モンゴルから

5日からモンゴルの首都ウランバートル(Ulaanbaatar)に来ています。

モンゴルは今年、ジンギスカーンによるモンゴル帝国の成立から800年目にあたり、国家的行事が色々と行われています。私はアカデミーの交流で招かれました。10日には小泉首相も訪問される予定です。モンゴル科学アカデミー会長のチャドラ氏とは何度もお会いしていて、共にアジア学術会議にも参加している良く知った仲です。

直行便が満席だったので、成田からソウルのインチョン空港経由でウランバートルに入りました。到着したときは雨が降っていたのですが、何しろ降雨量の少ない国ですから、雨を持ってくるお客さんは大歓迎ということでした。

6日は、モンゴルの大切な財産である経典や、医薬を記載した記録、天体図等々、何百年も前の古い資料が大事に保存されている記念館を訪問しました。この記念館はアカデミーが管理しています。さらに僧院とお寺を訪問。大きな仏陀も立っていました。

お昼は、在モンゴルの市橋大使にご招待頂きました。その後、ジンギスカーンが若い頃生活していた、60キロ程離れた山の彼方に遠出しました。ここは今では自然保護地域になっています。ここからロシア国境までは600キロ程度あるそうですが、その間にはほとんど人は住んでいないようです。広い広い。見晴らしが素晴らしいです。ジンギスカーンは如何に、とつい思ってしまいます。

ロシアと中国、2つの大きな国家に挟まれ、それぞれの国境が数千キロにわたっているのですから、歴史から見てもわかるとおり大変な地域です。海に囲まれた日本では想像もつかないことです。1920年頃からソ連に直接的、また、間接的に支配され、冷戦の終わりとともに自由経済体制になり、日本も随分と貢献していますが、これもそう簡単なことではありません。

モンゴルの広さは日本の国土の4倍です。全人口が250万人。ウランバートルに約100万人が住んでいます。モンゴルの皆さんは日本人にそっくりで、今や大変な人気の朝青龍や白鳳のように体格のがっちりしている人も多く、なかなか強そうな人たちです。

Mongol013ジンギスカーンが育ったといわれる丘で、モンゴル科学アカデミー会長のチャドラ氏と、モンゴルのウォッカ(「arkhi」)で乾杯

Mongol018 ゲルの中で、右からチャドラ会長、私、唐木さん、西ヶ廣局長


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.