Michael Jacksonとの話題に、城山三郎さんも参加してAERAの記事に

今年の6月26日にMichael Jackson(MJ)の1周忌に「Michael Jacksonと私」のことをお話しました。これを読んで、私の友人の出口さんが、そこにあった「Cul de Sac」を「キーワード」として使ってすばらしい話を作って、これが9月6日号のAERAに「マイケル招いた飛翔への交錯:マイケル・ジャクソン一周忌追憶秘話」 というタイトルで掲載されました。

出口さんの着眼点と物語りの作り方には、感心してしまいました。私にはタイトルがちょっとわかりにくいというか、物語りのメッセージの核がぼやけた気もしますが、、。

人生には、多くの人の出会いがあり、何が起こるかわからない。だからいつも前向きに、人が見ていてもいなくても、真剣に考え、まじめに自分の考えをすすめていくことが大事だと思います。

L’Oreal女性科学者奨励賞、宇宙飛行士山崎直子さん特別賞

→English

8月23日、沖縄AYEPO2010閉会式から東京へ、そこからL’Oreal女性科学者奨励賞の授賞式参加へ直行。

いつものことですが、輝く女性たちは日本の希望です。

今年もすばらしい4人の新進気鋭の女性科学者がうれしい受賞。さらに宇宙飛行士の山崎直子さん資料1)に特別賞という粋が決定。山崎さんの参加でさらに盛り上がりました。式はいつもながらのとてもスマートなL’Orealらしい、きれいな舞台と進行。私も、乾杯の音頭といううれしい役目をさせていただきました。

世界の5大陸から毎年5人の素晴らしい女性科学者が選ばれますが資料1)、この奨励賞は5年前から日本で始まった試みです。

前々回も素晴らしい方達 と楽しいひと時を共有しましたが、今年もまた嬉しい時間でした。

前UNESCO事務局長の松浦さん、前職(坂東さん)と現職(岡島さん)の男女共同参画局長(このポストが出来てからの3人も局長は皆女性です)ほか、多くの関係者が参加してくださいました。

日本の将来は、女性の活躍する場?(資料1)をどれだけ速やかに広げられるか、にかかっています。

抵抗勢力は、もちろん「タテ」社会で「草食系男性」が威張っている男性社会そのものでしょうね。実態が明らかになるのが怖いのでしょう。「タテ」から「ヨコ」に広がるグローバル時代、本質的な内容の伴わない「肩書き」の時代は、とっくに終わったのです。

?

Michael Sandel教授が来た、そのインパクトは何か?

→English

NHKの「白熱教室Justice」で大人気のHarvard大学のMichael Sandel 教授が来日。早速、東京大学の安田講堂で講演しました。申し込みは定員の10倍とか?その授業は今日(26日)、NHKで放送されるとか。また再放送もあるでしょう。ぜひ見てください。

27日にも都内某所で講演されるので、私もお誘いを受けましたが、都合がつかず、残念(この件は後ほど報告します、、)。そこで私の代わりに、何人かの若い方達をご紹介、皆さんにとって、とてもいい経験になると思います。

この授業については、5月16日19日にポストしましたが、授業の進め方で特に優れているいくつかの点について私なりのコメントをしました。すばらしいですね。

さて、このような授業を「ナマ」で聞けた方達は、いつも受けている授業、自分たちの先生たちとついつい比べてしまうでしょう。それは仕方のないことですね。

このようにいろいろな先生の授業を多くの学生が受けること、それらが学生や教師にオープンになることが、教育の質の向上になるのです。誰でもいいと感じるほうを選ぶに決まっていますし、先生たちも、よりすばらしい講義とその進め方を見れば、それをお手本に、目標にするでしょうから。

これがグローバル時代には「OCW」、「YouTube」などのデジタル技術で「オープン化」が可能になり、これが徐々に「グローバル評判」から、「グローバル標準」になっていくのです。教育の評価、教員の評価も、大学内だけ、国内だけにとどまってはいられないのです。

このような「グローバル」時代の「オープンな他流試合」を基本とした教育を取り入れているのが、一橋大学ビジネススクールです。これは先生たちにとってはとても「しんどい」ことでしょうが、学生さんたちにとっては、うれしいことですし、多いに勉強もさせられるし、これが大学の「国内外」での評判になっていくのです。

何も研究の成果の「impact factor、citation」ばかりが大学の評価ではないのです。大学教育の評価もグローバルにできるのです。学生たちはそれを求めているのです。

もちろん、Sandel教授の授業もOn-lineで見ることができます

「アジア青年の家2010」、すばらしい若者たちのネットワークを

→English

8月23日は、今年のアジア青年の家「AYEPO 2010」 最後の日で、私も閉会式に参加のために沖縄へ向かいました。安倍内閣のときに政策になり、2008年に始まったプログラム資料1)です。

今年も元気なアジア各国からの15,16歳の若者30人、日本は45名(1/3は相変わらず女性です)が元気に参加、3週間の間に台風が来たり、平和祈念公園、ホームステイ、海に潜ったり、海岸をきれいにしたり、沖縄科学技術大学院大学(OIST)美ら海水族館など、多くの活動からすばらしい体験をしたようです。

私も閉会式に参加、皆さんの生活のビデオ、そして皆で「We are the World」を歌うビデオ紹介、去年に続いて共通のテーマを「水」に絞って、議論を重ね、自分たちの2030年という立場からみた「Kiseki奇跡」というすばらしい詩を書きました。私の講評とコメント、そして閉会式があり、とても素敵な1日でした。皆さん10年後、20年後はどうしているでしょうね。この沖縄での3週間から出発して、すばらしいネットワークを築いていることを期待しています。

また、10数人の大学生 (第1回から参加してくれている立命館アジア太平洋大学からは300人を超える応募があったとか、すばらしい反響です) が参加、事務方、支援の方たちも奮闘、すばらしい3週間の経験だったと思います。このような活動を日本中で、自発的にドンドン広げてほしいですね、将来のリーダーを作り、友だちの輪を広げること、これこそが、グローバル時代への人材育成の基本です。

GDPは中国2位、日本は世界第3位へ、The Economist記事から

→English

世界第2の日本のGDPは中国に抜かれて第3位に。

GDPは国民の数が大きく影響する数字ですから、それほど心配することはないのです。日本の10倍の人口をもつ中国が世界第2位になるのは時間の問題で、とっくに予測されていたところです。

大事なのは国民一人当たりのGDPです。これは90年代以来、日本は世界2位を滑り落ち、とっくの昔に18位程度に落ちています。第1、この15年、日本のGDPは増えていないのですから。この15年GDPが増えていないOECD国は日本だけなのではないでしょうか

今でも成長の気配が感じられない、世界から期待されていない、投資も来ない。2008年のリーマンショックからは、OECD国も状況が変化していますが、日本の「経済成長なし、借金のみ増え続ける」のは相も変わらずひどいものです。

さすがThe Economist (8月19日)の記事 「Watching China whizz by」(日本語訳はここ)は大事なところをきちんと伝えています。友人の石倉洋子さんの意見 も記事になっています。いつも言っていることですが、大企業は決断ができない、できても遅い、基本的にはヨコ並びの大企業、政治的にはだめな企業を退出させないで「ゾンビ企業」にしてしまう。そして新しい企業が出てこないのです。世界のマーケットは大きく変わっているのです。Demand-driven、Open and Disruptive Innovationの時代になっているのにね。

それにしても、The Economistの図にあるように中国の経済成長はすさまじいですね。

相手を良く知らない、成長する新興国に以前からの長い知己の人脈がないのでは、成長するのは大きなハンデイです。たとえば、来年のアフリカ全体の成長予測は5.6%です。どんな戦略を考えているのでしょうか。