第12回ユネスコ国際生命倫理委員会での講演が紹介されました。

第12回ユネスコ国際生命倫理委員会で行なった講演が、JMS JAPAN MEDICAL SOCIETY 3月号に紹介されました。

 「生命倫理の今日的問題と生命倫理の国際性―生命倫理のアジア的パラダイム」

出典: JMS JAPAN MEDICAL SOCIETY 3月号

インドから、ところ違えば、、、

ニューデリーで開催されたアジア学術会議(毎年開催していて、今回が第6回です)に参加して、帰国してきました。幸いなことにあまり暑くなかったのですが、会議場のエアコンが効きすぎていて、弱くするように何回もお願いするほどでした。「インドに行って凍えそうだったよ」などとは報告したくないからね、といってお願いしたのですが、これでエネルギー問題を議論しているのでは話になりません。

しかし、国が違えばとんでもなく違うということも実感しました。例えば、レセプションですが、主催者の挨拶もなく、なんとなく始まってなんとなく終わっていくのです。インドでは大体そんなものだと言われました。ゆったりとしているといえば、聞こえはいいですけどね。

今回の会議では、特に女性の「ジェンダー問題」の委員会が元気でした(ここ3年は、毎回元気になっています)。報告書もすばらしものでした。日本からのメンバー2人(石倉洋子さんと深川由紀子さん)も物怖じしないし、英語は達者だし、論客だし、感心しました。このような方たちにお会いすると、元気をもらいます。

22日には学術会議メンバーの何人かがアゴラ、そしてタージマハールを1日で観光し、その後帰国してきます。私はといえば、23日からエジプトのアレキサンドリアに行かなければなりません。この世界で最古の図書館(約2,300年前)、「世界初のアカデミー」で、理事会と、BioVisionという国際会議が開催されるためです。

アメリカアカデミーの建物(国務省の目の前にあります)のドームの天井に、アレキサンドリア図書館、英国のRoyal Society、そしてイタリアのLinceiアカデミー(ヨーロッパ最初の科学アカデミー、1606年設立)の紋章が掲げられています。伝統でしょうか、歴史を知る国家の品格ですね。

国際持続可能性会議

4月2日のブログでも少し触れましたが、今年3月に国際持続可能性会議が東京大学が中心となって、バンコクで開催されました。小宮山総長も出席し、当地での同窓会も企画されていました。

会議では開幕の基調講演をさせていただいたのですが、その時行なった講演のレポートがありましたので紹介します。

元気を出してもらうのが私たち教育に関わる者の責務と考えています。そういったメッセージを伝えられたと思います。 レポートを書いてくれた黒田さん、ありがとうございました。