イノベーション国際会議「GIES2007」、そして企画、監督、出演者の役割り

→English

去年の9月に第1回を開催したGlobal Innovation Ecosystemという国際会議の第2回を、6月29・30日に開催しました。会議のサイトはwww.gies2007.comです。1日目は経団連会館で、2日目は私が所属している政策大学院(GRIPS)での開催でした。企画は生駒、有本、石倉、私などで、全体を取りまとめる“監督(Director)”は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の石倉洋子さんでした。1日目はまず私が「イノベーション25」についての報告を、座長という立場から話をしました。「日本語で、ゆっくりと、報告書についてですからね、余計なことは話さないでね」、という監督の指示に従って、時間きっちりでお話をしました。今日の私は「アクター」であって、アクターが勝手に台詞を変えたら舞台はダメになるからね、と私も言っていたのですが、出番の10分前までスライドの順序を変えたり内容を訂正したりして、結構神経を使いました。 皆がそれぞれの役をきっちりと務めてこそ初めて素晴らしい企画、舞台になるのです。スタッフの皆さんご苦労様でした。

私に次いで、Washington DCにある、例の「Innovate America」(通称「Palmisano Report」)を出したCouncil on Competitivenessの会長、Deborah Wince-Smithさんの力強い基調講演がありました。次に、日本学術会議を代表して北沢さんがなかなか味のある講演をしてくれました。これは日本語でしたが、スライドは英語と日本語の両方を使ったものでした。

その後はNew York Academy of Sciences会長のEllis Rubinsteinさん、産業再生機構のCOOを務めた富山和彦さん、日立の中村さん、インドからBagaloreさん(この人がまた面白い人で、共通の友人が多いことも分かりました)、中国からGuさん等が参加したパネルでした。石倉さんの軽やかで、洗練された素晴らしい司会進行で、テンポのいいパネルとなりました。このパネルも全て英語で行われました。会議のプログラム等の詳細や資料等は前述の「GIES2007」のサイトを見てください。 いずれ、ビデオでも見られるようになる予定です。お楽しみに。でもよく考えてみれば、北沢さんと私の講演だけが日本語だったのですね。

現場の雰囲気は、おなじみ出口さんのレポを読んでください。このレポでは、ロシアから帰ったばかりで、私の講演も英語だと勘違いしていたようで、後で訂正されています。成田から直行で会場にこられた帰国早々であり、私のPowerPointの資料も英語でしたので、すっかり私が英語でしゃべっていると勘違いされたようです。でもこれは英語の理解力が日本語と同じレベルで、「トランス」状態になっていたということですね。たいしたものです。

この会議の様子は、書くことでは「プロ」の出口さんのレポのほうが楽しめるので、今回はこの辺で。

Singaporeから、World Economic Forum on East Asiaに参加

→English

Slovenia、Parisと海外での仕事をおえて帰国し、一日日本で仕事をして、Singaporeに来ました。 毎年1月にダボスで開催される「ダボス会議」(World Economic Forum)のAsia-Pacific/East Asia会議に参加するためです。会議の様子は、World Economic Forumのウェブサイトでみることが出来ます。

ダボス会議の本会議は毎年1月にスイスのダボスで開催されますが、最近では日本でもかなり知られるようになりました。 私はこの6年間、毎年出席していて、会議の様子を何度か紹介しています(2007年2006年等)。この本会議以外にも世界各地で活動を展開しています。www.weforum.orgのサイトを参照してください。

このEast Asia会議は数年前から開催されていますが、日本では去年初めて、東京で開催されました。去年の11月にNew Delhiで開かれたIndian Economic Summitにも参加しましたが、今回は「Innovation “Mantra”」 というパネルに参加です。

このパネルの写真やビデオは下記のサイトで見ることができます。

写真:
www.pbase.com/forumweb/eastasia2007&page=11
www.pbase.com/forumweb/eastasia2007&page=12

ビデオ:
www.youtube.com/watch?v=ryOgSPKOQpY

日本からの参加者は竹中平蔵さんを始めとして、来年のG8サミットのシェルパを務める外務省河野経済審議官、 6/8にも紹介している竹内弘高さん、JETROの塚本さん、社会システムデザインの横山さんなど。皆さん私の知人、友人で、揃って論客です。また、若林環境大臣もご参加で、G8サミットでの日本の考えや立場を話されていました。これも大変よかったです。

帰国したら、早速、民主党の藤末さんがご自身のウェブサイトで紹介してくださいました

機会あるごとに、その機会をつかんで発信し、問いかけ、課題にrelevantな発言をする。そうして日本のプレゼンスをもっともっと上げていかないといけません。

会議に参加された皆さん、ご苦労様でした。

パリから、日本の広報意識の低さについて一言

→English

SloveniaからParisに来ました。素晴らしい町です。5月の初めにも来ましたが、ここは来るだけでうきうきします。しかし、ちょっと熱いですね、気温30度です。

日本国際問題研究所(JIIA)に、私の書いた記事“Challenges for Japan’s Scientific Community in the 2008 G8 Summit”が掲載されています(PDFはこちらから)

日本の政府は、国内、国外を通じて広報が下手で、とても損をしているということを指摘しています。なんでもお上頼みという意識がそんなことにしてまうのでしょうか。いや、民間企業や大学でも同じことですね。基本的に誰が責任を持っているのか、という意識が低いのでしょう。

3/13のブログ「Jeffrey SachsとMillennium Village Project」や、5/29のNews「住友化学の米倉社長とJ Sachs教授との日経での対談」などは、ささやかではありますが、世界で行われている日本の活動と貢献を広く皆さんに知ってもらいたい、みんなに自信を持ってもらいたいという、私の責任意識の表れなのです。

単に「モノをいわない」、「派手に自慢をしない」、「いずれ分かってくれる」というのはいいのですが、国の事業は国民のお金で行われている事ですし、もっともっと上品に、しかも効果的に、日常的にさりげなく伝えることが必要で、広報活動を戦略的に、上手に展開することは国家戦略として必須だと思います。もっとも、国民のお金であるという感覚が、責任者たちに欠けているところに大きな問題があります。対外広報戦略という意味では、日本人は不得手なのです。

長い間、「よらしむべし、知らしむべからず」が、日本の政府(「お上」)の精神的な基本方針でしたからね。最近の社会保険庁などの問題はその典型ではないでしょうか。人を馬鹿にするのにもほどがあります。政府のホームページを見ても、皆さんに見てもらう、読んでもらおう、なんて意識があるとはとても思えません。担当者にはいつも言っているのですが、やはり担当者では無理なのでしょう。基本的に役所は新しいことについては、できない理由ばかり言う人たちの集まりですから。

アメリカで最も偉大な大統領と多くの人が考えるLincoln大統領が、1861年に行ったスピーチの言葉、“Government of the People, Government by the People, and Government for the People”というのがありますが、この民主主義の基本精神は、今でも日本には定着していないと感じます。

皆さんはどのように考えますか?何ができるのかを考えて、すこしのことでも、ささやかでも、自分の周りから行動に移していくことです。

Chronicleから

English

5月に英国のChronicle紙、David McNeillさんのインタービューを受けました。6月1日の「The Chronicle of Higher Education」に私の記事が出ています。 以下のような内容です。ちょっと長目ですが、我慢してください。

http://chronicle.com, Section: International, Volume 53, Issue 39, Page A37)

●Kiyoshi Kurokawa doesn’t mince words. As the government’s first handpicked science adviser, he wants to completely overhaul Japan’s higher-education system. And he believes he has the passion and ? at a sprightly 70 ? the energy to do it.
●"I stay young because I am so angry," he says in his Tokyo office, overlooking Japan’s parliament building. "I am almost exploding at the way the university system bangs down the nail that sticks up" ? a common Japanese proverb about the pressure to conform. "Our young people are not being allowed to excel."

出る杭をたたくのはいけないということです。

●Prime Minister Shinzo Abe apparently agrees. Last October he asked Mr. Kurokawa, a former University of Tokyo professor of medical science, to advise his cabinet on science issues and to chair the Innovation 25 Strategy Council, a panel of professors and industrialists charged with forecasting Japan’s science and technology needs until 2025.
●A key structural weakness, most agree, is the country’s universities, which struggle to generate cutting-edge research and, with few exceptions, languish far down the list of internationally ranked universities. The council published its draft report in February, and the scramble is on to influence policy.

大学の改革はグローバル時代を迎えて待ったなしなのです。

●Unlike the chairman, the report is light on specifics and heavy on rhetoric, particularly about the need for "innovation." But Mr. Kurokawa sees it as a vision statement to inspire change. "Politicians don’t understand detail, so my comments have to be succinct," he says. "I keep my message to the prime minister simple."
●His suggestions include a huge increase in spending on higher education ? currently just 0.5 percent of GDP, compared with 0.9 percent in the United States, according to Japanese government statistics ? and abolishing the inflexible one-day entrance exam that largely determines where one attends college in Japan.

一回の試験で多くの人の進路を決める「大学入試センター試験」なんてものはやめて欲しいのです。 国の教育予算は少ないですが、思い切った改革がなければ、予算のつぎ込みは逆に改革の足を引っ 張ることになりかねないです。

●He wants to force the big universities to teach 20 percent of their courses in English. Just a handful of the most prestigious private universities are even close to this figure. And he wants to send thousands of students on foreign exchange programs.
●For good measure, Mr. Kurokawa would boost the number of foreign undergraduates to 30 percent of enrollment, up from 9 percent now, and appoint more women to senior academic positions. He points out that just one out of the 87 national-university presidents in Japan is female. One of his key reforms when he was president of Japan’s Science Council was increasing the number of women among its 790,000 scientists.

一流大学がまず改革を示さなければ、何も起こりません。女性の思い切った登用も必要です。

Influence From Abroad
●Mr. Kurokawa’s educational philosophy was shaped by 15 years spent practicing and teaching in the United States, where he eventually became a professor of medicine at the University of California in Los Angeles. He says he was initially startled by the "flat" social relations of universities there.

●"I was expecting to be told what to do, but I was told by my mentor: ‘You are a kidney specialist, and if you think this is wrong, you say so. We are partners.’ That shocked me," he says.
●It was this experience that led him to diagnose what he calls the "fundamental defect" of university education in Japan: "The system here is so hierarchical."
●He wants to shake up the koza system, under which a senior professor dominates the intellectual life of each academic department and forces junior colleagues to wait years for promotion.

大学は将来の人材を育てるところです。

●"That kills creativity and innovation," he says. "It has to be reformed so we can nurture our talent." Universities could then become the drivers of new technologies and environmental solutions, he believes.
●It is an ambitious program, and, as he is first to recognize, blocking its way is the deep conservatism of Japan’s educational guardians. Education Minister Bunmei Ibuki recently said that the country should "treasure" the fact that it is "fundamentally, one ethos, one culture, one ethnic rulership, one language, one belief system."

タテ社会の大学では、創造性などというのはなかなか育ちません。

●Prime Minister Abe is cut from the same political cloth, but his natural conservatism appears to have been trumped by fear that Japan’s universities are trailing the rest or the world.
●Whether Mr. Kurokawa’s ideas gain traction remains to be seen. If Mr. Abe loses his bid for re-election this summer, then the former professor may no longer have a soapbox to stand on.
●When he is told how difficult it will be to open up Japanese higher education, Mr. Kurokawa says, he always brings up sumo wrestling, a once ultra-traditional sport now increasingly dominated by foreigners and popular abroad.
●"We want to achieve the sumo-ization of universities," he laughs. "That is my goal."

大学の大相撲化です。

●His aggressive ideas have won praise among some of Japan’s more innovative business leaders. But even they say it is hard to change the country. Mr. Kurokawa is not discouraged. "Revolutions sometimes happen slowly," he says.

改革というのはどこでも、どの分野でも、確かに大変です。「教育、教育、教育」、本当に日本を変えた ければ、これしかないのではないでしょうか。今の「教育」のままでいいとは誰も思っていないと思いま すが、委員会には昔を懐かしむ個人的な教育論的発言をする人が多いですし、教育の専門家もどの 程度、このグロ?バル時代の世界の動きを認識し、大局観を持って考え、発言し、行動しているのか? 若い人達のことを考えると、私はとても不安なのです。

以前、白洲次郎について書かれた本を紹介しましたが、その本の著者、北康利さんが今度は「福澤諭吉」について書いた本が出版されました。白州次郎も、福澤諭吉も、 当時の時代背景を考えてみても、本当にすごい人たちです。いま、こんな人がいるでしょうか。