→English

Familynewyear2008000St. Gallenの南にあるMt. Santis (2503m)

去年も参加したので報告しましたが、今年もSt. Gallen Symposiumにやって来ました。これは38年前にSt. Gallenの学生達が始めた企画で、いまでも学生が企画、運営を行っています。すばらしいですね。世界から200人ほどの学生と400人ほどのビジネスなど広い分野の方(ヨーロッパの方が多い)が参加します。初めてのことですが、今年は日本からも競争倍率5倍という中、20人ほどの学生さんが参加しています。日本からの学生枠は日本人だけでなく、半分ほどは留学生です。この選抜は英語での論文の審査で行われます。

今年のテーマは“Global Capitalism – Local Values”、タイムリーなテーマですね。開会はPascal Couchepin Swiss大統領、Dr. Heinz Fischer Austria大統領お二人のすばらしいOpening Addressesで始まりました。

今年は、去年もいらしていた方々の他に、1日目には林芳正議員がPlenaryで、一ツ橋大学の石倉洋子さんがFacultyで参加し、Workshopをリードしました。

Familynewyear2008001

写真1 Lord Griffiths(右)、Financial TimesのMartin Wolf(左)と。二人ともすばらしい。

Familynewyear2008002

写真2 日本から参加した学生達。鈴木さん(Credit Swiss Japan会長、左から3人目)と石倉さん(右端)と。

Familynewyear2008003

写真3 鈴木さん、私のスタッフの原くん(左端)、St. GallenのPhilipp Kuhn-Regnier君(右端)と。

私は2日目のWorkshopに出ました。去年は最初のPlenary Panelに出たのですが、その時の話と学生に向かって送ったメッセージがとてもよかったとかで(全体座長の英国のLord Griffithsに会場で言われました。うれしいことですね。)、今回はエッセイコンテストで表彰された南アフリカの学生、さらにRhodes ScholarCillierくん(9月からOxford大学へ留学するそうです)と、それと対照的な意見を書いたSt. Gallenの学生Klaassenくんに私がコメンテーター、BBCのPeter Dayの司会で進めようという企画でした。テーマは“Global Capitalism and Local Cultures of Innovation”。これは大変楽しかったですね。会議のサイトで見てください。

Familynewyear2008005

写真4 原くん、Philipと。

Familynewyear2008006

写真5 すばらしいEntrepreneurであり、Social entrepreneurのY.C. Deveshwarさんと。

Familynewyear2008007

写真6 小和田さん、安部大使、明石さん、元気な学生さんMs. Imaiさんと。

Familynewyear2008008

写真7 パネルのCillierくん、私、Klaassenくん、Bayさん。

14日の夜はレセプション、15日は去年と同じレストラン、Der Gupf(ワインセラーとそのコレクションでも知られたレストラン)で。Lake Bodenseeを見下ろす場所にあり、今年は天気もよく初めて周りの景色を見ることができました。

Familynewyear2008009

写真8 Gupfで石倉さんと。

Familynewyear2008010

写真9 Gupfで小和田ご夫妻、明石さん、安部大使と。


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.