26日朝、北京からニューデリーに着きました。夜中に到着ですが、涼しいですね、冬ですから。あらかじめ気温は調べておいたのですが、涼しすぎます。北京からの機中はほとんど寝ないで「The Economist, Oct 7th」の「The Battle for Brainpowerbrain」特集、「The Times Higher, Oct 6th」の大学特集などを読んでいました。いずれコメントしますが、いつも言っているとおり日本の評価は低いですね。世界で共通している認識は、日本は「鎖国」であり、大学も企業も「大相撲化」(4/154/166/289/229/2311/6)が必要なのです。しつこいようですが、将来の若者たちが可哀想だからなのです。“えらい大人たち”の責任は重いですよ。

ホテルにチェックインしてからは、まず、ゆっくり午後1時まで寝ました。ニューデリーではIndia Economic Summitに参加ですが、これはダボス会議を主催しているWorld Economic Forum(WEF)がインドの経団連的な団体「Confederation of Indian Industry」と22年前から共催しているとのこと。WEF議長のKlaus Schwab博士も、「ここまでになるとは」と嬉しそうでした。彼とは2000年からのお付き合いで、日本に来るたびにお会いしています。ダボス会議(毎年1月末開催です)からのメッセージもブログに書いていますので見てください。

WEFスタッフで仕事をしている土屋君、坪内さんともお会いしました。若くて元気のある、国際的な場で「個人」として活躍している若者を見るのは気持ちのいいものです。二人の経歴も凄いですよ。独立心が強くて、坪内さんなんてアフガニスタンまで、自分で仕事をしに行ったのですから。私たちのNPO Health Policy Instituteでもしばらくお手伝いしてもらいましたが、MITのMBAへ行き、それからここで仕事しているのです。そのうちお二人を紹介しましょう。

午後の開会から、いくつかのセッションを聞きましたが、どれも活気がありました。東京大学の小宮山総長のPresident’s Councilで2週間前にご一緒したMunjalさん(Hero Group、India)がパネルに出ていて、お会いできました。根本総理補佐官にもお会いしました。「アジアゲートウェイ」等を担当しています。8月に参加した外務省の「30人委員会」のときにも会った、東京大学医学部卒業の医師で外務省の役人になっている小沼君も根本チームできていました。根本さんと同じような立場ですが、私とはずいぶん違います。政治家と学者の違いですか。役所の認識もそんなところなのでしょうか?もっとも、私はあくまでも個人の資格で招待されているのでしたから。

26日の夜は、Manmohan Singh首相の公邸の庭で招待宴がありました。気温は10度を下回ってちょっと寒い。北京経由だったので、冬服を持ってきていてよかったです。

Singh首相は12月に日本訪問のご予定。安倍総理との会談があるそうで、楽しみにしておられます。首相の補佐官から特にと紹介され「その時にぜひお会いしましょう」と言われています。実現しますか、楽しみです。後で聞いたところでは、インドの財界人を50人ほどお連れになる計画と伺いました。

日ごろから言っているように(9/9)、インドは面白いし、日本とはいい関係でさらに「Win-Win」の関係が築けると思います。多くの、極めてイノベーティブな起業家にお会いしましたが、日本人と違ったいくつものすぐれた価値観があり、日印協力は相互補完性が高いと見ています。

2日目の27日はいくつかのセッションに出て、たくさんの名刺交換と“Net-workling”でした。根本さんの出たセッションも聞きましたが、この何年かお付き合いのあるGLOBISの堀さんの出たセッションは同じ時間だったので、そちらには残念ながら出れませんでした。堀さんも元気な若者で、世界のリーダーたちの年代、40代の一人です。

夜は、またまた寒かったのですが、Kamal Nath商工大臣主催の野外レセプション。Purana Qilaという古い城跡で行われ、すばらしいダンスパーフォーマンス、広い庭での夕食では、偶然ですがまたまた東京大学総長カウンシルで一緒のMunjal御夫妻と同じテーブルでした。香港のSTAR TVのCEOである、“Ms.”Michelle Guthrieも一緒で、来週香港で行われるITUのWorld Telecomに「1日だけど私も行く予定だよ」といったところ、「STAR TVも参加しているので是非寄ってください」、といったことになりました。皆、若いですね。この方もWEFの「Global Young Leaders」の一人です。そして、BBCの名キャスター Nik Rowingさんにも会いました。今年1月のダボス会議で、彼のBBCライブに私が写っているのを1/27のブログで紹介しています。これは、Manilaで見ていたBagladeshの友人が見つけ、すぐにダボスにいる私にメールで送ってくれた写真です。世界は本当に狭いですね。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.