Hayman島、ADC Leadership Retreat -1

→English

写真はこちら(クリックしてください。)

27日の朝から2つの会議をこなして、帰宅。旅行の荷物をつめて、夕方に成田へ。この件で、Sandel教授の講演に参加できなかったのです。

成田を夜9時過ぎに出発、約9時間の飛行時間でBrisbane空港へ朝7時に到着。ビジネスクラスでもあまりゆったりもしていないし、席はフラットにもならないし、ほとんど眠れませんでした。ここで4時間ほど時間待ち、JQ (JetStar)で約1時間40分でHamiltonへ到着。ここからいよいよHayman島へ cruiserに乗り換える。この数年お招きを受けていたのですが日程の都合がつかず、はじめて「ADC ForumRetreat」に来ました。

船の中は皆さん、同じ会議へ向かう方達ばかり。快適なスペース、順調に静かな海をすべるように進む、回りは島々を近くに見ながらすべる素敵な空間。鯨が見えた、ここは鯨がよく通る道なのだとか。あまり天気は良くないがそんなに寒いわけでもない。たぶん20゜C程度だろうか、曇っていて、いつでも雨が降ってきそう。

シャンパンなどいただき、皆さんと話をしているうちに1時間でHayman島に到着。早速ホテルにチェックイン、4時に部屋へ移る。荷物がなかなか届かない。

もたもたしているうちに4時45分から「ADC Forum」(資料1)の開始です。私は最初の「Opening Plenary: Australia ?Big questions and new unknowns」のパネルに出るので、ジーンズのままで会場へ(さすがに皆カジュアルで、ネクタイしている人はいませんでした。ちょっと安心)。

6日前の選挙で自由党(Abbottさん)も労働党(Gillardさん、女性)も1票差程度で半数とれず、少数党との協力を取り付けに入るところ。こんなこと(Hung Parliamentといいます、「ねじれ国会」でしょうか) はこの国でははじめのこととか。「2大政党の時代」は終わりなのかも、という議論がでます。ことしの英国の総選挙もそうでしたね。グローバル時代の多様、多彩な価値観を表しているのかもしれません。

このOpening PanelはBBCの名アンカーマンNik Gowing が司会。前半Part-1は今回の選挙についての「ABC Online」の政治主筆Ms Annabel Crabbの15分ほどの意見のあと、3人のPanelistで元気な議論。

後半part2は「Lord Nicholas Stern」のClimate Changeと経済成長への課題についてChris Freemanの産業革命以来の50-60年の技術革新、社会の変革と経済成長のサイクルにも触れながら20分ほどのスピーチ。そのあと、Dr Raghida Dergham外交記者カラムニスト、Kaplan社 Chief Learning OfficerのBror SaxburgHarvard大学のDr Daniel Shapiro, そして私というパネル。

「Part 1, 2」ともすごく面白い議論が出来ました。

Australiaの今回の国政選挙もさることながら、何しろ、日本では小泉総理が止めてから、4年で5人の総理が出たわけですし、1週間前には民主党から小沢さんが総裁選挙に出馬とすると。もしかしたら、4年で6人の総理、6つの内閣。ご当地では今回の選挙結果で政治的に大きな課題だ、と大きく問題視しているのに、わが国日本はのんきというか。とにかく国の政治の「リーダーたち」の「コップの中」的発想と行動は耐え難い。やれやれ。大体、どの政治家からも「国のビジョンとそれへの戦略的政策課題」なんて聴いたことがない。

夕食はStern氏と隣になり、ずいぶん密に議論が出来たのが大収穫。彼はこの2年で2度、東京で会える機会を逃したし。そんなことも話題にすばらしい一日でした。

食事のあと10時から最後のセッション「Science, Public Policy and the Elusive Common Ground」にAustralia政府の「Chief Scientist for Australia」のProf Penny Sackett と2人、CSIROのCEO、Dr Megan Clark の司会で1時間。

なかなか充実した1日でした。