ソウルから

→English

13~17日、ソウルに行ってきました。

13日の朝早くに東京を出発し、その日の夕方、韓国の医学教育に一生を捧げた佐藤剛蔵先生のお孫さんの佐々木定さんと、佐藤先生の教え子たち3人(83~86歳)との再会に立ち会いました。佐藤先生が朝鮮半島に渡ってちょうど100年目。そして大韓医院(現在のソウル大学医学部の前身)の始まりの100年目でもあります。佐々木定さんは生まれて14年間、佐藤先生とソウルに住んでいたのです。佐々木さんは1945年の終戦とともに日本に帰国し、それから初めての韓国訪問になったそうです。何たる奇遇、何たる100年目の偶然。佐々木さんが当時住んでいた場所も訪ねました。

Korea1

写真1 左から石田さん、佐々木さん、朱先生、私

Korea22

写真2 朱先生(韓国学士院副会長)と私

Korea32

写真3 大韓医院

Korea4

写真4 京城帝国大学医学部本部(現在のソウル大学医学部キャンパス)

この訪問が一番近い二つの国の歴史を超えて、将来への扉を開くことを期待します。今回の訪問については、一緒に参加してくれた元ジャーナリストの出口さんがご自身のメルマガ(10月10日号17日号)で感動的なレポートをされていますので、読んでください。

翌日は佐藤先生のゆかりの場所を、佐々木さん、石田先生と訪ねて歩きました。夜は魚市場で生きた魚を目の前で調理してもらって食す、“贅沢”な夕食。

Korea5

写真5 ソウルの魚市場

15日は素敵な女性研究者、ソウル大学のNarry Kimさんにお会いしました(写真6)。RNAの研究で素晴らしい業績を上げているので、是非ともお会いしたいと思っていたのです。お子さん二人を育てながらの研究、そしてその業績の背景を知りたかったのです。この件については近いうちに別のコラムで報告しましょう。今はお話できないこともあるので、楽しみにしていてください。

Korea6

写真6 ソウル大学のNarry Kimさんと

16日からはWalkerhill Sheratonで開催された、World Knowledge Forumに参加しました。2日目の17日には、米国の前国務長官Colin Powell氏のKeynote Lectureがありました。原稿なし、メモなしで45分ほど、よどみなく、ベトナム戦争、韓国で過ごした時代、冷戦時のソ連訪問、中国訪問、冷戦終結前のゴルバチョフとの密会等、具体的なエピソードを交えながら話され、今の中国とその将来への期待などについて、興味の尽きないすばらしい内容と品格のある講演でした。

私はというと、インド、そしてSilicon Valleyでも活躍するD Bangaloreさん「世界級キャリアの作り方」でご一緒した石倉洋子さんとのパネルに参加しました。

このパネルの後、飛行場へと向かい、羽田行きの便で戻ってきました。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.