつのる一方ですね。グローバル時代の世界はどこに向かっているのでしょうか。

夜は、Japan Dinner Receptionがありました。今回のレセプションはこの3年で一番よかったかもしれません。多くのアジアからの参加者たちも来られましたし、この3年で始めて「寿司」が出ましたよ。新聞にも出ていたと思いますが、自民党の中川秀直政調会長、二階俊博経済産業大臣も来ましたし、経済同友会代表幹事で日本IBMの代表取締役会長でもある北城恪太郎氏、SONYの出井伸之氏、JETROの渡辺修理事長等々も来ていました。私としてはしばらくぶりに環境問題の大御所Lester Brown氏と会えたのがうれしかったです。Michael Porter氏も後から駆けつけてくれました。

レスター・ブラウン氏も参加した、「地球環境 危機からの脱出―科学技術が人類を救う」が出版されました。

ところで、去年は英国のBlair首相(GatesとBonoなどもそうでしょうか)が、一昨年は米国のPowell国務長官が一番スポットを浴びていたように思います。世界の動向からしても当然ですね。今年もGates、Bonoはマラリア、結核等の問題に積極的に発言しています。世界的な視野で何が出来るか、何をするのか、一人ひとりが考え、例え小さくても発言し行動するのは大事です。

写真: BBCニュース 米国労働長官 Ms.Chaoと私です。

Dsc01699_4Dsc01697_5

ダボスから(1)

25日から「ダボス会議(World Economic Forum)」に来ています。6年連続の出席ということになります。今年はなんと言っても「チャイナ、インド」が話題の中心です。勿論、アラブ問題、世界経済の動向、貧困等々、多くの問題を抱えていますが、全体のトーンは去年とはかなり違うと感じました。ドイツのメルケル新首相の登場と演説は極めて好評でした。去年はブレア首相の歴史に残るかもしれない名演説で始まり、これが同年7月のG8サミットのテーマとなりました。後からの検証になりますが、去年はG8学術会議がこれらのテーマに対して積極的な活動をし、気候変動とアフリカ問題のG8共同宣言を発表したという、科学者たちが国際政治のアジェンダに大変大きく関わった年だったと思います。これらについては2005/7/102006/1/12のブログでも取り上げています。

私がダボス会議に参加するようになったのは、これからの国際社会問題には企業、政治のみならず、科学者の関与が大事であると認識したからです。そしてこの動きはInter Academy Council(IAC)創設等へのきっかけにもなり、さらに、9.11後の2002年には例外的にニューヨークでの開催でしたが、その時から宗教各派のリーダー達も参加するようになりました。

去年からは主要大学学長の会合の場も設けられ、今年は東大の小宮山宏学長も来られました。小宮山氏とは往路が一緒の飛行機でお話する機会がありましたが、なかなか前向きに動き回っていていい方だと思います。26日の夜には東大主催のレセプションがあり、日本の政治家では町村信孝氏、川口順子氏が参加されました。またMIT学長のSusan Hockfield氏も来られて色々お話ができました。Hockfield氏はこの数日前に東京にいらっしゃっていたので、一度Bostonに帰ってからDavosに来たのか聞いたところ、14歳の娘がいるから1度戻られたとのことでした。

ところで“Science in the Wild”という妙なタイトルのパネルに参加しましたが、司会がLancetの編集長をしているHorton氏で、今回はじめて知り合うことができました。まだ45歳です。しかしみんな若いですね。うらやましいです。ダボス会議でいつも思うのですが、どの分野でも世界のリーダーというのは若い人達です。これは私の持論ですが。2003年と2004年のダボス会議についてもブログに書いていますので、是非見てくださいね。また、この会議については http://www.weforum.org/ も見てください。

宇沢弘文先生の思想に触れる:医療政策の基本理念-ワシントンから

去年の暮れに経済学者の宇沢弘文先生と鼎談をしました。宇沢先生は私が心から尊敬する、数少ない本物の学者のお一人です。

この鼎談は、宇沢先生の他にもうひと方、やはり私の尊敬する賛育会病院院長鴨下重彦先生との三人で行いました。司会はこの鼎談を企画した「DOCTOR’S MAGAZINE」を発行する、メディカル・プリンシプル社中村敬彦社長です。この鼎談は「DOCTOR’S MAGAZINE」2006年1月号に掲載されました。宇沢先生の思想の一部に触れることが出来ますので、ぜひ読んでみてください。お勧めです。

 「鼎談、経済学者宇沢弘文氏を迎えて:社会的共通資本という視点から医療を語る」

また、鴨下先生が書かれたコラムを紹介します。こちらを読んでもらえれば、先生のお考えの一部に触れることが出来ると思います。こちらもお勧めです。

 「私が見た南原、矢内原時代」