UCLA同窓会

またまたご無沙汰してしまいました。とっても忙しくて、どうしようもないですね。

ところで、先週文部科学省の幹部の方々のお招きを受けて、90分間の講演をさせてもらいました。日本の問題についてで、今年の医学会総会での特別講演と同じような内容です。日本の歴史、リーダーの歴史観の欠如とその背景と理由、「高学歴社会」とは「高卒の学歴社会」というような趣旨で、東洋医学での講演とも同じラインの内容です。

また今度、科学新聞に掲載された「黒川対談 第5弾」でJR東海社長の葛西氏と話した内容とも通じるものです。この対談はずいぶんとお褒めの電話や、メールをもらいました。ぜひ読んでください。どのように思われるでしょうか。感想もお寄せください。

ところで、14日の夜はUCLAの同窓会があり、欠席の予定でしたが、急遽今週の予定の渡米がキャンセルになったので出席して、UCLAからのお客さんや、学生さんたちとお会いしました。何人かの日本の学生さんもお客さん
で来ていましたが、アメリカの学生さんに比べるとなんとなく元気がないように感じたのはなぜでしょう?トルシエ監督の助手を務めたおなじみのフランス人、タバチー山河も来ていて、大変よい話をしてくれました。彼はなんとフランス人ですが、多くのフランス人と同じようにアメリカが好きで、大学はUCLAでした。驚きですね。大学は人生で自分の向上と、将来を見つめる大事な機会というとても感動的な話をしました。そして、サッカーのナカタが「私にとってサッカーは仕事だ。今一番したいことは大学で勉強したい。特にコロンビア大学へ行きたい」という明確な希望をもっていること、このような明確な希望をもつことの大切さ、自分を見つめ、若いときに「内なる燃える炎」を見つけることの大事さを強調していました。まだ29歳なのですよ。すばらしいですね。ちなみに彼は別にサッカーが好きというわけではなくて、アメフトとアイスホッケーが大好きだそうです。

一人一人は違うのです。何で、既存の価値観にとらわれるのでしょうか。それこそが「個」なのです。世界は広いのです。人生は一回限りです。若ければ若いほど可能性はあるのです。「バカの壁」に、とらわれずに大きな希望を見つけてほしいと思います。

卒後研修のマッチングの結果が発表されました。始まったばかりですから、問題はいろいろあります。だけどこれは第1歩に過ぎません。医学生、研修医、医師すべてが「他流試合」の推進に、前向きに取り組むきっかけと考えてくださいね。

最近、刺激的な文章を「文部科学教育通信」(No.87.11月10日号)に、教育、学術、世界の変化とその背景等についてのインタービュー記事が掲載されました。

日本の名医30人の肖像

Book20031113

日本の名医30人の肖像

ドクターズマガジン (著)

日本人にとって、最近まで「山」といえば富士山でした。確かにその姿は美しく、我が国でもっとも高い山です。しかし、世界を見わたすと実にさまざまな山がある。標高の高いところでは、エベレスト、K2、キリマンジャロなど。富士山より高い山の数は、たぶん日本人の想像を越えているのではないでしょうか。

このように長い間、日本人は世界レベルでものごとを見てこなかった。見る余裕や必要性がなかったせいでしょう。しかし、現在のような国際社会では、外の世界を見ないではすまされません。日本が世界各国に取り残されず、先進国としてしっかりと役割を果たすためには、若い人材にどんどん外の世界を見せていかなければならないのです。世界に通用する優秀な人材を育てるのに必要なのは、カリキュラムの改訂でもゆとり教育でもありません。若いときに世界の高い山々を見せればいい。そういう機会をつくることこそ今、求められている教育であると思います。

私は、東京大学、東海大学の医学部で教鞭をとっていたときに、定期的に海外から教授や学生を招いたり、学生たちに短期留学をさせるなど、外の世界を見られる機会をつくってきました。そうしていると、アメリカでレジデントをしてみようかという気概ある学生も出てくる。押しつける必要はありません。見せれば、白然と広い視野は身についてくるものです。

今までの日本の価値観は画一的で、国内の序列で一流とされる大学を出た人間ばかりがもてはやされてきました。めざすべき人間像に関しても、決まりきった単一のものしか示されてこなかった。しかし、グローバリゼーションの時代では、いろいろな生き様の価値観が提示され、それぞれの価値観を認める社会が大事。いろいろな選択肢があり、自分は何をしたいのか、選択肢を与えることが肝心です。

医師についても、医療界は閉鎖社会で、一般の方はどのような医師が日本にいるのかを知らず、医療界に身を置く者でさえ、特に若い医学生などは医局講座制の狭い社会の中で志はあっても確固たる目標を持てずにきました。そのような中、必要とされているのは、外の世界を見せるメディアです。私は、教職を辞した今でも自分の大きな役割のひとつは、それだと考えて活動をしています。めざすは、大リーグで活躍する野茂投手やイチロー選手の姿をライブで伝えるBS放送のようなメディアの役割です。

『ドクターズマガジン』の「ドクターの肖像」では、既成のレールや価値観に縛られずに自らの力で道を切り拓いたさまざまな医師の生き様が紹介されています。日本のさまざまな山を見せてくれるメディアとして共感を覚えずにはいられません。今回、それがまとめられて単行本となったのは、たいへん喜ばしいこと。一般の読者の方には、日本にも実に多彩に活躍する、すばらしい医師がいることを知るきっかけとなるでしょうし、医療界の人間にとっては、医師の生き方は決して決められたレールを歩くだけの選択肢しかないのではないと勇気づけられるはずです。

Blueprint for Japan 2002

私が「日本の問題」の根源について何度も書いているのはご存知の通りです。「内科学会総会」(平成13年9月、日本内科学会雑誌90巻臨時増刊号「日本のチャレンジ」)、「医学生のお勉強」等でくり返し指摘していることです。

ところで、これに関する大変面白く、また示唆に富んだ本が出ました。ぜひ読んで下さい。大変な日本通のアレックス・カー氏 (Yale Universityで日本学を専攻、日本に長期滞在し仕事をしておられます)による“Dogs and Demons”(2001年)という題ですが、「犬と鬼」 というタイトルで 講談社 から邦訳が今年出ました。いかに日本が土建国家であるか、その異常さと何がおこっているのか、何故変えられないかまでも、鋭く指摘しいています。何故日本は変われないのでしょうか。長野県でようやく今回の田中知事騒動で変わりそうですが、抵抗は強いでしょうね。三重県、宮城県、高知県、鳥取県だけが少しずつですが変化しています。なぜか考えたことがありますか?先日三重県の北川知事にお会いしてきました。何が問題なのかをみんなが一人一人自分の問題として考えて下さいね。

そこで、これからの具体的な課題として、来年1月にスイスで開催されるいわゆる「ダボス会議」(私は去年から参加しています)での発表に向けて、日本の若手のリーダー達が中心になって「Blueprint for Japan 2002」という提言を作成すべく活動を開始しています。私はソニーの出井さんや、東芝の西室会長とともにこれらの若手のリーダー達の応援団として参加しているのです。

Non-Fiction小説 “All the Shah’s Men”

すっかりご無沙汰してしまい、申し訳ありません。講演の予定などもこちらのサイトに掲載しているので、もしかしたらお会いしている方もいるのでしょうか。声をかけてくださいね。

この7月に臨床医師としては初めて、日本学術会議の会長に選出いただきましたが、この5年ばかりは科学アカデミーの国際的な動きがきわめて活発で(その理由などは「学術の動向」に書いています)、韓国アカデミーの訪問、尾身、細田両大臣とアメリカのワシントンへアカデミー訪問、それからサンデイエゴ、10月はジュネーブ、すぐに沖縄(新大学院のシンポジウム)、そして北京と行ってきました。その間にも国内各地にも行っています。また内閣府の総合科学技術議員もしていますので、毎週のように出かけては仕事をしています。

このサイトでご案内しているように、講演だとか、執筆の依頼は相変わらず増えています。そこでこれらを簡単に検索できるように、サイト内検索機能を付けました。利用してください。特に最近に出たものですが、東洋医学会での講演(2001年6月名古屋での講演)は歴史的な視点が協調されていて、ぜひ読んでほしいと思います。また、後日アップしますが、「科学新聞」にJR東海の葛西社長との「黒川対談 第5弾」が出ます。教育問題についてお話したので、是非読んでみてください。

ところで最近また強烈に面白い本を読みました。英語ですが実に面白い。なぜ、アメリカとイギリスが「イスラム国家の民主化」といっていることにイスラムが反発しているかを考えさせる、歴史物のNon-fictionです。“All the Shah’s Men”という最近出版されたもので、著者はNY Timesの記者です。来年あたり日本語で訳され出版されると期待します。こうしたNon-fictionが、このタイミングで出版されるということもすごいと思いますね。アメリカの健全なところです。はじまりはイランでの1953年のイギリス(チャーチル首相)とアメリカ(アイゼンハワー大統領)によるクーデター(これを行ったCIAのエージェントはルーズベルト大統領の孫なのです)によって、初めて民主的プロセスで選ばれたモサデク大統領を追い出し、Shahを英米の言いなりの国王にもどした事件です。このShahは圧政を敷き、結局24年後には追い出され、ホメイニ師が帰国、イランはきわめて宗教教条色の強い国になります。だから、イランやイラクの人たちはアメリカやイギリスの言う「イスラムの民主化」には何かおかしいと感じているのです。特に「インテリ層」は53年に起こったことを覚えているでしょうからね。さらに、91年の湾岸戦争を指揮したシュワルツコフ大将の父親は、この53年頃に10年にわたってイラン、イラクにいた軍人(元はNew Jerseyの警官でリンドバーグの子供の誘拐事件にかかわったそうです)で、Shahの父親の軍隊や秘密警察を作ったり、訓練していたのです。だから、人によっては「またシュワルツコフが戻ってきた!」と思ったかもしれません。「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものです。

2003年10月

第21回産業医科大学学会総会
日程: 2003年10月23日 
会場: 産業医科大学ラマチーニホール
特別講演: 「21世紀:日本の課題」

幹細胞移植フォーラム
日程: 2003年10月27日 
会場: 虎の門パストラル
演題: 「医師の姿」

セミナー「日本型大学改革」
日程: 2003年10月27日 
会場: KKRホテル東京
演題: 「産学連携、アメリカから見た日本の大学」

「アメリカ医学校サバイバルレポート」

Book20030902book_2

アメリカ医学校サバイバルレポート

荒田 智史 (著)

最近になって急に医学教育や臨床研修が大きな話題になっている。なぜか。それは私が何度も書いているように、情報の国際的な広がりとともに、広く国民の間で従来の「権威」に対する疑問が次々と表明されてきたことにあるといえる。世界的な広がりを持つ情報の交流は「隠し事」を許さなくなってきたのである。政治のみならず、官僚、大企業、警察等々のスキャンダルに事欠かないことを考えれば理解できよう。

従来の医学界は本当に「医師免許」を付託するだけの知識と臨床能力と心構えを持った医師を卒業させ、育成してきたのか、そのような目標で教育、研究をしてきたのか等々が疑問視されるようになってきた。

太平洋戦争後のアメリカ占領下、日本の医学教育、医学制度のあり方が「研究重視、臨床軽視」であることは指摘されていたにもかかわらず、根本的な改革はなされなかった「ツケ」が「情報化時代」になって噴出してきたのである。

これは何も医学に限ったことではない。大学教育についても多くの注文が出始めている。なぜか。それは国も社会も「良い大学―国の順序と偏差値重視」に入学することに価値を置いていたからにほかならない。「よい大学」へ進学すればよいのであって、大学教育へはそれほど社会は価値を置いていなかったからだ。入社してから教育するから、といっていたのはまさに社会であり、会社であったではないか。大学に責任を転嫁するのは間違っている。日本社会全体がこのような価値観で今まで人材育成の価値を見出し、期待してきたのだから。

しかし、医師は患者と「一対一」で対応し、多くの判断を求められる。時には待ったなしの「生きるか死ぬか」の判断が求められる。そこに「医師免許」というものの「重さ」があるのである。「眼科」だから、「皮膚科」だから対応できない、で済ませられる問題なのだろうか。

この数年に、アメリカで臨床研修を受けたり、医学教育を受けた人たちの報告や本(1)~(9)が広く話題になっている。なぜか。それは私がいつも言っているように、いわゆる「国際基準」ともいえるアングロアメリカンの実践的で優れた臨床能力を備えた医師の養成のプロセスがまざまざと見て取れるからであろう。

医師が、社会が、医師を一緒に育てていく心構えとそのプロセスは簡単にはできてこないであろう。アメリカでも20世紀初頭のフレクスナー報告までは、かなり質の悪い医科大学も多くあった。しかし、このような医師たち自身による医学教育への大改革を経て、いまやアメリカの医師の育成(医療制度は多くの問題を抱えてはいるが)は、国際的にも高い評価を受けている。しかもなお恒常的な改革が継続的に行われている。

東海大学ではもう何年も前から5年生を毎年15人程度、主として英米、そしてオーストラリアの医科大学へ、3~6ヶ月間派遣し、クリニカルクラークシップ(臨床実習)へ参加させている。情報時代の便利さで、彼らとは日常的にe-mailを交換している。私はいつも短くても学生への返事を最優先させている。このリアルタイムでの交流で、私が楽しみにし、強く感じることは、例外なく、学生の目がぐんぐんと開けていくさまが手にとるようにわかるということである。そして、医師としての自信をつけていくさまが身近にいるように感じられる。本当にすばらしい教育環境にどっぷり漬かっているのが実感されるのである。毎日毎晩、寝る間もない「サバイバル」の忙しさの中で、学生は疲れることを感じないで、自分達の成長を実感し、楽しんでいる。こんな教育が今までの日本の大学教育にあっただろうか。教育の違い、重要性がひしひしと感じられる。私も日米で長い間にわたって医学教育にたずさわってきたからこそ、この違いを身近に感じられるのである。

荒田君も頻繁にレポートをメールで送ってきてくれた。その観察眼、考察はなかなか的をついているし、また自分なりの評価点をつけたりして「創造的」であり、大いに楽しませてもらった。「荒田レポート」の一部は、東海大学の市村公一君が学生時代に立ち上げ、いまや全国に大きな広がりを見せている学生や若手の医師の情報交換の場となった「college-med」(10)にも、荒田君の許可を得て私なりに修飾した上で、皆さんにお送りした。楽しんでくれた人たちも多いと思う。もっと多くの人に読んでもらいたいと思ってここに一冊の本にして出版となった。

低迷する日本の将来は若い人材の育成にかかっている。若い人たちに広い世界の多くを見せ、実体験させて、それぞれの目標の選択肢を与えること。これこそが教育の基本である。決して古い人たちの価値観を押し付けてはならない。何しろ日本の「リーダー」たちは過去の人なのだから。世界はダイナミックに、しかも急速に動いているのだ。

2003年9月

未来構想戦略フォーラム
日程: 2003年9月12日 
会場: 東京産業貿易会館6階
基調講演: 日本の医療の課題

第6回医療機能評価研究フォーラム
日程: 2003年9月13日 
会場: 日本医師会館
基調講演: 評価のシステムと課題

神戸CKDフォーラム
日程: 2003年9月19日 
会場: ホテルオークラ神戸
演題: 糖尿病性腎症に対するロサルタンの臨床的意義 -RENAAL試験を中心に-

東海大学東京都後援会総会
日程: 2003年9月21日 
会場: 東海大学附属高輪台高等学校
基調講演: 21世紀 日本の挑戦

日本腎臓学会東部会
日程: 2003年9月26日
会場: 旭川市民文化会館・旭川グランドホテル
特別講演: 21世紀の医学の課題