「ものづくり」から「ものがたり」へ

最近、“「ものづくり」から「ものがたり」へ”といったテーマで発信しています。結構、ご存知の方も増えてきているようです(参考: 1 2 )。うれしいですね。このブログでも繰り返し取り上げているテーマでもあります(参考: 1 2 3 )。

日本の強みは「ものづくり」なんて言ってもダメなのです。一番大事なことは「ものがたり(Story-telling)」。人の心を掴み、「感動」させること。「ものづくり」はその中の一部なのです。

Harvard Business Review(日本語版)の「Opinion」欄をご存知ですか。機会を頂き、今年最後となる12月号に「ものづくり」について書かせていただきました。

 「ものづくり」から「ものがたり」へ
 (Harvard Business Review 日本語版 2008年12月号)

思いがけない偶然があ.ったのですが、これについては読んでみてのお楽しみ。

停滞気味の医療改革、そして悲劇は続く

English

最近の救急医療の悲劇、妊婦たらい回しなどの事件は世間の注目を集め、ようやく日本政府もその重い腰を上げ、医師不足解消に向けて医学部生の枠を拡大することを提案しました。しかし数を増やしたからと言って一人前の医師になるには何年もかかるわけですから問題の一面にしか取り組んでいません。

医療システムも大改革が必要な重要な問題で数年前から政策も導入されてきました。しかし実際にどれだけ実行されているかと言うと非常に遅く、ごく限られた自治体でしか導入されていません。その間も悲劇は続き、待ったなしの状況です。

Japan Times の最近の記事や朝日新聞の社説ではこの件について書かれており、私の考えが引用されています。

  国民はもっと政策策定に携わり、意思決定のプロセスを透明で民主的な方法にすべきであり、これこそまさに日本医療政策機構で発信していることです。

Summit on the Global Agenda、ドバイから-2

→English

9日、朝早くから会議場のテラスで、日本からの参加者と朝食をとりながら会議(写真1~4)。日本からの参加者のほぼ全員でしたが誰かわかりますか?

写真1~4: 日本からの参加者の会議

Dsc00302 Dsc00301Dsc00300 Dsc00303

その後はBrain stormingの続きとまとめのセッション。前日から引き続き、8つのテーマにまとめ、各6分程度でプレゼンするというものです。是非このBBCのNick Gowingが司会するセッションをwebcastで見て、聞いてください。皆さん、時間と競争しながらまとめ、話すのはなかなか見事です。

会議終了後は、ホテルでひと休みした後、世界で一番高い建物になる建築中のBurj DubaiのすぐそばにできたばかりのDubai Mallに足を運びました。SONY、Canon、Panasonicなどの日本のflagshipが見える中、本屋の紀伊国屋が出ています。中には大きな水族館がありここの壁の厚さは75cmとか。もちろんこんなものを作れるのは日本の企業、日プラです。

写真5~10: Dubai Mall

Dsc00308 Dsc00311 Dsc00314 Dsc00317 Dsc00326 Dsc00331

今回の会議参加者は400人ほどでしょうか、いつもより多くの日本の方が参加しました。金融危機、経済低迷をきっかけに世界は新しいパラダイムへの移行をうかがわせる大混乱のときに、このような会議で日本のプレゼンスが上がることはいいことです。しかし、全体として、金融、経済の不確実なタイミングになったので、政治、ビジネスなど実務関係者は欠席が多かったと見えます。日本を含めて学者や「独立系」が比較的多かったというのが私の直感でした。金融関係者はもちろんダメです。

夜は波多野大使たちとレストラン、鄭和 Zheng He参考:この人がコロンブスに先立つこと50年余も前にアメリカ大陸を発見したという説があります)で食事。

「鄭和」でのディナーの写真です。

Dsc00348 Dsc00350 Dsc00352

10日の午前2時45分、ドバイ空港を発ち、関空経由で10日の夜に帰京しました。

Summit on the Global Agenda、ドバイから-1

→English

ロンドンから6時間半のフライト。ちょっと寝不足で11月8日の朝、ドバイ空港に到着しました。ホテルJumeirah Al Qasrにcheck-inして、早々に会場へ。World Economic Forum主催の第1回「Summit on the Global Agenda」 と銘打った壮大なBrain-Stormingです。サイトを見ていただければわかりますが、8つの大きなテーマが更に68のサブテーマに分かれていて、3時間ほど議論の連続でした。私は「Innvation」と「Global Health」のメンバーです。ほぼ集中して「Innovation」のセッションに参加しました。10月に行われた京都のSTS Forum、そして今年1月のダボスでも一緒だったJohn Gageさんともこのセッションでご一緒しました。つい先日紹介したIEDOのTim Brownさんも「Design」のセッションに参加されていて、今年5回目となる遭遇でした。その他にも多くの方たちとの再会がありました。議論と集中力、なかなか疲れるセッションです。会議に参加された石倉洋子さんのblogの4報( 1、 2、 3、 4、)を見ると、この“疲れる”感じがわかるかも知れません。

夜はバスで40分ほどいった砂漠でレセプションがありました。いくつか写真を紹介します。

Dsc00288写真1: 東大の小宮山総長(日帰りだそうです)、田中明彦さん伊藤元重さん秋山弘子さん

Dsc00290写真2: 緒方貞子JICA総裁、駐米藤崎大使ご夫妻と

Dsc00295写真3: 騎馬のデモンストレーション

東京、ロンドンとかなり集中した会議の連続でさすがにちょっと疲れました。

しかし、しかし、なのです。JICA総裁の緒方貞子さんは6日にDubaiからAfganistanのKabulへ行き、国際空港ターミナル竣工の式典に、日本総理大臣の代理としてご参加。そしてトンボ帰りでこの会議へのご参加ですから、本当に頭が下がります。そして夜も私たちと同様に砂漠でのレセプションに参加されました。

世界のどこへ行っても緒方さんの周りには人が集まり、緒方さんに対する心からの畏敬と尊敬がありありと見て取れます。