GenevaからLondonに入りました。目的はTony Blair首相の科学顧問(Chief Science Advisor)で、私のcounterpartというべき立場にある旧知のSir David King氏に会うこと、それから“Stern Review Report”のSir Nicolas Stern氏のスタッフと会うことです(本人はインドに出張中でした)。2008年に日本が主催するG8 Summitの件もあるので、野上大使もご一緒してくれました(写真1)。とても有意義な時間でした。

イギリスの科学顧問(Chief Science Advisor)というものは組織化されていますが、最近、英国議会でさらに科学顧問の機能強化の提案も出ているそうです。Blair首相の退任後、この組織を統括するDTI(Department of Trade and Industry)をDepartment of Energyとし、さらにDepartment of Scienceを作るということも検討されているようです。(※1)

King氏との話で一番印象に残ったことは、英国社会の持つ科学への信頼の高さと、それを保障する科学者コミュニティが、個人、それから総体としての個別分野、俯瞰性、哲学性、歴史性、国際性のレベルでも、科学的、社会的責任への意識や発言の質が高いということです。これはひとつは伝統であり、そのような社会的信頼が築かれてきた歴史と文化ともいえます。とにかく科学的根拠に基づいた政策、提言を、という精神が、政治でも、社会でもいつも強調されているということです。国家としても科学に基本をおいた政策の使い方が客観性が高いだけに国際的に信用度が高く、そのために戦略性が極めて高い。英国はその実力の2倍、3倍の存在感を世界に与えていると認識されています。今回の“Stern Review Report”もそのような言葉を裏付ける報告です。だから、世界からの信頼も大きいのですね。Blair首相も「科学的事実に基づいた意見」ということを繰り返し強調し、それを戦略的に国際的な場でも使うのです。また首相は科学者の意見にはよく耳を傾けるそうです。科学者の高い見識と、一人ひとりの評価が仲間の中での開かれた相互評価を通して日常的に広く認識されています。これは本当に立派なことです。社会からの信頼の確立と維持が一番大事という哲学、認識です。

Stern氏のスタッフ達との会合もよかったです。外務省 Special Representative for Climate ChangeのJohn Ashton氏(写真2)等と、その後はDepartment for Environmnt, Food, and Rural AffairsでDavid Warrilow氏、Stephen Cornelius氏、Ian Pickard氏と気候変動、エネルギー関系担当との会合でした(写真3)。

Stern氏本人には、5月にLondonでお会いする予定です。

夜は野上大使公邸で、高岡公使、松浦一等書記官も参加し、さらに論議が弾みました(写真4)。

ところで英国の外交官については細谷雄一氏の「大英帝国の外交官」(2005年)がいいですよ。ここに描かれている外務省(Foreign and Commonwealth Office)が、どのような歴史的意味と位置付けを持つのか、これらを理解しながらこの本を読んでください。この外務省の建物の中でも写真をとったのですが、撮影が禁止されているとのことでここに掲載することができません。細谷氏はまだ若い(30代前半と思います)のに何冊も本を書いている学究の徒です。

(※1)グローバル時代に向けて英国の強いところをさらに強く、国家としてのメリハリを作るという明確な政治的意思です。こんなこと日本で考えられますか?政治と役所の役割はしっかり確立しています。グローバル対応へのスタンスは、対立する保守党も、Shadow Cabinetの財務大臣Osborne氏から去年の夏に東京で聞いた話でも同じ意見でした。ある英国人の意見ですが、英国が歴史上、世界に誇れるものは“科学、金融、民主主義”というのも理解できます。

Img_0509

写真1: Sir David King氏のオフィスで野上大使と

Img_0510

写真2: John Ashton氏と英国外務省で

Img_0512

写真3: Warrilow氏、Pickerd氏、Cornelius氏とDEFRAで

Img_0514

写真4: 大使公邸で野上大使と

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.