日本の「リーダー」

→English

イラクで起こったNGOや民間人拘留で、ずいぶん過激で一方的な論調が多く、なんとも未熟というか、社会性がないというか、国だけがすべてのような戦前に戻ったような危ない感じがします。

「Wedge」2月号で、3冊の本(『名誉と順応』、『敗北を抱きしめて』、『日本の禍機』)の紹介を書きましたが、日本の問題は「リーダー」にあるのです。この数日に読んだ本も同じ趣旨でした。両方とも素晴らしい本ですのでご紹介します。

ひとつは、森嶋通夫・ロンドン大学名誉教授(高名な経済学者です)著の『なぜ日本は行き詰まったか』(岩波書店 2004年)です。経済からではなく、社会科学全体における世界の歴史と人々のエートスを観察する事からはじめ、日本の将来を、過去から、世界の歴史から探るというものです。伝統的エートスを失った国民の将来は、という問いです。歴史と資本主義社会の形成、ドイツ・イギリス・アメリカ等の違いの考察等が述べられている、優れた著書です。

もうひとつは、中西輝政・京都大学教授著の『国民の文明史』(産経新聞社 2003年)です。これは日本の課題を文明史的視点から考察しています。サミュエル・ハンチントン教授が『文明の衝突』で言うように、日本はひとつの文明である、という視点を支持していますが、この本は、その背景から、文明の動きの歴史的考察を中心に据えた、優れた著書です。

両方とも大変に読み応えがありますし、歴史観にあふれる優れた学者の書です。成功した「日本システム」の迷走と、「政・産・官の鉄のトライアングル」の「リーダー」の、歴史観や世界観、志の欠如に問題があるという点では一致しています。しかし、解釈は違います。森嶋先生は歴史的にも「右翼的動き」の可能性の危険を一応は指摘するのに対し、中西先生はどちらかといえば「その右翼的支持」を転機に考えているようでもあります。しかし、両者の文脈は分析と視点は違っても、同じ指摘が多い点で参考になります。日本の「リーダー」は本当にどうしてしまったのでしょうか。

この点でもうひとつ読んだのが「Saving the Sun」(HarperBusiness、2003)です。Financial Times日本支局長だったMs. Gillian Tettさんによる長期信用銀行問題をめぐるnon-fictionです。小野木さん、大蔵省官僚、八城さん、Collins氏等々実名で出ており、「日本株式会社」に共通する問題がきっちり書かれています。このように日本の問題は世界中で広く知られているのです。

2004年5月

日本学術会議主催シンポジウム
日程: 2004年5月21日(金)
会場: 日本学術会議講堂
演題: 「科学・技術への理解と共感を醸成するために」

第47回日本腎臓学会学術総会
日程: 2004年5月27日(木)
会場: 栃木県総合文化センター
特別講演: 「日本の挑戦:21世紀の課題」

第3回医療政策研究会
日程: 2004年5月31日(月)
会場: パレスホテル2階ダイヤモンドルーム
演題: 「創薬とグローバル戦略」

アメリカ~カナダ 世界の知識人たちと

4月22日からアメリカ、カナダと周って、本日日本に戻ってきました。ゴールデンウィークとヤンキースの試合がNYで行われた事も重なって、日本からの観光客がホテルにあふれていました。

アメリカではまずNew Orleansでアメリカ内科学会(ACP)年次総会に出席しました。4月13日にも書きましたが、アメリカ大陸以外で初めてACPの支部(Chapter)が日本に設立されました。その第1回総会が東京で開催されたこともあり、今回は日本から何人かのフェローの認証式典がありました。厳かでとてもよい式典で、みんな喜んでくれました。きっとこの人たちが将来の日本の内科医、指導医の中心になってくれるでしょう。

25日からはカナダのオタワに入り、翌日にはカナダ科学アカデミー会長のAlperさんの招待により、「Industry Canada」で21世紀科学技術政策についての講演をしました。「Industry Canada」はカナダ政府の科学技術政策決定に一番重要な委員会だそうです。ディナーの時にAlperさんに、参加者から講演を称賛する電話がたくさんあったと言われ嬉しかったです。

トロント大学では、学長(MITの理学部長を務めていたBergeneau博士)と昼食をご一緒し、多くの幹部の方とお会いできました。その後、腎臓グループで高血圧の講演を行い、理学部のレセプションでは何人かの日本からの研究者たちにも会う事ができました。

今年はカナダと日本の外交75周年で、11月には東京のカナダ大使館で記念に2~3日のカンファレンスを企画しています。今のところ「科学、技術、工学と女性科学者」に焦点をあわせようと考えています。衆議院議員の野田聖子さんもお呼びしています。

この後、ニューヨークで今年11月に開催する「社会のための科学技術国際フォーラム」の打ち合わせ会議があり、尾身大臣、MITのFreedman博士(ノーベル物理学賞を受賞されています)たちと一日過ごしました。翌日は、New York Academy of SciencesでChairmanの前Rockfeller University学長、Wiesel博士(ノーベル医学生理学賞を受賞しています)や、PresidentのEllis Rubinstein(元Science誌編集長)、そしてColumbia大学医学部循環器科のDr. Shunichi Honma先生達と、メトロポリタン美術館でディナーをとりました。皆さん素晴らしい人たちで、話も大変弾みました。

ところで、Rockefeller Universityの後任の学長には、2年前にノーベル医学・生理学賞を受賞したPaul Nurse氏がイギリスから招かれました。ここまでの人事とは言わないまでも、日本では国立大学の法人化に至っても、全員が教授会内部から互選で選ばれた学部長、そしてその学部長経験者からの内部昇格なのですから、「学」の世界でも世界の常識とかなり外れているのです。それにも気がつかない「学」も大したものですが。

明治6年に『学問の勧め』で福沢諭吉はこの点を指摘しているのですからすごいものです。

「医者がいない」!

臨床研修の必須化に伴って、地方や辺地の医療機関に勤務している医師が大学へ引き上げられて不足しているという深刻な問題が話題になっています。北海道大学や東北大では、大学医局からの“医師派遣”を確保するために、医学部や同窓会に寄付金を出したり、“名義貸し”が行われていたというのです。公立の医療機関がこのようなお金を大学に寄付する事は大いに問題があります。しかも一部では教授の収入にもなっていたとも言われるのですから問題外です。

さて皆さんはどう思いますか?

こうした問題は以前からあったのに、局部的な問題として扱われていたところに問題があるのです。大学の医局制度が問題だなどとされてきましたが、ではこの問題に対し、何が行われたでしょうか?

このように“医師不足”、“医局支配”等は、全国的な問題になってはじめて、国民も行政も、医師会も大学も、問題の根本はどこにあるのかが少しわかるようになるのではないかと思います。地方の患者さんを困らせるのは勿論本位ではありません。一人一人が自分自身で何が今一番大事なのかを「考え、決断し、実行する」事です。これが社会を変える、政策をつくる正当な方策なのです。結局は国民が政府を作るのです。今まではどうだったでしょうか。お役所にお任せだったのではないですか?

厚生労働省の卒後臨床研修委員会等でも発言しましたが、もし本当に将来の医師の育成、医療制度の構築に医療人が責任を持つというのであれば、何をすべきかよく考えるべきです。現在、大学医局の人手が足りないからといって、指導医の引き上げをするのはあくまでも自分たち中心の都合であり、正規の助手をはじめとしたスタッフがもっと時間をとるなりして診療、指導に当たるのはやむをえないのではないでしょうか。2年したら研修を終えた人たちも大学にくることが出来るのですから、少しの我慢なのです。みんなで痛みを分かち合う事が大切です。そして、その間にことの本質への解決を考えていく事です。今の状況は、一部の大学病院で研修医が予測していた以上に集まらなかったので、あわてて自分たちの都合を優先させている点もあるでしょう。しかし、この一連の出来事でようやく国民のより広い範囲の人たちが、いかに医師不足が深刻かを理解してくれるきっかけになればと思います。またそのような認識を深めてもらうよい機会なのです。

では、どうしたらこのメッセージが国民につたえられるか、これが課題でしょう。鈴木明先生が書いているように、今まで国民は(行政の責任もありますが)、日本の医療はあまりにも医師や看護師等、医療人たちの献身という思い込みに頼りすぎだったのです。この医療が進歩し、疾病構造が変化し、国民の意識が変化しているにもかかわらず、医療費が少なすぎるのです。日本の医療費は32兆円ですが、そのうち国からはたったの10兆円、GDPの2%にすぎません。何も知らない、政府の規制改革委員会の大好きな“アメリカ”では医療費は150兆円でGDPの14%ですが、アメリカでの医療に対する税金投入は50兆円、medicare、medicaid等はGDPの5%なのです。パチンコは30兆円、葬式には15兆円、ダムをまだ370箇所とか。どう考えますか?ヨーロッパの国々でも医療への国からの投資はもっと多く、GDPの10~11%程度です。イギリスでは日本と同じぐらい少なすぎる医療費に不満が山積し、「国民からの圧力」で税金投入を増やしています。

勿論、医師たちはより高い質の医師の育成と、自己研鑽に勤める事で社会的責任を果たして行く事は当然ですが、どこに問題があるのか、どうすれば解決できるかをよく考える事です。「株式会社」による病院経営とか、「外国人医師」なんてことは国民を馬鹿にしています。そんなことをする前に、する事は沢山あります。つまり公的セクターの医療機関の再編と充実です。大体、地域ニーズにあった公的病院なんてありますか?なぜ、20万の県庁所在地に国立病院、国立大学付属病院、県立中央病院、市民病院等があり、みんな自前で、救急、消化器内科、循環器内科、血液内科、消化器外科、泌尿器科、眼科、皮膚科等々がなくてはいけないのですか?ばかげていると思います。

公的病院は地域ごとに「24時間の救急(もちろん小児救急も)」をたとえば人口30万について1~2箇所にして、公的病院がなければ私的機関病院に公費を提供するとか考える必要があります。さらに救急以外はどこにも消化器内科、循環器内科、消化器外科、皮膚科とか人口と患者数から割り出した適正数にするとか、人的資源をはじめとして集中する等の抜本的な再編をする、ただし公的医療機関では個室はないとか、でも医療費自己負担は10%にするとか、生活習慣病の診察検査は2ヶ月に1度以上は50%負担にするとか、自己管理への誘導とか、いくらでもする事はあるのです。まず地域単位で安心を提供する事です。

医療制度についても色々と発言しています。私の見解についてこのブログに書いていますので、是非ご意見ください。黙っていても何も起こりません。これからの方向をしっかり見つめ、責任ある行動をとり、発言をする事です。特に「社会的に高い地位」にいる人たちの責任は重大なのです。

“Country Gentleman” 白洲次郎氏

昨年12月8日のブログで紹介した白洲次郎さん。白洲正子さんのほうを知っている人も多いでしょうが、白洲次郎さんは正子さんのご主人です。すばらしい紳士、ワイルド、“Country Gentleman”(この意味は本を読んでくださいね)です。是非、知ってもらいたくて、もう一度ここに紹介します。弱いものにやさしく、権力におごるものに強い。こんなエリートがいますか?

「白洲次郎という人を知っていますか?1902年の生まれです。17歳でケンブリッジ大学、英国で8年過ごして、本当に格好よい「紳士」として、「原則」に厳しく、肩書きや権力で威張る人を嫌い、アメリカ占領下の日本でも活躍した人です。今の日本に、白洲氏のような「個」に生き、「原則」を大切にし、世界と日本を知って「本音」で生きる、こんな人がエリート層に一人でもいるとほっとするのですが、なかなかいませんね。そこに日本の問題があるのです。このコラムでも何回か言ってることです。(中略)白洲次郎さんのこともいくつか本がありますので(最近のものでは「風の男白洲次郎」新潮文庫、青柳恵介著、平成12年、400円)読んでみてください。スカッとしますよ。若い時には世界に出かけて視野を広げることです。」

これと同じ趣旨で、津田梅子、朝河貫一、蜂須賀正といった方たちも、ここで紹介しているのです。皆さんもぜひ一度、彼らの生き方にふれてみてください。

近代日本の「70年サイクル」

4月11日、岡山で開催された「小児科学会」(会長:岡山大学名誉教授・大阪厚生年金病院長 清野佳紀教授)で、特別講演をさせてもらいました。 会場は満員で、大変な盛況ぶりでした。

最近いろいろな本を読みますが、副島隆彦氏の書かれたものは、物事の本質をはっきりと恐れずに書いてあり大変面白いと思います。日本の「エリート」は本当のことは何も言わず、“インナーサークル”で適当にやっていますからね。

『預金封鎖』や、つい先日は『やがてアメリカ発の大恐慌が襲いくる』という本を読みました。私もよく近代日本の「70年サイクル」説ということで話をしていますが、これは「コンドラチェフ・サイクル」と言われるものだそうで、近代資本主義の根本にある「過剰在庫」だとは面白いと思います。私は経済学者のことはよく知りませんが、有名な経済学者シュンペーターについての高い評価が理解できました。

ところで、副島さんの著書でもコメントされていますが、最近出版された『エコノミストは信用できるか』(東谷暁著、文春新書、2003年11月発行)は、エコノミストのコメントをデータ分析し、評価がされていて面白かったです。
また、フィクションですが、副島さんと同じような題材を扱っていて面白いのは、幸田真音さんの『日本国債』、『凛冽の宙』、『代行返上』などです。

さて、この「60~70年サイクル説」は、最近読み始めた中西輝政さんの『国民の分明史』にも出てきます。「分明史の仕切りの60年サイクル」。人間3世代など理由はいろいろあるのでしょうが、このような長さのサイクルで人間の知恵は動くのでしょう。1870年から1940年頃までの明治維新から近代日本にかける70年、世界は「植民地主義」を歩み、対して日本は「富国強兵」路線をとっていました。そして20世紀後半は世界が「冷戦」時代であり、日本は「高度経済成長」時代の、この60年ということなのです。それぞれ、はじめの30~40 年(「富国強兵」路線時代は今年100周年を迎える日露戦争まで、戦後は経済成長率がピークの70~80年代まで)は調子がよいのですが、その後、「成功体験」のために舵取りの変更や改革を起こせずに落ち目になる、というシナリオが常なのです。だから今は10年後の次の明治維新への移行期だと考えています。

その時代の日本の指針としての新しいキーワードは何でしょう?
世界では「人口問題、環境問題、南北問題」がキーワードになるでしょう。
では、日本は?皆さん、考えてみてください。

いよいよ日本の内科医も国際舞台へ

4月8日、日本内科学会総会の場をかりて、アメリカ内科学会(American College of Physicians:ACP)日本支部(Japan Chapter)の第1回総会を開催しました。この世界のリーダー格の学会は、アメリカの内科専門医(Board Certified Physicians)による学会で、常に医師の質と社会的責任について活発な活動を行っています。日本支部はアメリカ大陸以外では初めての支部で、去年設立されました。私は初代支部長に選出されています。今回は会長のWheby先生、また舞鶴市民病院時代に松村先生が招請していた「メジャーリーガー」の一人であるGibbons先生、そして前会長のAddington先生を迎え、大いに盛り上がりました。日本の会員はといいますと、日本内科学会の認定専門医はACPの会員になれるようにいたしましたので、現在約300名の会員がいます。今後はもっと会員を増やしていきたいと思います。

会員の方には、ACPの発行する学会誌「Annals of Internal Medicine」や「ACP Journal Club」が送られてきます。このような学会誌が、日常の診療や医学教育に使われることが常識となる、診療の世界を構築したいと思っています。その他にも、この学会にはいくつものプログラムがありますので、どのようにこれらを使っていくかを考えていきます。

今年の春は、松井選手を含むヤンキースを迎え、メジャーリーグの開幕戦が東京で開催されました。野茂選手が渡米して10年目のことです。このACP日本支部も、10年後には日本の内科医がメジャーのようになってほしいという願いを込めたひとつの始まりであり、そのための核となる事を期待したいと思います。

国際化時代で、日本での「プロ」育成へ向けた第1歩だと考えようと、総会の席で挨拶をしました。ぜひ参加してください。応援お願いします。