→English

朝河貫一先生については、その名著「日本の禍機」を「リーダーに不可欠な歴史観、世界観、志」というタイトルの書評で、池上映子さんの「名誉と順応」、MITのジョンダワー教授の「敗北を抱きしめて」とともに紹介しています。このとき初めて朝河先生を紹介しましたが、それ以来、このサイトで何度も朝河先生のことを紹介しているので、“サーチ”してみてください。

本当に素晴らしく立派な方で、日本人として初めて米国の大学教授になった、Yale大学の歴史学者です。2005年は日露戦争終結、ポーツマス条約の締結から100年ということで、日本でも朝河先生に関する記事がそこかしこに見られました。朝河先生についての本はAmazonなどで調べてください。また、GoogleやYahoo!を使って朝河先生についていろいろ調べてみてください。

今年、Yale大学で開催された朝河先生に関するシンポジウムについて先日ご紹介しましたが、朝河先生のことを学術的な視点からご紹介されている矢吹先生の講演が、学士会会報に紹介されていました。私は、朝河先生が「日本の禍機」に先立つこと5年の1904年、日露衝突のさなかにこの衝突での日本の正当性を説かれた「日露の衝突Russo-Japan Conflict」という英語の論文を(多分そうだったと思いますが)、横浜市立大学の矢吹教授のサイトで見つけて読んだ記憶があります。

なぜ、また朝河先生なのか。それは今の日本の状況が100年経っても本質的にちっとも変わっていないと考えるからで、今の日本をめぐる状況がある意味ではよく似ているようにも感じられるからです。今のようなグローバル時代にあっても、当時の朝河先生のような、「「驕る日本」と闘った男-日露講話条約の舞台裏と朝河貫一」(清水美和著)や、「最後の「日本人」-朝河貫一の生涯」(阿部善雄著)にみるようなリーダー、そして学者も見当たらないように感じるからです。大体、学者の世界はより高い立場で、このような時にこそ、権力、政府、国民にもっと発言しなくてはいけないのです。

朝河先生のような方はめったに現れるわけでないことはよく理解できます。しかし、いまの大学は何かといえば、大学は稼げとか、研究者の「インセンティブ」といえばお金の話ばかり。そんな卑しい人ばかりではありません。そんなことばかり言っている世の中に、誰が学校の先生になろうと思うでしょうか。ものさしは「お金で測れる」ことばかりなんて何かおかしいと思いませんか?学校もみんなで支え、先生を応援してこそ、子供たちも元気になるのです。これが教育の本質です。

この“朝河テーマ”については、20年前から基本的に同じことを何度となく発言・発信していますので、また考えてみてください。

学士会会報で同じく紹介している伊東さんの話も、いままで“大学入学試験へ向けた偏差値教育”でうまくいっていたと感じていたが、グローバル時代に明らかに転換期にある世界とその中の日本社会の、あまりに認識されていない根源的な問題について触れていると思います。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.