アゴス・ジャパンイベント(1月14日)へのお誘い

世界で活躍するパスポート、留学したくはないか?

アゴス・ジャパンイベントへ来ませんか?世界は君たちを待っています。

1月14日(月・祝)14:30から渋谷にて新春特別セミナー『国際社会に通用する人材とは』が開催されます。

これからグローバルに活躍したい方、留学を考えている人、ちょっと興味を持っている人などなど、是非参加してみてください。先輩方の経験や知識を通じて外から日本を見る大切さを感じてみませんか。

少しでも興味を持ったあなた、詳細はこちらへどうぞ。

 

目覚め、行動する若者たち「TEDxKeioSFCとH-LAB」

→English

12月22日は朝早くから慶応義塾大学の藤沢キャンパスへ。TEDxKeioSFCへ参加です。

これは、まず2010年度、2011年度の秋学期に私が担当した「グローバルサイエンスとイノベーション」のコースから始まったのです。学生さんたちとの会話を通じているうちに、TEDxTokyoを一緒に始めたTodd Porterさんをお招きしたのがきっかけです。

私のTAのノジマくん、村井学部長はじめとした大学の支援もあり、学生さんたちがものすごく頑張って開催にこぎつけたのです。

あいにくの雨の寒い冬の日、都心からも離れたSFCに講堂一杯の若者たちが集まりました。

テーマは「Think Like A Child」。皆さんの緊張の中で本当によく頑張ったと思います。Speakerたちの熱い思いを会場の方たちも共有して、熱気がいっぱいにあふれていました。バングラからパレスチナを拠点として活動している税所あつよしくんの圧倒的なプレゼン、彼とも1年半ぶりに会いました。

この日の集まったすべての皆さん、本当に素晴らしかったです。運営した学生さんたちも本当に疲れたでしょう。後からメールでも同じ思いが届きました。

このように一つの目標に向かって、限られた時間に一緒に活動し達成する「チーム」体験。このような実体験は皆さんのこれからのキャリアにとても忘れられない「なにか」、そして大きな自信とインパクトを植え付けたことでしょう。おめでとう、みんな。

私はといえば、最後のセッションで話をしてから東京へ。ごめん。

実は、東京では、これも熱い学部生さんたちの始めた企画の忘年会でした。この活動も私は2年前から支援していた、しかも今年の夏の2年目でとんでもない結果が出始めたものです。それはH-LAB、Harvard College Liberal Arts Without Borders12)です。

最近になって、去年の参加者の中から、Harvard、Yale、その他Ivy Leagueをはじめとした海外のTopの大学へ入学が決まった高校生たちが出てきたのです。うれしいことですね。この様な動きとともに高校生、中学生たちが英米などを中心にした大学への準備を始める人たちが増えているようなのです。

いいことですね。「わかいものは内向き」などと言っている大人も多いようですが、若者たちは他の選択肢がなかった、そんな親たちの世代の人には見えなかっただけのことだと思います。私も繰り返し、主張している1)ところなのですが…。身近なところに具体的なロールモデルがいなければ、海外へ留学するという選択肢も見えてこないだけのことです。

この様な、目覚めた若者たちの活動を、暖かく支援することこそが、大人の世代のすべきことです。

Impact Japanは、そんな気持ちで私たちが作った「出る杭」の若者たち応援の活動基盤の一つです。

時々このサイトを訪ねてみてください。

 

若い人たちのとの交流 「リケジョ」

→English

「リケジョ」とはなんだ?「理系女子」の略です。

世界の化粧品の大手L’Oreal は‘For Women in Science’という大変に成功しているプログラムを12年前から運営しています。この受賞者からNobel賞を受けた方も出ています。

私もこの賞の審査員1)をしている関係で、日本での活動にも積極的に参加しています。今年のParisの受賞式は、国会事故調のさなかでもあり、残念ながら欠席しました。

しかし、日本の奨励賞授与式には今年も出席、素敵な女性科学者たちにお会いできました。安藤美姫さんが特別受賞をしました。去年は黒木メイサさんの特別受賞でL’Orealもしゃれたことをするなと思う次第です(この2年の日本の受賞式は、このblogで紹介していませんでしたね、申し訳ない)。このころから「リケジョ」といわれ始め、今度の会にも発展したのです。

衆議院総選挙の日となりましたが、大学生や高校生の女子学生さんたちなどが50人ほどあつまり、8つに分かれ「チーム対抗;こんな化粧品があったらいいな」というコンテストです。みなさん、プロジェクトの進め方は練習をしていたようで、その日の即席チームなのでしょうが、45分ほどでまとめ、それぞれが2~3分でのプレゼンもうまいものでした。私もついついいくつかtwitterしました。

最終的に審査員の選んだ賞が2つ、参加者が選ぶ賞が1つですが、驚くことに両方でとても意見が一致していたのです。商品名も挑発的、皆さんの発表も自信満々で上手でしたよ。「恐るべし、リケジョ、いいね」、といったところです。

 
最優秀賞

製品タイトル: 性別を超えたフェロモンアイライナー!!
製品コンセプト: 
・ベースライナー付き多機能アイライナー
・男女別アイライナー(香り・パッケージを分ける)
・世界初!!香りつきアイライナー!!
・日本人男性にも化粧品を広める(韓国風) 

審査員特別賞 

製品タイトル: Butterfly
製品コンセプト:
・リップクリーム + 口紅でキレイな発色
・(ロケット鉛筆方式で)自由にカスタマイズできる
・1つ1つ単体でも使用可能
・本体も自由にデコレーション可能
・取り外し可能なチャーム(ミラー)付き

 
ベストコスメ賞(リケジョからの投票による)

製品タイトル: 雌girl リップ
製品コンセプト:
・X’masデートの勝負アイテム「(彼を)落とせるけど、落ちないリップ」
・15~20代の女性がターゲット
・守りたくなる少女らしさ、惹かれてしまう色っぽさ。欲張り女子の全てがかなう。
・お手軽だけど、手の届くラグジュアリー感で1,800円!

 
いかがですか? 日本L’Orealしゃれたことをしますね。

 

国会事故調をめぐる記事いろいろ

国会事故調の意味については、このブログでも繰り返し問いかけているところです。

そうとう優秀な霞が関の官僚にもその本質を理解している人はかなり少ないように思います。

そんなところですから、「3.11」、そして「憲政史上初の国会事故調」を契機に日本が変わり始めるのにはかなりの時間がかかるように思います。

最近の衆議院の選挙でも、投票率は低いし、特に「第3極」などという多くの政党が出てきたことも紛らわしかったですね。投票所の現場からのtwitterなどの様子と、新聞などの報道ぶりには結構ギャップがあるようにも見受けられましたね。

今週は、再び「FACTA」1)に国会事故調をめぐる記事が掲載されています。

他にも産経新聞日経ビジネスONLINEの最近の記事1)を紹介します。重複があるかともと思いますが。でも大事なことなので。

皆さんで、日本の将来を考え、話し合い、行動しましょう。

 

若い人たちとの交流 「長崎大学」

先日、長崎大学へ行った話は報告しましたが、講演のほかに学生さんたちの企画による「白熱クロストーク」1)が企画されていました。学生さんたちだけとの対話。楽しいですね。これも長崎大学の広報誌に掲載されました。

いろいろと参加者の反応を送って頂きましたが、やはり反応は良いですね。まずは「白熱クロストーク」の学生さんから。

・「先日は長崎大学リレー講座の前の、学生との白熱したクロストークをありがとうございました。クロストークの時司会を務めさせていただきました。

本当はリレー講座後すぐにご連絡をすべきだったのですが、遅くなってしまいました。お恥ずかしいのですが、やはり先生にこの気持ちを伝えたくてご連絡しました。

今回、先生とのクロストークで司会を行うにあたり事前に勉強会を主催し、先生のブログや記事を読みあさった中で先生の考えに感激を覚えていた私ですが、クロストークで先生のお考えを生で聞かせて頂き、その意味を深めたことでさらに感銘を受けて、あれからまた成長を少しでもできるように頑張っている毎日です。

先生のお話を聞いて自分のやっていることは間違ってないと思えたこと、世界のフィールドに立てるような人間になりたいと思ったことなど今回先生と共有できた素敵な時間は大きな学びであり宝物です。

私事ですが、先生とお会いする前から韓国、スイス・オランダ、ニカラグアへ研修に行く予定を立てており、家族に猛反対されていたのですが、家族を説得して何日かづつではありますが来年韓国、ニカラグアへの研修。再来年にはスイス・オランダの研修に行けるようになりました。

これからたくさんのことを学んで自分ってこんな人間なんだよ!っと胸をはって日本でも世界でも沢山の人と関わっていけるよう頑張りたいと思っています。まだまだですがその分のびしろもあるはず…。と雑草根性でおります。
そして、今回の学生とのクロストーク、本当にありがとうございました。」

・「先日の長崎大学リレー講座での講演と、それに先立つ学生セッションでのお話、とても感銘を受けました。
自分が何者かを言えるようになる、それが一貫性を持つということ。そしてその一貫性をもった哲学をベースにひとつひとつの決断をしていくこと。

そして海外に行く事で、日本だけでは上手く見つけられていない「これだ」と思えるものへの気づきを得る―それによってもっと自分の可能性が増える。

そういった先生のお話を聴いて、来年4月からの1ヶ月のドイツ短期留学の選考に向けて準備を始めています。選考に合格したら、海外に滞在する事で気づける新たな自分の可能性を見つけたいと思います。今後ともよろしくお願いします。」

以下は講演会からです。

【アンケート結果】

回収数:280件(回収率70%) 高校生 19件(4.8%)、30歳以下(高校生含む) 85件(30.4%)

【アンケートの主な声】

・よくわからない言葉があったが、日本や若者や女性がこれからどうすべきかがわかるような気がした(17歳)。

・原発事故を通して、どんなことが明らかになったのか、今、私たちは何をすべきかがわかりました。まだ若い私たちが、日本だけにとどめるのではなく、世界に公開していくことが重要なのだなと思いました(18歳)。

・現在の日本が抱える問題点とどう改善すべきかを知ることができました(18歳)。

・自分の知識がないのでわからないことが多かったが、世界において私たち若い世代が頑張らないといけないと思いました(17歳)。

・まだ成人ではないが、今後、何を考えるべきかがわかりました(17歳)。

・内容の深い講演でしたが、とてもわかりやすい解説を添えてくださったので、共感できる場面が多々ありました。素晴らしい講演、ありがとうございました(17歳)。

以上は高校生です。

・日本の世界からの見方について勘違いしていた。もっとグローバル化しないといけないと思いました(20歳)。

・最後に私たちにもできることを提示してくださって、できることがあると気づけたことがよかったです(20歳、熊本大学)。

・これまでのゲストとは違う切り口で、とても新鮮でした(22歳)。

・私、世界に出ます(21歳)。

・日本について違う視点から見るきっかけができたと思う(23歳)。

・若者、女性に対するメッセージに心を打たれた。これまで「日本のために」という気持ちをあまり持つことができなかったが、一人ひとりの意識を変えていかなければと思った(21歳)。

以上は大学生の意見です。

・「昨日は大変印象深い講義ありがとうございました。

役所の性格や取扱方法についてのお話は私の思考の中に新たな切り口を作っていただいたように思います。また、Twitterの投稿、フォロワーの話題は非常に興味深くFacebookの利用をはじめた私にとってもやりがいのある宿題をいただきました。

昨日の講義について1点質問があります。黒川様は原発事故調査委員会の話題の中で9つの結論と、7つの提言を紹介されていました。

結論と提言ともに奇数になっていますがこれらは偶然導き出された数なのでしょうか。
それとも、7や9、奇数に何か意図があるのでしょうか。意図があるとすれば、伝える対象によって数はどのように変化するのでしょうか。」
 
・「生徒に何かを伝え、導く仕事に活かせるヒントがあるように感じご連絡いたしました。今夜は期待通りの熱い講演でした。足を運んだ甲斐がありました。

私の専門は経営学・経営組織論ですので、官僚制の逆機能のところはとくによくわかりました。
以下、自身のフェイスブックでのつぶやき投稿です。

黒川清・石倉洋子(2006)『世界級キャリアのつくり方』東洋経済新報社。

これしか読んでなかったけど、黒川先生の講演を聴いた。今夜は日本語でしゃべっておられたけど、どこかの講演会場では英語でもおやりになるんだろうな。

PPTが英語混じりだったし。ふだん何を食べておられるんだろう・・・

ドーピングでもしないと90分フルであの勢いのままトークを続けるのは無理だわ。」

 

皆さん、特に若い人たちに気持ちを伝えられたのはうれしいです。