English

2000年に国連でMillennium Development Goals(MDG)が発表され、Columbia大学のJeffrey Sachs教授の指揮の下、2005年に「MDG報告書」が発表されました。世界各国の2025年への目標が示されています。なかなか難しい目標ですが、世界の将来へ向けた大きな提案であることは間違いありません。これをまとめたSachs氏のリーダーシップは心底、大したものだと思います。

彼とはこの1年、一緒に仕事をしています。2006/2/52006/1/28のブログでも紹介していますが、2005年のダボス会議で出会ってから、お付き合いしています。彼のHPでも分かるように、たぐいまれな秀才をお持ちで、超人です。29才でHarvard大学の教授になり、ラテンアメリカ、ロシアなどの経済再建計画等に大きく貢献した世界的にも著名な経済学者です。去年は「The End of Poverty」という著書を出版し、こちらも世界で高く評価されています。邦訳「貧困の終焉」も出ています。彼の活動を見ると本当に信じられないでしょう。

いつもニコニコして、人あたりがよく、偉そうな素振は全くありません。今でも、多くの国の顧問をしていて、特に多くのアフリカ諸国の国家元首顧問としても各国を飛び回っています。さらに、今年のBBCの「Reith Lecture」の栄誉を担っています。聞いたところ、もう既に一回収録したようです。

その彼が3月4~6日まで東京にいらっしゃいました。北欧、そしてBerlinから飛んできたのです。この後はソウル、そして北京という行程だそうです。私に色々な会合のセットを依頼され、それなりに大変でした。来訪の理由は、もちろんアフリカ問題に対して日本の貢献への感謝と更なる応援のお願いですね。何故か分かりますか?彼は、この難しい目標を自分達の力で少しでも進めるために、Millennium Village Project(MVP)を始めたのです。まず、エチオピアとケニアで各一箇所ずつ始めました。New York Academy of Sciencesにも「It Takes A Village」という感動的な記事があります。

彼の奥さんはMrs. Sonia Ehrlich Sachsと言います。あのPaul Ehrlichのひ孫です。Paul Ehrlichはご存知と思いますが、秦佐八郎を指導し、彼とともに感染症に有効な初めての化合物サルバルサン(梅毒の原因スピロヘータに対する特効薬です)を発見し、1908年にノーベル賞を受賞しています。Soniaさんは小児科のお医者さんでしたが、今は公衆衛生MPHを取得し、MVPの指揮を執っています。本当に、すごいですね。

2005年9月の国連のMillennium Summitでは、日本政府だけが、他に8箇所のMVPを支援すると申し出ました(小泉総理も出席致しました)。素晴らしい国際貢献ですが、日本の新聞ではほとんど記事になりませんでした。国連総会の直前に「本当に素晴らしい事、大感激だ」とSachs氏の仲間達からメールをいただきました。以来、私はことあるごとに「MVPと日本の貢献」を国内外で話しているのです。

日本のおかげで、Sachs氏のMVPに資金が集まり、現在アフリカで12箇所のMVPが動いているのです。

Sachs氏の滞在は短かったのですが、財務大臣、厚生労働大臣、同副大臣(武見さん)、緒方貞子JICA理事長、外務省高官等々にお会いいただきました。更に私の司会で、住友化学の米倉社長との対談(日経新聞掲載)のほかに、いくつかのインタービューを受けられ、大変喜んでいただいた3日間でした。関係者の皆さんのご支援に心から感謝します。また、ところどころでこれらの記事をご覧になられていると思います。写真はSachs氏とNPOの同僚のジェームス近藤さんと、私です。

これらを通して、日本の国際貢献、特にアフリカでの素晴らしい貢献を、国民の皆さんへ、そしてSachs氏から世界へ広めてもらおうというのが目的です。

ところで、住友化学は「Bed Net(Olyset Nets)」という、今マラリアに最もinnovativeな蚊帳カヤを、今は年間1000万作成しアフリカに提供している、世界的に大評判の会社なのです。MVPでも使われ、マラリアが激減し、子供達も元気になり、生産性は向上。教育も、食糧生産も増えています。さらに、生産工場はアフリカに2箇所、ベトナムと中国に各1箇所にあり、これらの国に雇用を提供し、従業員もこの製品のアフリカでの貢献に大変誇りを持って仕事をしているのです。これらもSachs氏との対談で紹介します。楽しみにしていてください。

20070306011

写真:中央がSachs教授

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.