わたしと読書 本から感動を得る喜び!

最近はTVやDVD、インターネットなど、様々なツールを使って情報を得ることができるようになっているが、本を読むということは大事なことだ。

私自身は、新聞の書評欄などを見て気になる本や、人から「この本は素晴らしかった」という話を聞くと、すぐに注文してしまう。そうした本が山積みになっているが、出張の時に飛行機の中やホテルで夜中に読んだりする。面白いとついつい眠るのも忘れて本に集中してしまうので、寝不足になる。

そうして読んだ本の中で特に「これは!」と思えるものは、この3年間は月刊誌『ウェッジ』(JR東海)の「読書漫遊」で5回にわたって紹介させてもらっている。1度に3冊を紹介するのだが、その3冊をセットとしてどういうストーリーで、何を伝えたいかと考えていくことも楽しみの一つになっている。

歴史物やフィクションなど様々なジャンルの本があるが、これはというジャンルがあるわけではない。

しかし、どちらかといえば好きなジャンルは近代史のノンフェクション。実際にいた人物が、何を考え、どの様に行動していったのか、その思想の背景や文明史を学ぶことは意義があることだと思う。歴史を学ぶことは、過去を知るだけでなく、そこから現在を見つめることでもあり、そこを通して将来を見通して行く思考過程になるからだ。

最近読んで面白かったいくつかの本を紹介すると、立花隆の『滅びゆく国家―日本はどこへ向かうのか』、ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊―滅亡と存続の命運を分けるもの』、太田尚樹『満州裏史-甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』、星亮一『山川健次郎伝-白虎隊士から帝大総長へ』、M.K.シャルマ、山田和『喪失の国、インド・エリートビジネスマンの「日本体験記」』、岸宣仁『ゲノム敗北―知財立国日本が危ない!』、中島岳志『中村屋のボースーインド独立運動と近代日本のアジア主義』、細谷雄一『大英帝国の外交官』等々。

このような歴史や、人物の生き様、外から見た日本とかは、実に面白い。そのように本に感動し、何かを考え、感じ取ることができれば幸せだ。

出典: 社団法人自然科学書協会 会報 2006 No.3 東京国際ブックフェア特集号

南アフリカ、ザンビア、日本の若者たちの交流

南アフリカ共和国、ザンビア、そして日本の若者による第1回スピーチコンテストが開催されました。今年2月に発表され、審査を経て受賞した9人の若者の表彰式を学術会議の講堂で行ないました。

日本からも多数の応募があり、それぞれの国から3人ずつ選ばれました。日本からは14歳と17歳、そして21歳の女子学生が選ばれ、南アフリカからは13歳と15歳の女子学生と27歳の男子学生、ザンビアからは17歳と20歳、23歳の男子学生が選ばれました。南アフリカからは最多の77の応募があったそうです。どれもすばらしい発表でした。南アフリカ大使、ザンビアの大臣、サハラ以南アフリカ大使等も参加され、すばらしい授賞式となりました。受賞した若者は、日本に1週間そしてアフリカへも1週間の予定で訪問します。

まだ小さいプログラムですが、あと何年か後には大きくなってくる日本とアフリカの交流の小さな基礎になってくれることを期待しています。

18日にもチュニジア大使とお会いしましたし、6月はケニアにも行っていました。このところ本当にアフリカ続きです。

 

「ブラックジャックたち」、そして医師を育てる

いつも言っていることですが、人材育成は国の根幹です。私自身、日米で医師としてのキャリアを形成する上で周りの人々にとても恵まれ、UCLA医学部と東京大学医学部では内科教授をさせてもらったし、東海大学では医学部長をする機会を得ました。どこにでも優れた人達がいる、この人達を広く若者達に知ってもらうのも私の仕事と考えています。また、若い人達でもすばらしい可能性を秘めた人達がいる。その人達にできるだけ機会を与えることが、教師の仕事と考えています。事実、できるだけその原則で行動してきたつもりです。

朝日新聞で田辺功氏の取材による「ブラックジャックたち」という優れた医師の紹介記事が15回にわたって掲載されました。その最終回に沖縄の宮城征四郎先生、アイオワ大学の木村健先生と共に紹介されました。ご覧になった方も多いかもしれませんが、ありがたいことです。お二人とも本当にすばらしい方で、皆さんにもっともっと知って頂きたい方達です。

医学生の方も研修医の方も、広く「外」の世界を見なさい。たくさんの人達に出会いなさい。そして自分の目標、お手本を見つけることです。そしてその目標へまっしぐらに向かえれば幸せですよ。

なかなか目標になる様な人には出会えないと思っていませんか?そんなことはありません。