RedHerring、そしてSteve Jobs

English

RedHerringの名前を知っていますか?

シリコンバレーでは有名なメディアです。これが、今回初めてなのだそうですが、日本のそれも京都で、7月22日~24日の2日間、カンファレンスを開催したのです。ベンチャー起業家とベンチャー投資家たちが集まりました。私は「イノベーション」というテーマで講演をという依頼があって参加しました。プログラムや、講演者、パネルの内容の一部はRedHerring Japan 2007のサイトで見られます。私としてはこのよう集まりで話をするのが初めてなので、どんな人たちが来るのかということもあって、1日目から出かけました。元KDDIの千本さんや(6月にSt. Petersburgでお会いしました)、元ソニーの出井さん(4月にCamargueからでも紹介しました)は存じ上げているのですが、せっかく話をさせてもらうのですから、第一にどんな方たちに話すのかを知っておくことは、こちらとしては大事なことですから。

参加者は150人ほどでしょうか。半分は日本人、残りはいろいろでしたが、みな若い。日本人の70%はシリコンバレー組。外国人の半分は日本をベースにした人たちで、韓国などからのシリコンバレー組も多かったです。ほとんどがICT関係のベンチャーで、バイオ関係者は少なかったです。

SwedenのFredrick Harenさんは“Creativity, Innovation”といったテーマで、実にユニークな、インパクトのある話をされました(ある意味でとんでもない人と思われているかもしれませんね)。「New Ideas」という本を出版したとか紹介されていましたが、後ですっかり意気投合してしまい、この本を少々持ってきたので差し上げますね、とかでもらってきました。私も「変な」人とはすぐ気があってしまいます。根がDon Qixote同士なのでしょうかね?変な話ですが。

そんな調子ですから、皆さんの話を聞きながらスライドをとっかえひっかえ。最終的には先日のGIES2000、そして6月のWorkshopでのJorgenson教授のスライドの一部を使ってお話しました。これはJorgenson教授の最近の著書、「Productivity: Information Technology And the American Growth Resurgence」(MIT Press, 2005)にも出ている資料を更に新しくしているものです。この本は2000年のIT バブル崩壊後の米国の産業成長とIT関係企業の成長を知るのに絶好の本です。皆さんも、産業界の方も、政策の方も、大学人もしっかり読んでください。このような本が大学から次々と出てくるところにも米国の力を見て取ることができます。私の講演の最後は、Appleを創業したSteve Jobsの2005年のStanford大学卒業式での講演からのメッセージで締めくくりました。以下のようなものです。

1) you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something…
2) You’ve got to find what you love. Don’t settle.
3) Death is Life’s change agent.
4) STAY HUNGRY, STAY FOOLISH!

これらの意味を理解するには、上に掲載したサイトで彼の講演をしっかり読むことです。感じ取ってください。メッセージがすばらしいと感じました。こんな講演を卒業式で聞けるなんて、うらやましい。ところで、今年のHarvardの卒業式ではBill Gatesがスピーチをしていますが、これも心を動かす内容です。彼らの実体験から出る言葉は、何にもまして強いです。

私が講演をこのスライドで締めくくったので、司会をしていたRedHerringの社長 Alex Vieuxがすっかり喜んでくださり、彼なりの話を付け加えてくれました。嬉しかったです。

ここの参加者は私が普段お会いする日本のビジネスマンとは違っているのは明らかで、仕事を楽しみ、若く、活発で、どんどん発言し、めげず、英語で上手下手も関係なくしゃべる、という典型的な日本人には当てはまらず、なかなかよかったです。

石倉洋子さんのお友達の岡島悦子さんとか、いろんな方にも会えてよかったです。パーティーなど、その辺の状況はhttp://v.japan.cnet.com/beatproject/blog/story/0,2000071498,000241c-0000019673o,00.htmで見ることができます(なんと私の写真もありました)。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.