新生日本学術会議

第20期日本学術会議が10月からスタートしました。日本学術会議法の一部を改正する法律が認められた後の「新生学術会議」として、第19期に引き続き私が会長に選出されました。

今回は従来の会員の8割が交代し、今まで7部制だったものを3部制としました。特に目を引くのは、全くいなかった40歳代以下の会員を14名選出し、女性会員の割合を6%から20%へと増やし、会員の若返りを行ったことです。若い世代から現場の声を吸い上げて、科学技術、その他の政策等について提言を行うことが目的です。また、日本の科学者コミュニティーとしての社会に対する責務を真剣に議論し、日本の科学者コミュニティーの代表機関として、海外アカデミーとの連携について新生日本学術会議が今後どのように活動していくか、国内のみならず、海外でも注目されています。

私自身は1年弱の任期ですが、下記3名の副会長と共に、これまでの活動を踏まえ、将来への躍動する、自律した社会的責任を果たす科学者コミュニティーの核としての機能体となる会議体を構築していきたいと考えています。

日本学術会議 副会長
 浅島 誠    (東京大学大学院総合文化研究科教授)
 大垣 眞一郎 (東京大学大学院工学系研究科教授)
 石倉 洋子   (一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)

関連記事が朝日新聞10月11日(火)夕刊他に出ています。是非ご覧下さい。

読書漫遊「日本の外交政策が欠く俯瞰的な視座」

読書漫遊 「日本の外交政策が欠く俯瞰的な視座」

 「通貨燃ゆ」 (谷口智彦著、日本経済新聞社)
 「日本の禍機」 (朝河貫一、講談社学術文庫)
 「アメリカ外交」 (村田晃嗣、講談社現代新書)
 「岩倉使節団という冒険」 (泉三郎著、文春新書)

出典: WEDGE(2005年9月号)

日本の科学技術政策の要諦

9月7日に東大先端研教授会の中で行っている15分間のセミナーで、講演をしました。

これは先端研に所属する研究者間の情報公開と意見交換がその目的となっており、私はこの4月に日本学術会議から発表された「日本の科学技術政策の要諦」について講演を致しました。その模様を動画で見ることができますので、ご紹介します。

 先端研 教授会セミナー 「日本の科学技術政策の要諦」