アブダビから-1、日本人学校へ

→English

17日にソウルから帰国して、あわただしく日本で数日を過ごし、22日の昼に、United Arab Emirates(UAE)の首都Abu Dhabiにやって来ました。“Festival of Thinkers”という会議に参加するのが目的で、ノーベル賞受賞者も15名ほど参加されます。Dubai空港には何度か来ましたが、飛行場の外に出るのは今回が初めて。日本側はAsian Pacific UniversityのCassim学長のお世話です。

21日の夕方、羽田から関西空港に移動。ラウンジで今回ご一緒するNassrine Azimiさんと合流し、夜中12時ちょっと前の便で出発。彼女は広島にあるUNITARの所長です。イランの出身ですが、スイスで教育を受けた、教養豊かな知的な国際人です。3年前のことですが、彼女が広島に就任した頃セミナーに行きましたが(ブログ 2004年10月21日)、その時はちょうど台風が近づいている真っ最中で、新潟の中越地震があった日でした。

そんなこともあって、久し振りにお会いする彼女とはいろいと話が弾みました。そして今回行なうパネルのこともあって、MITのMiyagawa教授をメールで紹介しました。Miyagawa先生はMITのOpen Course Wareを考案したチームのメンバーで、最近ではPulitzer Prizesを受賞した「敗北を抱きしめて」の著者John Dowers教授等と、Visualizing Culturesという素晴らしいプログラムを開設されています。MIyagawa教授-Azimiさんお二人の共同作業から何か素晴らしいものが生まれるような予感がします。わき道にそれますが、Miyagawa教授はこの1年間は日本にいらっしゃるので、先日政策大学院へお招きし、武蔵学園の中・高校生を何人か呼んで、お話いただきました。どんないきさつだったかは、いずれまたご紹介しましょう(ブログ 2005年1月4日)。

さて、Dubai空港に到着して、Abu Dhabiに向けて車で90分ほど移動。砂漠の中にニョキニョキと新しい建造物が建っていて、やたらと活気に溢れています。「何がなんでもお金」といった風情ですかね。世界中のクレーンの60%がここに持ってこられているのだとか。市外を抜けて砂漠の中のハイウェイをひたすら走り、Abu Dhabiに近づくにつれて今度は木と緑が多くなり、南カリフォルニアにも似た光景もあって気が休まる感じがしました。これは先代のAbu Dhabi首長のザイード大帝が、「砂漠を緑に、国土を緑に」と、自ずから先頭に立って、植樹、緑化運動をされたからということでした。立派なことですね。

午後早くAbu Dhabiに到着。ホテルはEmirates Palace(このサイトはお勧め: http://virtual-emiratespalace-uk.com/)。宮殿のようにとてつもなく大きな建物で、きれいなPrivate Beachもあります。今年の初めでしょうか、安倍前総理以下、財界の大勢が宿泊されたそうです。その時の逸話もいくつか聞きましたよ。3日間滞在しましたが、結局どこに何があるのかさっぱり分かりませんでしたね。ホテルの中を歩くのだけで疲れました。

Abudhabi001写真1~2 Emirates Palaceのホールと天井(こんなのがいくつもある)

Abudhabi002

Abudhabi003写真3 Cassimさんと石倉さん

Abudhabi004写真4 主催者側をまとめているHCT(Higher College of Technology)のVice Chancellor Dr. Tayeb A Kamaliさんと石倉さん

波多野大使のお誘いで、その日の午後、日本人学校に行きました。幼稚園から中学3年までで、全体で50~60人ほどの生徒がいらっしゃいます。吉崎校長先生をはじめ、日本からの先生、現地のお手伝いの皆さん、ご苦労様。幼稚園では、波多野大使の提案で現地の子供も4人ほど入っていました。各クラスで現地の子供達を増やす方向のようで、子供達の親も日本の学校の規律や、みなが同じものを食べる給食など、とてもいい経験と喜ばれているようです。このような小さなことが親善、交流、相互理解の元になるでしょう。

私の話は30分ほど、何人かのお母さんたちも来られていました。3歳児から中学3年生までを対象に話をするのはとても難しいです。でも、私が昔Los Angelesにいた頃に、日本人学校が整備され始め(これは補習校で土曜日だけでした)、何年かして「帰国子女入学制度」ができた頃から見ると、ここの日本人学校はとても恵まれているように思うこと、これからのグローバル時代には普通の人にはできない経験がとても役に立つだろうこと、そしてグロ-バル時代の子供たちへの期待などについて話をしました。

Abudhabi005写真5 アブダビの日本人学校で

「今までどこの学校がよかったですか?」、これは難問でした。そこで、去年ナイロビのKiberaスラム参考1)のOlympic Primary Schoolを訪問したときの話をしました(ブログ 2006年6月27日)。このスラムの子供たちは、家にトイレはなく、台所もない、電気もない、汚い、狭い、そんな状態でひしめき合って生活し、必死に毎日を生きている。どの教室も生徒で溢れ、学校まで歩いて1時間なんて当たり前です。でも、みんな目が輝いている、一生懸命に生き生きと勉強している、先生も自信に溢れている。この学校は1~8年生まで、ケニアで一番の成績なのです。「人生で一番感動したひととき、この国の将来をここに見た」、と記帳してきたことをお話しました。いつか、誰かが、私のこの記帳を見れくれると嬉しいですね。いつのことになるでしょうか、お便りを待っています。

生徒さんからたくさんの素晴らしい質問がありました。嬉しかったです。年長の生徒の悩みは、当然ですが進路に関するものが多いです。自分の将来について、日本の大学へ行くのか、どんな目標を持てばいいのかなど。子供たちも、親御さんも一番悩むところでしょうね。特にここは全日制の日本人学校ですから、International Schoolではないだけに、そのための悩みもあるのでしょう。

エジプトからきている中学3年生の女の子。日本語も、アラビア語も、自在にこなすのですが、この子もこれからの進路について迷っていましたが、どうしても日本へ行きたいという明確な理由や目標がないのであれば、これからの世界を考えると、英語圏、あるいは英語を主体とする学校を目指したほうがいいのではいか、とお話しました。

子供たちの目を見ていると、大きな可能性を抱えながら、日本と外国との間で不安とも戦っているのがわかります。感動します。一人ひとりが大きな将来、夢をつかんで欲しいです。

Abudhabi006写真6 波多野大使公邸で、大使、日本人学校の幼稚園の副園長 余語麻里亜さん(ヨゴマリアさん。日本のお名前です。ご家族にはお医者さんが多いとか。)

Abudhabi007写真7 Nobel Museum館長のLindqvist教授ご夫妻と石倉さん

Abudhabi008写真8 Nobel化学賞を受賞した「変人」、いまは誰でも使っている遺伝子増幅法PCRを発明したKary Mullisさんとご同伴の方、光に関する本などを書いたりしている“Physicist and Author”のDr. J Barbourさん

夜は、大使公邸で夕食を頂き、会議のレセプションで旧友、新しい知己を得る素晴らしいひと時でした。

ソウルから

→English

13~17日、ソウルに行ってきました。

13日の朝早くに東京を出発し、その日の夕方、韓国の医学教育に一生を捧げた佐藤剛蔵先生のお孫さんの佐々木定さんと、佐藤先生の教え子たち3人(83~86歳)との再会に立ち会いました。佐藤先生が朝鮮半島に渡ってちょうど100年目。そして大韓医院(現在のソウル大学医学部の前身)の始まりの100年目でもあります。佐々木定さんは生まれて14年間、佐藤先生とソウルに住んでいたのです。佐々木さんは1945年の終戦とともに日本に帰国し、それから初めての韓国訪問になったそうです。何たる奇遇、何たる100年目の偶然。佐々木さんが当時住んでいた場所も訪ねました。

Korea1

写真1 左から石田さん、佐々木さん、朱先生、私

Korea22

写真2 朱先生(韓国学士院副会長)と私

Korea32

写真3 大韓医院

Korea4

写真4 京城帝国大学医学部本部(現在のソウル大学医学部キャンパス)

この訪問が一番近い二つの国の歴史を超えて、将来への扉を開くことを期待します。今回の訪問については、一緒に参加してくれた元ジャーナリストの出口さんがご自身のメルマガ(10月10日号17日号)で感動的なレポートをされていますので、読んでください。

翌日は佐藤先生のゆかりの場所を、佐々木さん、石田先生と訪ねて歩きました。夜は魚市場で生きた魚を目の前で調理してもらって食す、“贅沢”な夕食。

Korea5

写真5 ソウルの魚市場

15日は素敵な女性研究者、ソウル大学のNarry Kimさんにお会いしました(写真6)。RNAの研究で素晴らしい業績を上げているので、是非ともお会いしたいと思っていたのです。お子さん二人を育てながらの研究、そしてその業績の背景を知りたかったのです。この件については近いうちに別のコラムで報告しましょう。今はお話できないこともあるので、楽しみにしていてください。

Korea6

写真6 ソウル大学のNarry Kimさんと

16日からはWalkerhill Sheratonで開催された、World Knowledge Forumに参加しました。2日目の17日には、米国の前国務長官Colin Powell氏のKeynote Lectureがありました。原稿なし、メモなしで45分ほど、よどみなく、ベトナム戦争、韓国で過ごした時代、冷戦時のソ連訪問、中国訪問、冷戦終結前のゴルバチョフとの密会等、具体的なエピソードを交えながら話され、今の中国とその将来への期待などについて、興味の尽きないすばらしい内容と品格のある講演でした。

私はというと、インド、そしてSilicon Valleyでも活躍するD Bangaloreさん「世界級キャリアの作り方」でご一緒した石倉洋子さんとのパネルに参加しました。

このパネルの後、飛行場へと向かい、羽田行きの便で戻ってきました。

老いた日本、自分の殻に閉じこもる

先日、フランスのジャーナリスト数人が、日本の各界のリーダー30人ほどに数日間に渡ってインタービューを行っていて、私のところにも来られました。数日後、そのジャーナリストの方からメールをもらい、インタービューした皆さんがなぜか極めて悲観的なコメントばかりで、私だけが何が問題で、どのように解決すべきかを積極的に発言した唯一の人だったといわれました。

その時の取材記事が「Le Figaro」9月25日号に掲載されていました(資料1)。日本語訳(経済広報センター:資料2)もいただきましたので、両方を掲載します。

 資料1 フランス語 (オリジナル)

 資料2 日本語 “老いた日本、自分の殻に閉じこもる”

海外プレスのインタービューは報道されるかどうかは別として、広報としてとても大事です

世界の若者、世界のリーダーたち、そして英国大使館でDavid King卿~世界から見た日本への期待と課題

前回のUNESCO-L’Oreal賞の選考でパリから帰国した翌日、10月7日から9日までの活動報告です。

7日の朝8時からBioCampへ。これは世界で活躍するNovartisが40人ほどのアジアの若者を対象に、2年前から年1回行っている“キャンプ”です(参考:12)。第1回は台湾で行なわれ、1986年のノーベル化学賞受賞者、李遠哲(Yuan T Lee)博士の基調講演がありました。第2回はSingaporeで、基調講演は科学担当大臣のPhilip Yeo氏、そして今回は、私と2002年のノーベル医学生理学賞を受賞されたMITのR. Horwitzさんが基調講演を行ないました。40人ほどの参加でしょうか、男女比は5:5。このうち日本からの参加が15人ほどで、男女比は7:3で男性が多かったです(ということは、他の国からの参加者は女性のほうが多いということです)。前日にパリで女性の研究者の選考をしたばかりでしたので、ちょっと寂しい感じがしました。

後で知ったのですが、翌朝の「みのもんたの朝ズバ」で90秒ほどですが、私の講演部分も含めて放映されていたそうです。私企業が世界の若者育成への貢献の例として取り上げたようです。

この基調講演を終えた後、すぐに京都へ。第4回のSTS Forumです。午前のセッションでは福田総理のご挨拶があり、好評だったようです。これには間に合わず、午後のセッションから参加しました。今年は4回目ということでかなり盛り上がっていましたし、数多くの世界のリーダー、友人たちと再会、新しい知己を得られる素晴らしい機会でした(写真1~4)。世界の多くの課題や政策等についての討論からしても、去年の会議から更に成長した感じがしました。なんといっても、気候変動や持続可能な社会といった問題は、世界の中心的な課題になっていることは間違いないというところです。ここでも日本への期待は大きいのですが。

Stsforum07seoul011_3

写真1 左から私、李遠哲(Yuan T Lee)先生吉川弘之先生、そしてWaldvogel博士

Stsforum07seoul013

写真2 左から私、Charles Vestさん、そしてYoungsuk Chiさん

Stsforum07seoul007

写真3 左から私、Egypt大使、Alexandria図書館 館長のSerageldin博士

Stsforum07seoul002

写真4 George Atkinson氏の後任として米国国務省Rice長官の科学顧問に就任したNina V. Fedoroff博士

9日、STS Forumの会議終了とともに帰京の途へ。品川駅から東京大学医科学研究所へ向かい、国際エイズワクチン推進構想(IAVI)創設者のSeth Berkley氏(2年前のダボス会議からの知り合いで、今回のSTS Forumにも参加していました。)とワクチン開発の講演に参加しました。

この日の夜は、英国大使館に英国首相の科学顧問、David King卿(参考:12)との夕食へ向かいました。勿論、来年日本が主宰する7月のG8サミットの話題が中心で、私のスタッフ4人(内閣官房、外務省、総合科学技術会議、日本学術会議から)にも同席してもらいました。

国内外にいろいろと課題が満載のG8サミットのホスト国ではありますが、気候変動、アフリカ問題等をどうするのか?台頭するアジアと、これらの地球規模の課題への日本のリーダーシップは?等、世界が注目する中で、ここが21世紀初頭の日本の正念場はないかと、私はヒシヒシと感じているのですが・・・。

今年のドイツでのG8サミットは日本の提案が大きく貢献 しましたが(その割には、国内外で評価が広がっていないのは、いつものことですが報道戦略が上手くないのだと思います)、さてそこで気候変動に関して日本は何を打ち出せるのか。さらに、アフリカ問題へはTICAD(参考:12)をサミット直前の5月に横浜で開催するという絶好の機会であるにも関わらず、いづれのテーマにおいても、世界が注目する中で、「国家の意思」が伝わってこないもどかしさがあるのです。

これは世界でも同じように感じているところです。「急激に動く世界の中の日本」が見えてこないのです。もっとも、これは予期しなかった政権交代があったとはいえ、とのことを認識した上でのことではありますが。

さて、皆さんはどのようにこれを感じ、どのように考えているのでしょうか?

しかし、疲れますね。私にはやれやれといった感じでしょうか。