UCLA学長を迎える

→English

MORE→ https://www.facebook.com/tadashi.yokoyama.ucla83?fref=ufi

毎年6月にUCLA学長(Chancellor)のBlockさんがアジア訪問をされます。日本人のお弟子さんが多いこともあり、いつも日本訪問を楽しみにされています。

私も2週間ほど前に訪ねたばかりです。

今年も、この機会をとらえて、UCLAの同窓会を開催しました。この2・3年、同窓会には若いメンバーが増えてきています。特に学部を卒業している人たちが多くなっているのはとてもうれしいことです。

大学院についても、例えばUCLA Laskin School of Public Policyには、今まで毎年3人ほどが留学していたのですが、去年は10人ほどが留学しています。

2019年はUCLAの設立100年ということで、ファンドレイジングが企画されています。日本では、東京とつくば市の中間辺りで「柏の森」プロジェクトが進んでいるのですが、そこの一角に「UCLAジャパン・センター」を開設することを計画しています。村井勝さんのお力によるものです。

この辺りにはいくつもの研究センターなどがあり、UCLAの研究者の訪問も多いところなのです。このような記念企画はなかなか他にはないものであり、学長もとても喜んでいました。

私はこの同窓会の会長を2010年から6年間にわたって務めましたが、今年からTMI法律事務所の遠山さんに引き継ぐことができました。

若いメンバーが増えてきていることは、私には一番うれしいことです。なんといっても、若い人たちが日本の将来なのですから。

お知らせ

本日(6月29日)英国大使館にて開催された「グローバルヘルスセキュリティーと公衆衛生危機への予防と備え」セミナーにて、開会のご挨拶を致しましたので紹介いたします。

英国大使館 Opening Remarks(2016年6月29日)

 
レポートはこちら:
https://www.gov.uk/government/world-location-news/building-a-world-better-prepared-to-fight-public-health-emergencies.ja

 

東大の医学教育「改革」はどこへ?イヌイ教授の思い

→English

世界の動きに比べると、日本の高等教育の「改革」は、医学教育を含めてなかなか進まないように感じられます。

1980年ごろから、生命科学の革命的な変化を受けて、欧米ではいくつもの大学で医学教育の大きな改革が進み始めました。 McMaster大学の教育、さらにはHarvard大学のNew Pathwayなどがその例です。

日本の大学では、そのような実情はあまり理解されないようでしたが、いろいろな「改革」の名前で制度の変革が国の制度として行われました。1990年代に入ると大学院大学の導入、大学大綱の「改革」などが、さらに独立法人化への動きがありましたが、今になって高等教育の流れの何かが、本質的に変わってきたのでしょうか?

私は、1983~1996年には東京大学に在籍していたので、いろいろ提案などを試みたのですが、「総論賛成、各論反対」はいつものことでした。医療をかこむ社会の環境も様変わり始めていました。1996年に行った最終講義、また内科学会の講演でも述べた「5つのM」で表わされる社会の変化です。

その試みの一つに、Harvard大学との交渉でNew Pathwayを実際に学生さんたちに体験させるというプログラムがあります。私が東大から東海大学へ移る一年前、1995年に始めたのです。資金は自分で3年分を集めました。日本の学生さん8名、Harvard大学医学部からは学生6名と教員2名が、春の終わりごろ、1週間ほど東大に来るのです。東大の学生は、秋にHarvard大学を1週間訪問します。

当時の記録や報告を見ると、双方の学生さんたち、特に東大の学生さんたちにインパクトのある良い体験であったことがわかります。

2年目の1996年に参加したHarvardの先生がトマス・イヌイさんでした。イヌイさんは日系3世で、米国での医学教育の先駆者の一人でもあります。

その後、東大でも医学教育改革という名目の動きはあり、その一つとしてイヌイさんが3ヵ月招かれて、真剣に視察、懇談などを繰り返した上で、改革に対するがっちりとした内容の濃い提案書を提出しました。15年前のことです。

その後の経過を見ていると、その提案が生かされ、実行されているようでもないのです。そこでこの6月、イヌイさんが米国内科学会の日本支部会に参加された機会に東大にお招きし、「15年後の東大の医学教育」について、イヌイさんの講演とパネルが開催されました。私もパネルにお招きをうけました。(当日の報告はこちら

予想どおりというか、参加の人は少なくて25人ほど。現役教授では、ともにHarvard大学のSchool of Public HealthでPh.D.を取得されている(これは結構大変なのです…)公衆衛生分野の橋本・渋谷の両教授だけのようでした。

イヌイさんの講演のタイトルは「Curriculum Stagnation at Todai School of Medicine – A Sober Analysis」、日本語では「東大医学部教育の停滞 – 思い込みのない冷静な現状の評価」です。

学部長をはじめとした協力を得て、あれだけ力を注いだ提言がほとんど生かされて、実行されてるわけでもないこと、そして世界はどんどん変わるっているのだよ、という暖かい、しかも心からの懸念の講演でした。

日本の高等教育機関の現状については、変わる世界の大学、そして台頭する多くのアジアの大学のありようを見るとき、私もその懸念を共有するのです。

京都、米国内科学会日本支部の年次会へ再び

→English

More→ https://ja-jp.facebook.com/ACP-Japan-Chapter-174339349295272/

例年のことですが、今年も米国内科学会日本支部の年次総会12)に参加しました。

今年も、盛りだくさんの活気にあふれた企画1)でした。米国内科学会会長も毎年参加されますが、今年もDr Weyne Rileyが参加、私との司会のセッションでは、意気投合して、学生さんや研修医のプレゼン、表彰など、一緒に楽しみました。

今年は、聖マリアンナ大学の柴垣さんをリーダーとした若い人たちが、企画からいろいろな活動に参加してくれたので、とても活気がありました。

旧友のイヌイさんも参加してくれました。この後、東大の医学教育センターでの講演会があるのです。それにも私は参加の予定です。

彼は、私が東海大学に就任する前日の1996年6月30日の夕方に、一緒に東海大学医学部へ行ってくれ、これからの医学教育について熱く語ってくれた人です。

成蹊学園の3日間

→English

私は成蹊中・高校を卒業しました。多くの人にとって、この時期こそが懐かしい母校というところですね。

今までも、成蹊学園の理事などをしていたのですが、今年から「理事長・理事会へのアドバイサー」の役を務めることになりました。

このメンバーをどうするのかいろいろ考えた挙句、MITのShigeru Miyagawa 教授渋沢健さんにお願いしました。お二人とも日米で教育を受け、日英語に堪能なバイリンガル、教育にとても熱心な方たちです。

この3人で、まずは成蹊のキャンパスを訪問して、執行部の方たちとお会いすることが、まずは大事なご挨拶です。みなさんのご都合を合わせるのに2、3か月かかってしまい、結局、5月26日(木)の午後ということになりました。

学園長、学長、中高校長、小学校長と各1時間、またキャンパスの案内をしていただきました。図書館、小学校は、ともに成蹊のOBでもある、あの坂茂さん1)の設計によるもので、素晴らしいものです。

学校は本当に大変です。こちらも、なんとか出来るだけのことをしようと、活動を始めます。

翌日の午後は、都内で成蹊学園の理事会と評議員会。

その翌日の土曜の午後は、去年に続いて国際教育部が主催の、中高校生とご家族を対象にした「外へ出てみよう」企画です。今年のタイトルは『私の留学 ‐ 黒川清さんをお迎えして ‐』で、OB/OGの永井くん、宮崎さんが参加、素晴らしい自分たちの話をしてくれました。そのあと私も参加したパネル、またAFSの説明、そしてレセプション。

若者の将来へ、学校は何ができるのか、ですね。

皆さん、ご家族も参加して楽しい土曜のひと時を過ごしました。亀嶋学園長、跡部校長先生、国際教育部主任の桂先生、中高事務室、またSt Paul’s校に通う島村君や今秋派遣される阿部さんをはじめとする関係者の皆さんのお骨折りです。去年に引き続き、ご支援ありがとうございました。