→English

1月6日、成田からWashington DCへ。去年と同じで結構暖かいです

午後、私たちの“Think Tank”、医療政策機構English)から同行してくれたジェームス近藤くんと、Holocaust Memorial Museumに行きました。企画も、建物も、よくデザインされています。なんてばかげたことをしたのかと感じますが、程度の違いこそあれ、今でも似たようなことが世界のどこかで起こっているのです。狂気の沙汰です。このような歴史資料、文書の保存、展示、開示は大事なことです。それでなければ何も学ぶことができず、同じことを繰り返してしまうのです。愚かなことですね。

翌日7日の午前は、National Academy of Sciences(NAS)での会議(写真1)。昼食はNational Academy内の会員専用サロン(国務省科学顧問のNina Fedoroff博士のご招待だったのですが、よく考えてみれば私もInstitute of Medicine(IOM)の会員なので、このサロンを使えたはずなのですが・・・)で、Fedoroff博士と有本さんとで、いろいろと相談ごとです。話しているとすぐにいろいろな方たちとのネットワークがつながります。

Img1_1006
写真1 左から、Goldin元NASA長官、National AcademyのCicerone会長、何度もご紹介しているAlexandria図書館長のSerageldin博士

この日は、ちょうどIOMの理事会があり、朝、会場の入口で旧友のVictor Zhau氏(「イノベーション25」の応援団としてお世話になっているDigital New Dealでおなじみの大阪大学の森下竜一さんの先生で、いまやDuke大学の医学部から病院の全てを仕切っている切れ者です)とばったり。また、ちょうど1年前に昼食を共にしたIOM会長のFineberg氏ともお会いしました。プロの友達はいいものです。

(ところで、先ほどのDigital New Dealで、「DNDパーソン・オブ・ザ・イヤー2007」に私が選ばれていました。)

また、12年もの間、National Academyの会長を務め、特に途上国への援助に力を注がれたBruce Alberts氏にも、去年10月以来ですがお会いしました。大学(UCSF)に戻ったけど少し退屈だったと言っていました。今年3月からは「Science」誌のEditor-in-Chiefになられるそうです。「これで有名になるね!」なんて冗談を言ってあげました。

午後は世界銀行へ。East Asia and Pacific RegionのVice President、James Adams氏、そしてScience and Technology Program CoordinatorのAlfred Watkins氏等とお会いし、講堂で彼らの司会の下、「Innovation for Development」の講演を約45分行いました。これもwebcastで見ることができます。新年早々でしたが、日本大使館等からも案内があったようで、かなりの日本の方が見えられていました。質問も多く、楽しかったです。

Img2_1007

写真2・3 世界銀行での講演の後で。(写真2の私の向かって左がWatkins氏。)

Img3_1008

Img4_1010

写真4 世界銀行の出口で、日本大使館の江端さんと(江端さんは以前イラクのサマワにも赴任していました。)

夕方はBush大統領の科学顧問、Marburger博士を訪問しました(写真5、6)。その後またNational Academyへ戻り、National Academy of Engineeringの会長で、10余年に渡ってMITの学長を務めたCharles Vestさんとお会いし(写真6)、これでNational Academies 3部門全ての会長とお会いできたことになりました。

Img5_1017
写真5・6 Marburger博士の会議室で。(写真6は秘書のJoan Rolfさん。日本に2年ほどいたことがあり、日本ファンです。)

Img6_1012

Img7_1018

写真7 左から、私、Dr. Goldin、Dr. Vest、有本さん

夕食の途中で失礼し、Ronald Reagan AirportからNew Yorkへ向かいました。

それにしても、忙しい一日でした。

昼の気温は18度程度、実に暖かでした。去年は20度を越えていましたけどね。温暖化ですね、確実に。


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.