→English

週末、東京は桜が満開です。しかし、残念ながら天気は下り坂ということです。

さて、今回のタイトル「憂国の歴史学者、エール大でシンポジウム 朝河貫一再び脚光」は、3月29日の産経新聞に掲載されていた記事のものです。このブログを読んでいただいている方は、朝河先生の名前を既にご存知の方も多いでしょう。サイト内を検索しても、10件程度が検索結果に出てきます。

この産経新聞の記事の中見出しは、“先見性、日本の針路示唆”そして“朝河貫一の言葉 「日本は世界の信を失ふ」「米国は輿論の国」”とあります。私がこのブログで何度も発信している意見と同じ趣旨です。この100~150年を見ても、日本という国は基本的思考が内向きであり、俯瞰的にモノを見て、思考することが得意でない「鎖国マインド」です。これはなぜなのか?面白いテーマだと思います。

日本が世界の中で小さな存在であるならば、日本一国だけの問題で済んでしまうかもしれないし(それも困ったものですが!)、国際的にはあまりたいした問題にはならないでしょう。しかし、日本は世界第2位の経済大国です。グローバル時代に独りよがりでは済まないのではないでしょうか。今の世界情勢、急速に変化しているアジアの情勢や日本の動向を見ていると、ちょと心配です。

同じような“懸念”を感じたから、このタイミングで、このタイトルのシンポジウムが開催されたのしょうか?そうではありません。朝河先生がYale大学の教員になってちょうど100年ということで、この3月に開催されたのです。「Japan and the World: Domestic Politics and How the World Looks to Japan」というテーマの会議で、日本からも皆さんがご存知の方が何人か参加されています。今の世界の状況を考えてみると、日本にとっても、歴史的な100年ということも、みな偶然ですね。

朝河先生は、日本人で初めて米国の大学教授になった方です。それもYale大学でした。Yale大学に初めて正式に入学し、卒業したのは、これも何度か紹介している第6代東京大学総長で、会津藩白虎隊の生き残り、山川健次郎先生です。2005年、現Yale大学学長のRichard Levin氏が来日した時にも、東京大学の講演でこの二人を紹介しています。

日本の国際人50人ほどを連載で紹介している、在日留学生向けのサイト「月刊 向学新聞」というのがあります。大変意味深いサイトで、朝河先生や山川先生をはじめ、このブログで紹介している方々がここでも紹介されています。

“科学という「国境なきツール」を生かした国のビジョンを”(岩波書店 「世界」)という対談形式の記事でも「生命科学と倫理」を巡って書かれていますが、この記事の中でも朝河先生について触れていますので、一度読んでみてください。

"歴史は繰り返す"のでは困ったものです。ジュネーヴで行われた「World Knowledge Dialogue」のランチセッションでは、私の結論、「Have we become wiser?」がセッション報告の見出しになっていました。


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.