ダボス -1

→English

第1日(1月23日); 先週の終わりに風邪気味で、去年に続いて(国会事故調でそれどころではなかったので…)今年もダボス会議も失礼しようと考えていたのです。ところが、土曜日のパネルに出ることになり、躊躇していたのですが、23日木曜の午前のパネルにも出席を、ということになりました。しかし、フライトが問題ですね。幸いなことに水曜朝のスイス航空の直行便に空きがあったので、出かけることになりました。

Zurich空港に到着、常連の緒方貞子さん他、何人かのダボス会議に参加される方にお会いしました。ダボスには夜6時ごろ到着、登録を済ませホテルへ。何人かの友人とお会いしましたが、後はよく寝ました。

第2日(1月24日); 朝から会場へ。いろいろ多すぎて迷うのですが、9時から「Fostering Entrepreneurial Innovation」へ。ちょっと勉強したいこともあったのです。Clayton Christensenが出るのもその理由の一つでした。この3年ほどでしょうか、3つの大病をしているので心配していたのですが、一見してお元気そうで、言葉にも問題がなくて本当に良かったです。終わってから、彼の病気のこと、彼の最近の本「How will you measure your life」(日本語は「イノベーション・オブ・ライフ」という変な訳ですね…)は本当に素晴らしい本であり、若い人に勧めているという話をしました。2月にBostonに行くことを伝えると、ちょっとでも良いからぜひ会いに来てほしいということになりました。

その後は私も出るパネル「Catastrophic Risks in the 21st Century」へ。パネルのひとりJudith RodinIvy Leagueの大学で初めて女性で学長になった方です。前からお会いしたかった方ですが、私のPennsylvania大学時代の友人が何人もいて、パネル開始前ですが話が弾みました。パネリストのみなさんには「国会事故調」の英語のExecutive Summaryをお渡ししました。皆の評判の良かったDavid Cameronの講演には出れませんでしたが、いずれウェブで見ることができるかと思います。

午後はBBCの放送なのですが、Nik Gawingの司会で「Is Democracy Winning?」とても難しいテーマですが、4人のパネリスト、会場の質疑、あらかじめ指名していた何人かの人のコメントなど、とても素晴らしいものでした。このような議論は、日本ではとてもできないだろうな、と感じました。

今日の夜は恒例の「Japan Night」で、大勢の方がこられました。私は最初だけで抜け出し、韓国と、Indonesiaのレセプションへ行ってきました。色々な方たちにお会いし、そこからまたJapan Nightに帰りましたが、日本人が少なくなる中で、お客さんの方が圧倒的に多い状況でした。韓国、Indonesiaに比べても2倍以上の大勢の方たちで、もっぱらお酒とか食事ですね。あちらはエンターテインメントもありましたが。これでやはり日本は「ソフトパワー」だ、などと勘違いする人がいるようでは困るのですけどね。

いろいろダボスのサイト<http://www.weforum.org/>を訪ねてみてください。

 

2013年3月

Moving Forward: Life after the Great East Japan Earthquake
  -Global Agenda in Post Fukushima & Reconstruction Efforts of Japanese Architects
"Global Agenda in Post Fukushima"
日時:  2013年3月22日(金)14:30-15:30
場所:  Royce Hall 306, UCLA, California
お申し込みはこちら

 

社団法人新宿区医師会 第30回文化講演会
「医療のゆくえ、「課題先進国」?」
日時: 2013年3月9日(土)14:00-15:30
場所: 損保ジャパン本社ビル 2階 大講堂
       (東京都新宿区西新宿1-26-1)
主催: 社団法人新宿区医師会 TEL:03-3208-2301
*事前登録不要、入場無料

 

IMPACT Fellows プログラム キックオフイベント
日時: 2013年3月14日(木)19:00-22:00 
          (18:30 受付開始、ネットワーキング・ディナー含む)
場所: サントリホール(東京都港区赤坂1-13-1)
申し込みはこちらから
お問合せ先はこちらから

 

5th GOLD SYMPOSIUM
“Reflect, Renew and Reinvent: Driving Innovation through Inclusion”
日時: 2013年3月22日(金)8:30-18:00
           *16:15-16:45 Closing General Sessionにて講演
場所: インターコンチネンタルホテル ロサンゼルス(カリフォルニア州、USA)
                                   2151 Avenue of the Stars, Los Angeles, California 90067
連絡先 e-mail: 2013GOLDsymposium@goldleaders.org
詳細はこちら

2013年2月

Risk Management のセミナーのご案内
"International Conference  Crisis Management in the 21st Century: Beyond the Fukushima Tragedy"
日時: 2月19日(火)13:30-17:20
場所: 政策研究大学院大学 想海楼ホール
事前登録・連絡先: secretariat@grips.ac.jp  

 

パリ OECDで講演のお知らせ
Growth, Innovation And Competitiveness: Maximising The Benefits Of Knowledge-Based Capital
  *Panel Discussion:"What Should Governments Do-Where are the Low-Hanging Fruits?"に参加
日時: 2013年2月13日(水)10:00-11:15
場所: パリ OECD カンファレンスセンター
連絡先e-mail: kbc@oecd.org

 

Stanford Universityで講演のお知らせ
"Uncertain Times Ahead: Changing Principles for Scientists to Address Global Agendas"
日時: 2013年2月5日(火)12:00-13:15
場所: スタンフォード大学 エンシナホール  フィリピンカンファレンスルーム
      616 Serra St., 3rd floor  Stanford University  Stanford, CA 94305
連絡先はこちら
聴講希望の方はこちら
詳細はこちらから

大学改革は待ったなし、日経シリーズ

→English

大学改革は遅々として進みません。東大の秋卒発表はメディアも大きく取り上げ、一歩踏み出していますが、社会の受け皿とか、とにかく各論に入って、できない理由ばかり取り上げるのですね。

今やトップの大学は教育にも、研究にも「多様性とグローバルに開かれた大学」でなければ意味がないでしょう。

最近の日経新聞が朝刊の一面で大学改革シリーズを出していますが、これに同時並行でウェブでのシリーズも出ています。

私もこのシリーズでインタビューを受けましたが、小泉総理のころから主張していた「大学の大相撲化」(1)(こちらからこの日経シリーズがいろいろ読めます)というキーワードでまとめられています。このブログで「大学改革」「大相撲化」などで検索すると多くの記事を見ることができるでしょう。

相変わらず「知の鎖国」(12)なのです。

日本社会は日本の大学教育を本気で心配しているのでしょう。しかし、社会のほうも大学で評価し、学生本人を見る目がなったのでしょう。双方が適当だったのですね。それは所詮、過去の枠組みの中の日本だったからなのです。

国の根幹は人づくりです。どんな人を育てるのか、この先の見えない世界で、各界の「リーダーは」日本をどこへ向けたいのでしょうか。

若者たちのせいにしてはいけません。「子供は社会を映す鏡」なのですから。

すぐにでもできることは学生さんたちの選択肢です、「休学のすすめ」(1)、「Gap Year」などでしょうか。

 

MIT Media Lab in Tokyo 2013

→English

去年も書きましたが、今年の1月もMIT Media Lab in Tokyoが2日間にわたって開催されました。私も第1日目の最後、Media Lab所長のJoi Itoさん、SONY前会長の出井さんと3人のパネルでした。

講演者14人のリストには、所長の伊藤さん、副所長の石井さんのほか(女性がいないのはちょっと問題でしたが-大反省材料です)、偶然ですが出井さんほかSONY関係者(茂木健一郎、北野宏明、遠藤 謙、笠原俊一)が目立ちました。6人がMIT Media LabとIDEOの海外からの参加でした。

第2日目はもっぱら「Unconference」でいろいろなパラレルセッションがありました。ここかしこに工夫が凝らされています。

なかなか楽しい2日間でした。参加者も多く、相互に創発されていたのではないでしょうか。