Xiborgの遠藤さん、為末さん、おめでとう

→ English

最近いろいろなところで取り上げられている、Xiborg遠藤 謙さん123)。彼とは、彼がMITの大学院生のころからのお付き合い。PhDを取るまでガンバって、帰国してSONY Computer Science Laboratory(CSL)に。為末 大さんたちと会社を立ち上げ、今度はついに、小池都知事就任で初めて真相が分かってきた話題の豊洲で、素敵な実験的運動場 Brillia Running Stadiumを立ち上げました。所長は為末さん、12月10日の開場式に行ってきました。

東京オリンピックでも使用される材料でできているトラックもあり、障がい者をスーパーマンにしようという高い目標も視野に入れています。

大きな目標で世界を目指して、何年もかけながら、苦しさを乗り越えて活動している若者たち。素敵です、いつも元気と感動をもらっています。

このような若者たちが、停滞する日本を変える力です。東京オリンピックでメダルを目指そう!もちろん、ですよね。

 

トロントへ再び

→English

今年になって、トロントはすでに3回目です。今回は2013年の英国G8サミットで合意されたWorld Dementia Councilを継承した新たなに組織の会合です。

このWDCの前の数日にわたって、世界認知症学会がトロントで開催されていたので、この日程になったのです。

到着後ホテルにチェックインしてから、ご当地のToronto Blue JaysとSan Diego PadresのMLBゲームがあるので観戦に行きました。ほぼ満員の球場で、外野のかなり上の、急峻な場所の席しかありませんでした。私は7回の表で球場を後にしましたが、翌日の新聞を見ると、なんと12回までの延長戦、しかも12回表の2点差を”劇的な経過”で3点を取って勝ったサヨナラゲーム。みなさん大興奮だったと想像できます。

このゲーム経過などについては以下の記事とビデオをご覧ください。

さて、新しいWDCの会合ですが、いくつかのアジェンダについての小委員会の提案発表、それらのまとめ、そして次へのプロセスなど1)について議論しました。

今までは「英国政府の委員会」という立場でした。しかし今回からは独立している立場になったのですが、それをどのように広く関係各所に認識してもらうのか、という戦略的視点が不足しているように思いました。その点についてはいくつかコメントしました。これは考える以上に大変な課題であり、これからの活動に大事な基本的認識と思います。

高齢化社会先進国の日本はどのようにこの世界的課題である「認知症」に対応していくのでしょうか。5月の伊勢志摩でのG7サミット宣言の「2. 2. 5」で「認知症」も取り上げられています。9月の神戸でのG7厚生大臣サミットでも、この確認が必要です。何しろ認知症は「確実に予測される津波」なのですから。

Gairdner財団のJohn DirksGrand Challenge Canadaを率いるPeter Singer他の方たちにもお会いし、また中山総領事とは公邸で歓談の時間をいただきました。

特に今回は、2009年から始まったGairdner賞に創設されたGlobal Health賞(ノーベル賞の大村先生も2014年に受賞しています)に、今年で引退するDirks氏の名前が付けられることになった、個人的なお祝いの意味もあったのです。→English

トロントで

11月13日(金)の夕方、トロントに到着、ホテルに向かいました。到着早々、テレビでは一斉にパリのテロのニュースです。

今回のカナダでの講演も、このような世界の不安定化の背景などにも触れたうえで、グローバルヘルスの話をするのです。

14日(土)は、2週間前に終わったばかりのGairdner賞の委員長をしているJohn Dirksご夫妻、現地の三菱電機の代表をしておられる二宮さんご夫妻、トロントで世界一ともいわれる肺移植の指揮を執っている安福先生、アジア太平洋財団のお世話をしているChris Nakamuraさんたちと昼食、いろいろな話題が出ました。夜は二宮さんのご友人と一緒にプロのIce Hokeyのゲーム観戦。ご当地のToronto Maple LeafsがVancouver Canucksを「4-2」で接戦を制し、みなさん大喜びでした。

今年は、メジャーベースボールで地元のBlue Jaysが惜しいところでWorld Seriesへ行けず、川崎選手のいるチームですから、日本の皆さんもたいへんがっかりされたことでしょう。

16日(日)はSanta Clausパレードで、私の泊まっているホテルの前を通り、私の部屋からもよく見えて、なかなか楽しいものでした。夜は総領事館で中山総領事主催の夕食会があり、明日講演をするトロント大学のMunk School of Global Affairsの方もお見えになりました。Munk Schoolは、最近かなり名が知られるようになってきているように思いますが、現在、私が在籍している政策研究大学院大学と MOU2)を結んでいます。

翌日はMunk Schoolで久しぶりの講演1)。テーマがグローバルヘルスですのでGrand Challenge Canadaを率いているPeter Singerさんも参加してくれました。私もこのプログラムの一員を当初から務めています。

講演終了後、しばしの歓談後、オタワに向かいました。

元気な若者たち

→English

先週は、異人・変人の集まるSONY CSL遠藤 謙くんが、為末 大さん、RDSの杉原さんの3人が訪れてくれました。彼がMIT時代から進めていた義足などの研究をさらに進めるために起業したことを伝えに来たのです。

彼はMITでPhDを取得、その時代からのお付き合いです。See-D1)などでも協力してきました。

地雷や交通事故などで義足を使っているインドなどの貧しい人たちの支援を進める一方で、パラリンピックの選手の支援など、人間の可能性をさらに高める試みを始めています。彼のMITの先生の一人が、ことしのTEDで驚異的な義足の機能を見せてくれているHugh Herrさんです。こんなことが可能になると、パラリンピックの選手のほうが五体満足のオリンピック選手を超える記録を出すことも可能になるでしょうね。最近話題のコンピューターとプロ棋士の将棋の試合のように。

そこへWHILLの杉江くんも、本拠地をシリコンバレーに移して以来ですが、遊びに来てくれました。これは日本を代表する4つの企業の若いエンジ二アたちが立ち上げたベンチャーです。そして彼から、特異な才能を秘めている、また普通の勉強になじまない子供たちの教育支援の活動をしているWINGLE1)の長谷川さんを紹介されました。

先日も紹介したばかりのTeach For Japanの松田くんも、朝日新聞Globeで紹介されていましたね。

いろいろなところに、行動する、素晴らしい人たちがいます。

San Franciscoへ

→English

San DiegoからSan Franciscoへ。今年3回目1)です。

今回は「America’s Cupの最終ラウンドを見に来た」、といいたいところですが、残念ながら違うのです。 以前にも書きましたがMalaysiaのNajib首相の「GSIAC」12)で、Fairmont Hotelです。America’s Cup、特にOracle 関係者らしい人たちも多くみられました。

なにしろこの1、2日でAmerica’s Cupの最終ラウンドの勝負が決まるかどうかというところです。‘Emirates Team New Zealand’ vs Defending Champion ‘Oracle Team USA’ で 「8:5」、挑戦者があと1レースで勝つというところでしたから。Hotelもはるかに高い料金、なかなか空きがない状況のようでした。

1日目はレセプション、2日目の午前中は「High Level Forum Green Future」のテーマで3つのパネル、私は最初のパネルに出ました。3つともなかなか良かったです。

昼食ではNajib首相のスピーチ、4つのMOUのセレモニーがあり、私も日本との協力の調印に参加しました。これは首相の科学顧問が、私と旧知のZakriさんだからできたことです。これからも両国間の関係も政府間ばかりでなく、民間も含めて多様で、多層な、いろいろな協力関係ができるといいのですが。

夜はご当地のビジネス関係の主宰で晩餐会があり、首相の講演とインタビューもありましたが、公式の会なのでワインも含めアルコール類が出ないのでチョットさびしい感じがします、仕方のないことですが。

特に私のような大学人、科学者同士の付き合いから生まれる信頼関係は、政府や企業とは違った、利害関係のない関係から、新しいプロジェクトを始められる利点があります。

America’s CupはOracleが勝って、まだ勝負がつかないところでの帰国となりました。

帰国の翌日のレースでは、Oracle Team USAが1歩も後へ引けないところから大逆転劇を演じました。