「イノベーション25」 中間報告

「イノベーション25」の中間報告が発表されました。出口さんのDNDをはじめ、各方面で大きな期待と多くの応援をいただいていたのですが、相当な圧力も感じ、それなりに苦労しました。この種の報告書としては異例で、高市大臣の「メッセージ」から始まり、20年後の社会の「伊野辺(イノベ)家」の物語、そして座長として私からの「基本的考え方」と続き、そこからが他の報告書のような体裁になっています。

「科学技術のイノベーション」と「社会のあり方や制度のイノベーション」は、つまるところ、「人作り、イノベーティブな人を作る」という趣旨です。これらを一括して進めていくためにはどうするかが、報告書のアジェンダとなっています。当面の重点政策課題としては、1)若者への思い切った投資拡大、2)大学改革、3)環境を経済成長のエンジンに、そして国際貢献の中心とする、以上の3点としました。安倍総理もこの3課題をすぐにでも取り掛かるべき最重要課題であると認識を示され、推進の指示をされました。

新聞報道や様々なblogなどでも、いろいろとご意見、コメントをいただいています。ありがたいことです。報告書は http://www.kantei.go.jp/jp/innovation/chukan/070226.htmlに掲載されていますので、読んでみてください。

財政諮問会議(27日)でも議論された大学改革については、財政諮問会議の民間議員や文部科学大臣とも見解は基本的に一致していると思います。細部、方法論になると意見の違いやそれぞれの思惑の違いは当然あるでしょうけれどね。大学改革は国家政策の「きわめて大事な柱」という認識は、皆さんお持ちです。基本的には私が常日ごろから発言している「大学の大相撲化」の理念です。

また、地球環境、気候変動が最重要課題になってきていることは先進国共通の認識です。EU、英国ばかりでなく、アメリカでも今年1月23日に行われた大統領の一般教書演説ではエネルギーと環境がトップに上げられていました。ゴア元副大統領の「不都合な真実」がアカデミー賞を受賞されましたし、これらを見ても世界の動向は明らかです。今年のドイツ、そして来年は日本で開催されるG8サミットへ向けて、京都議定書後のリーダーシップの取り合いといった様相になりつつあります。環境問題に対する日本のリーダーシップとメッセージが世界で問われるところでしょう。

「イノベーション25」での提言に、総理自信が「(地球)環境(と気候変動)を経済成長のエンジンに、そして国際貢献の中心に」を重要課題として取り組むといわれたことは重要なことです。これらをどのようにして、国民に指示されるものにしていくか、関係省庁の政策も問われるところでしょう。情報がグローバルの時代です、世界は見ているのです。

大学病院革命

一部の方はすでにご存知かと思いますが、先般、「大学病院革命」という本を日経BPから出版しました。amazom.co.jpなどを見ると、それなりの評価をいただいているようです。18日の朝日新聞の朝刊の「書評」で、政治学の小林良彰さん(慶應大学教授)が、この本を紹介してくださいました。嬉しいことです。以下が、小林先生のご意見です。

● 「大学病院革命」 黒川清(著)
● 問題解決へ説得力ある提案
● ともすれば「3時間待ちの3分診療」と言われる大学病院。本書は、日本の大学病院が優秀な人材を集めながら、患者を満足させる医療が必ずしも行われていないのはなぜなのかを解き明かし、解決のための処方箋を示したものである。
● 著書は、日米双方の大学で医学部教授を務めた経験から、医者の道を選ぶのが 日本では大学受験の時であり、早過ぎると言う。米国のように学部生時代に自分の興味や基礎知識を育てた後で、医師としての適正を踏まえ、卒業後に(できれば別の大学の)メディカルスクール(医学専門職大学院)に進む方式を導入すべきである、と主張する。
● また、医療サービスを提供する大学病院と、研究や教育を行う医学部を明確に分け、大学病院では診療に応じた報酬を得る米方式の検討を促す。
● さらに、<かかりつけのお医者さん>を全国民が持つことを勧め、そのかかりつけの医師が大学病院の施設を利用して手術を行えるようにするなど、大学病院の一層の開放を訴える。
● たこつぼ的な医局の風通しをよくするため、医学部卒業後の2年間、臨床研修 医として病院に勤務する制度の導入を実現させた著者だけに、その分析と提案は説得力に富んでいる。

皆さんはどう思われるか分かりませんが、ご意見をいただければと思います。将来の若者のためであり、そのためにこそ私たちの世代はあるのです。先日の日経に紹介された「私の苦笑い」でも同じ趣旨のことが書いてあります。つまり、これが私の信念というか、原則、プリンシプルなのです。

ザインエレクトロニクス株式会社 代表取締役社長 飯塚哲哉 氏のインタビュー記事を紹介します。

11月29日に東京ビッグサイトで開催された「全国知的・産業クラスターフォーラム」で特別講演をされた、ザインエレクトロニクス株式会社社長の飯塚哲哉さんのインタビュー記事です。

 飯塚哲哉さん(ザインエレクトロニクス株式会社)インタビュー

出典: 日本IBM株式会社 『無限大』誌 2006年冬 No.120

イノベーティブなヒトとは?

去年の12月25日のブログザインエレクトロニクスの飯塚哲哉さんをご紹介しました。先日、技術者たちへの熱い思いがひしひしと伝わる彼のインタービュー記事をみつけましたので紹介します。

 飯塚哲哉(THine Electronics)さんインタビュー記事.pdf

このような思いを持ち、その思いへ向けて実践する人が、一人でも多く増えることを願っています。このような「イノベーティブなヒト」がもっともっと増え、いつも活躍しているのが「イノベーティブな社会」であり、これが「イノベーション」なのです。

評論家はもうたくさんです。考えていることがあるのなら、しっかりと深く考え、必要があれば相談し(だれに相談する?相談相手がいない?友達がいない?それがあなたの問題かもしれませんね)、実践あるのみです。できない理由をグダグダ言っているようでは、ダメなのです。

イノベーションは魔法の杖でももないし、あなたに何かしてくれるような秘密でも、トリックでもないのです。それは、あなた一人ひとりの気持ちの問題です。

イノベ-ションについてもっと知りたい方は、出口さんのDNDのサイトも訪ねてみてください。