日本学術会議が共同主催する国際顕微鏡学会に参加するため札幌に出かけました。この国際学会には天皇皇后両陛下も御臨席です。朝から、秋篠宮家で男子誕生の知らせが入り、両陛下にもお祝いを申し上げました。

学会会長の開会の挨拶でもこの慶事に触れられ、両陛下に大きな拍手が沸きました。天皇陛下のご挨拶では、1986年京都で開催されたこの学会のあとで、scanning electronmicroscopeを使い日本中にいるハゼには2種類あることを発見(天皇陛下はハゼ研究の分野では著名です)し、論文にされたことなどに触れられ、最後に「皆さんのお祝い、ありがとう」とのお言葉がありました。 これがこの日のテレビで繰り返し流れたのです。

この日の予定は以前から決まっていたことで偶然でしたが、私も運がいいな、と思いました。

会議には松田科学技術担当大臣もご出席され、帰りも同じ飛行機で帰りました。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.