6月25日まで大英博物館でミケランジェロ展が開催されています。天才ミケランジェロの彫刻、バチカンのシスティーナ礼拝堂のとんでもなく素晴らしい天井フレスコ画「天地創造」や壁面の「最後の審判」、また4 メートルの高さの「ダビデ像」等のいくつかの彫刻のスケッチが展示されていました。

ミケランジェロの作品の素晴らしさはもちろん、その天才さに感動します。1475~1564年、89歳で没したルネッサンスの天才です。いまは、“ダヴィンチコード”ばかりですけど。

大英博物館のオンラインショップでDVDや本などが買えるようですよ。

5月にはロンドンに滞在していたのですが、その時はものすごい人気で予約が取れませんでした。今回は時間がなかったのですが、日本でOn-Line予約し、15時30分にヒースロー空港に到着し、入場ができる最後の時間ぎりぎりの16時40分に博物館に駆け込みました。1時間半ほど見て、また70分かけてヒースロー空港方面へ。空港をさらに超えてFour Seasons Hotelへチェックイン、約束していた夕食に間に合わせました。

ばかげているかも知れませんが、これが最後のチャンスかもしれないので観れて本当に良かったです。その後2日間で仕事を済ませ、日本に帰国してきました。


Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.