→English

3月22日(土)、第1回 Safecast カンファレンスが開催されます。
放射能測定をはじめとし、市民科学の現在と未来、そして、福島第一の実際の話から未来まで、国際色豊かな登壇者と参加者の議論や意見交換に加わりませんか?

Safecast の設立4周年を記念して、第1回目の Safecast カンファレンスが今月22日(日)~24日(火)に開催されます。その中で、会期中最大のイベントであるシンポジウムが22日(日)に Digital Garage(東京・恵比寿)にて12時より行われ、私も講演やパネルディスカッションに参加します。(25日(水)は福島/郡山でカンファレンスが行われます。詳細はこちらから→ http://fuku100.org/event/

登壇者は、私のほか、MITメディアラボの伊藤穰一氏(@Joi)、早野龍五氏(@hayano)、こどもみらい測定所(@kodomiraInfo)の石丸偉丈氏、元米Microsoft主席ソフトウェア設計者 Ray Ozzie氏、MITメディアラボ准教授 Joe Paradiso氏、米NRDC(天然資源保護協議会)ディレクター Matthew McKinzie氏などが登壇します。

参加者には一般の方、教育者、ボランティア、研究者、プロジェクト・リーダー、メディア、技術者やその他の専門の方が含まれます。参加される方の分野や専門知識は問いません。カンファレンスはネットワークを広げ、意見を交換し、福島や放射能に関して新しい発見をし、環境データや市民科学を知る最適な機会となるでしょう。

当日は英語での開催となりますが、同時通訳が入ります。参加は無料です。

お申込みはこちらから。
http://scc2015.peatix.com

みなさまと当日お会いするのを楽しみにしております.


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.